保険に加入している世帯はかなり多い。 

July 13 [Fri], 2012, 6:02
もしものときに備えて入っておくのが生命保険ですから、実際にわが国の全世帯でみると、ほぼ9割近くの世代で何らかの保険に入っているという調査結果があるんだそうですね。この数字は他の国と比べてもかなり高いんだそうです。
ところで実際は、自己が加入した生命保険がどんな保障内容かを理解できているという人は残念ながらほんの一握りではないでしょうか。保険に加入するときにセールの言うがまま、または友達から勧められて断りきれなくなって生命保険に加入した人も多いはずですね。
複雑な生命保険の仕組みが難しいので、自分で調べてみるのがちょっとつらいという方も非常に多いとのことです。

生命保険インフォ 

April 04 [Wed], 2012, 7:42
生命保険に加入する時、あなただったら何を重要視しますか?最近は生命保険の種類が豊富ですよね。保障内容や掛け金も手頃なものから保障が充実しているものまで、いろいろあります。どの生命保険にしたら良いのでしょうか? まずは、あなたや家族のライフプランを頭の中に描いてみると良いでしょう。これが生命保険を選ぶポイントになります。 ライフプランとは何でしょう?それは、あなたの人生の夢や目標に沿って描いていく将来の青写真のことです。つまり、人生設計です。


なぜなら、あなたが今守っている生活や将来の夢、また、家族の将来は、あなたやあなたの家族が健康で働いているからこそ、実現可能なものだからです。 不幸にも、あなたや一家の大黒柱に万が一のことがあったら・・・あなたの生活は一変するでしょう。 あなたの夢も今の生活も壊してしまうのが予期しない事故や病気です。それを考えると、安心して毎日を過ごせないと思いませんか?

そのような危機感をなくしてくれるのが「生命保険」なのです。 突然の不幸は誰にでも起こりうるものです。生命保険は、あなたの家族の生活を立て直す必需品なのではないでしょうか? ライフプランをしっかりと立てて、あなたのライフプランに見合った生命保険を選ぶことができると良いですね。
全 という 必要 人 家族 保険 選ん 今 自分 万が一 事 多い 断り 人 病気 再度 多い 生命 について 見直し

保険インフォ 

January 11 [Wed], 2012, 7:30
おそらく、保険というと、「生命保険」をイメージされる方が大半だと思います。テレビのコマーシャルなどでもよくみます。 「生命保険」の一般的な説明をするならば、大枠の意味では人に対しての保険です。詳細な意味では病気や事故、災害などによる経済的損失(負担)つまり、入院費などに備えるための保険制度です。 生命保険には、主に「終身保険」「定期保険」「養老保険」の3つの種類があり、今の時代ではだいたい終身保険が主流になっています。 保険の払い込みが終了した時、つまり満期時に受け取る金額が払い込んだ金額と同じだけもらえることができるところにあります。 「養老保険」の良いところは「満期金」をもらえるところだと思います。しかしながら、その分、月々に負担しなければならない保険料としては最も高いです。 「保険料」に関しては一番、高いのは「養老保険」です。二番目に高いのは「終身保険」です。逆に一番安いのは「定期保険」です。 万が一に備えることの重要性は皆さんもお気づきでしょう。しかしながら、普通の貯蓄では不十分ですが「生命保険」は違います。 契約した時点から、生命保険は契約した金額を受け取ることができます。なんと、払い込んだ保険料は関係ありません。 生命保険は、プランをいろいろと選ぶことができます。いろいろ比較することが大切です。保険料、払い込み期間、満期時の受取金額など事前に調べて自分にマッチしたものを選び安心を得ることが大切です。
分かっ 生命 入る 保険 生命 生命 検討 とても 理解 無意味 約束 理解 なんと 合わ 本当に 見直し 契約 身

生命保険情報 

November 22 [Tue], 2011, 7:41
仮に事故や病気などで人が亡くなった場合、これに対して一定金額を支払うことを約束する保険が生命保険です。 具体的に言えば、生命保険に入っていれば、愛する家族が亡くなったときに、残された家族が生活に困らないだけのお金が保険金として支払われるのです。 もしものときに備えて入っておくのが生命保険ですから、実際にわが国の全世帯でみるとほぼ9割くらいが何がしかの保険に入っているという調査結果があります。 ところで、困った事に、自分が加入した生命保険がどんな保障内容なのかをきちんと理解している人はほんの一握りです。 セールスマンのする話をそのまま鵜呑みにし、友達から勧められて断れなくなり、しかたなく生命保険に入った人も多いです。 生命保険の複雑な仕組みに戸惑ってしまい、自分で調べてみる気さえも起きないという方もかなり多いです。 しかしながら、合わない保険を選んでしまって、毎月高い保険料を長年ずっと払い続けるというのは本当に無意味でばかげたことです。 そうならないように、生命保険に加入するのか検討中の人は、きちんと知識を身につけておくことが絶対に必要です。 もう生命保険に入っている人は、その保険証券をすぐ近くにおいて、契約内容をしっかりと再度見直してみるべきなのです。
メリット ご存じ という ご存じ 加入 十 しかしながら により 多い 違い テレビ 保険 利用 に対する 知っ

保険を 

October 14 [Fri], 2011, 8:09
「生命保険」には数え切れないほどの種類があります。そして、私たちが、必要な「生命保険」は、人生のあらゆる局面において変わってくるものなのです。 たとえば、ライフサイクルの変化といえば、結婚や出産、転職などがあげられます。このような時には、必要な保険も変わってきます。 多くの方は、特に考えもせずに入っている保険ですが、しっかりと自分のライフスタイルに合わせて保険を変えていくべきです。 これは、保険を考え直す必要が出てきたケースにも、同じ手段をとればよいのです。だからこそ、しっかり、抑えておきましょう。 将来、生活スタイルが変化した場合に、見直すことも考えておき、その上で現在加入している保険を継続するようにしましょう。 なぜなら、入りなおすと契約年齢が高くなる結果、保険料が高くなります。不利な契約になる場合もあるので気を付けましょう。 また、「生命保険」は継続する方がメリットがでるケースが多々あるようです。ですので、解約は最終手段と考えるべきでしょう。 保険の選び方は、まず、どのような目的で生命保険に入るのかをまず決めることが、最優先なのです。 そして、それから、自分の生活スタイルの変化などを考えていく必要があります。そこで、自分にあった生命保険を選ぶことが大切です。
加入 保険 自分 自動車 分 自賠責 保険 ご存じ 自動車 本当に 最低限 保険 保険 これら 保険 必要 保険

生命保険ってどうかな 

September 11 [Sun], 2011, 8:26
あなたは「生命保険」の掛金を毎月もしくは毎年、ただなんとなく支払っていませんか?自分の加入している「生命保険」にはどんな種類のものがありどんな内容なのか把握しているでしょうか? 生命保険には、主に「終身保険」「定期保険」「養老保険」の3つの種類があります。ひとつめに「終身保険」ですが、これは保険期間が一生涯続く保険です。そして「定期保険」とは、保険期間が決まっている保険。「養老保険」は、保険期間が決まっていて、満期時に生存していた場合は満期保険金が保険金と同じ金額で受け取れる保険のことを言います。 「生命保険」は、万一の時に契約した時点から払い込んだ保険料に関わらず、契約した金額を受け取ることができます。ですのであなたがもしもの時に備える一番身近な貯蓄でもあるのです。 「生命保険」には種類もたくさんありますが、設計プランがいくつも用意されています。いくつか見比べてみて、保険料、払い込み期間、満期時の受け取り金額等、自分にぴったり合った保険を契約し、貯蓄と同時に一生涯の安心も手に入れましょう。
られる 保護 保障 会社 られる 保険 によって 種類 料金 必要 保険 充分 として 料 種類 起こる 保険 会社

保険ってどんな 

August 12 [Fri], 2011, 7:43
いろんな保険がある中で認知度が高いものはというと「生命保険」と、「自動車保険」だと思います。この二種類以外にも多くの保険があります。 知っている人が多い理由としては、これらはテレビのコマーシャルでも良く宣伝されているからだとおもいます。 数え切れないほどたくさんの保険が世の中には存在しています。その中であなたは、いったい、いくつの保険に入っていますか? 自賠責保険は、被害者保護のためだけの「対人保険」であることをご存じでしょうか?つまり、保険金の支払いがあるのは「他人」に対する損害だけなのです。 しかしながら、ご理解いただきたいのは、これらの補償が絶対ではなく、必要最低限のものであり、完全なものではないということです。 万日に備えることが必要です。しっかりとした補償を付けることを検討するならば任意保険に加入することが必要不可欠になってきます。 自動車保険(任意保険)加入の必要性があります。理由としては自分のけがなどの損害には、一切適用されないからです。 自賠責保険と、任意自動車保険では保険料の意味合いが変わってきます。つまり、前者は、車種ごとで保険料が一定で、後者は、保険会社や保障内容などの条件によって変わるということです。 自動車保険の任意保険は、勧められるままに加入するのではなく、自分にあったものかきちんと調べて、かしこく保険を選び利用することが大事です。
理解 保険 必要 十分 負担 交通 障害 強制 保険 保険 泣き寝入り 保険 という 任意 賢く 知ら 他人 保険
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hoshouws
読者になる
2012年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Yapme!一覧
読者になる