中華航空機炎上 機内では一体何が…? 乗務員は避難誘導せず【画像】 

August 21 [Tue], 2007, 14:21

 観光にビジネスに、沖縄を訪れた160余の人たちが一度に命を落としかねない惨事となった20日の中華航空機爆発・炎上事故。機内で一人が「何かがおかしい」と感じてからわずか数分。「間一髪」に何があったのか。





 ■「タイヤの煙」と取り合わず

 出発から約1時間たった午前10時27分。乗客乗員計165人が乗った中華航空120便は、ごくふつうに那覇空港に着陸、駐機場に向かい始めていた。 那覇市で食堂を営む知人を手伝うために、前から7列目の右側に座っていた台湾の崔鄭如(サイ・テイニョ)さん(65)が、右主翼下のエンジンから黒い煙が立ち上るのを見たのは、その時だった。すぐに客室乗務員に知らせたが、「大丈夫」とあしらわれた。 窓の外を見ると、右翼エンジンの周辺に上がる煙が目に入った。しかし、何事もないかのように機体は駐機場で静止し、シートベルト着用サインも消えた。



燃えきってしまった機体画像
燃えきってしまった機体画像2

 ■あっという間に両翼とも炎

 突然、女性の悲鳴が機内を貫いた。

 「煙が出ている!」

 那覇市の実家に帰省するため妻(26)と一緒にやや前方にいた渡部修帆(しゅほ)さん(28)が意味を理解した直後には、右翼エンジンからの煙はもう炎に変わっていた。左側の窓の向こうにも火柱が見えた。あっという間に両翼とも炎に包まれていた。

 「早く降りろ。降りないと危ない!」

 それでも乗務員は「大丈夫です、大丈夫です」と繰り返していた。機長からは席を立たないようアナウンスがあった。 「落ち着いて」「大丈夫」――。だが、「炎」が一変させた。



 ■事故機振り返らずひたすら走った


走って逃げる乗客【画像】


 「早く進め!」「早く開けろ!」。

怒声ばかりになった。沖縄県糸満市の小学教諭、篠原恵子さん(53)も後ろからぐいぐい押され始めた。沖縄県豊見城市の中山賢さん(50)は「閉じ込められた」とさえ感じた。

 ようやく前方のドアが開いた。乗客はそれぞれの居場所から近い脱出用のシュートを目がけて駆けだした。

 中山さんも滑り落ちた。ターミナルビルに向かって歩き出すと、後ろから爆発音が3回聞こえた。「怖い、怖い」という叫び声も。美容室経営松田裕子さん(34)は、一度も振り返らずにひたすら走った。

軽症の2人だけが病院に搬送された。



「すべて燃えてしまった」

 エンジンの煙をいち早く乗務員に知らせた崔さんは、途方に暮れていた。




【動画】逃げ惑う乗客機内画像【動画】


中華航空機機内にいた乗客が撮った貴重なムービーが含まれるニュース映像がこちら。






ぐにゃりと溶けて折れ曲がった機体。その惨状から、事故がどれだけ酷いものだったかが分かる。





●映像●



ニュース速報動画を見る


今話題の芸能ニュースはコチラ

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:horumon822
読者になる
2007年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる