Mちゃん 

November 22 [Thu], 2007, 16:32
今日は人気者S先生のレッスン。
Mちゃんという小柄ながら最近暴れ馬として有名な
青毛の女の子に乗りました。

なんでもABたんを蹴っ飛ばして額に穴をあけたそうです。(ひえー)
そういえば以前おでこが縫われてました。
もう治ってますけど。
でもその時ABちゃんは平気な顔していたそうです。
いつもはちょっと何かがあると大騒ぎで走り回るのに!!!(笑)
にぶいんだかなんだかわかりません。

おかげでMちゃんの時は部班では最後尾と決まっている模様。
最初馬が近づいたり先生が寄ったり腹帯を締めるたびに
耳をしぼって歯を食いしばってぐぎぎぎぎとなってたので
どうしようかと思ったのですが、動き出すと意外と重い。

カノンと違ってハミは軽いのですが
なかなか元気よく歩かせるのは難しくて、悩みながら乗ってしまいました。

今日のS先生は常に動きを止めないということを中心にやりましたが
Mちゃんの良い動きというのがどのぐらいのものなのか
探り探りだったのであんまりうまくいかなかった気がします。

大人数の部班の中では
興奮状態にならせずに推進姿勢をとらせる
というのが課題ですね。
もちろん馬を良く知らないと無理なので
やはり少人数レッスンで馬の性質を知りたいなーと思いました。。

Ue先生とシルバーと 

November 21 [Wed], 2007, 17:15
今日はカドリールチームの方とお会いする為に
レッスンを入れてみました。

先週チームの馬が大暴走して怖い思いをしたそうです。
チームともなると9頭にもなるそうで、(!)
その中でやっていくのはなかなか大変だろうなーと思いつつも
まー走られることはどの馬でもあることなので(と自分にも言い聞かせつつ(笑))
どうせなら広い馬場をのびのびと楽しんでほしいものです。

先生が真面目なのと皆さんマダムでいらっしゃるのでマイペース。
大変そうだなーと思います。

で、私のレッスンは
またシルバーでした。

昔ほどは重くなくなってるんですが、
やっぱり「先生の言うこと」を聞いてる感が否めないシルバー。
私がもっと存在感を出さないといけないんですが…。
特に正反動になるとついていけてないですね。

きっとシルバーなんか反動はそんなに大きくないはずですが
今までがいままでな(反動のほとんどない子にばかり乗ってた)ので
反動に乗っていくっていうのが私はどうも苦手です。
後でI先生に聞いたらやはり腰痛もちには反動の大きい子は負担が大きく
ある程度苦手なのはしょうがないそうですが…。

Ue先生は私の爪先が外に向く癖を直そうとシルバーに宛ててくれてるそうで
(スマートな馬の方がいいということで)
結果を出さないとなぁ。

駈歩は御一緒のPちゃんが不調でなかなか続けてできませんでしたが
とにかく下に下りる。真ん中に座る。というのを意識して、
馬にあわせて動かないこと。
そして爪先を…(略)(何度言わせるのかってことですね)

最初ガッタンガッタンと馬がなっても我慢して座る。
そうすることで馬の動きが柔かくなると言われましたが
本当にそうでした。
でもそうすると速歩に落ちがちなので気をつけて脚を足さなければいけません。
が、ちゃんと降りられれば脚への反応が良くなってます。

他にも色々やりましたが
Ue先生はなかなか厳しいというか
仰るレベルが高いので難しいですが
勉強になります。
まー見放されない程度にがんばろうということで(笑)

S先生に誉められた! 

November 20 [Tue], 2007, 17:37
いつの間にか6頭の大所帯になっていたS先生のレッスンです。
人気だもんなー。

馬はシフォン。
首振りとの戦いです。

先輩ライダーの人から「ビシって怒らないと駄目よ」といわれてたので
一度鞭でびしっとやったところ
その後ちょっと大人しくなったのですが
なぜか急に狂ったように頭を振り出しました

先生に助けを求めようと思いつつも6頭だてでそんな余裕も無く
こらやばいと無い知恵をふりしぼって
ココ最近言われてる頭の位置を高くというのを気をつけてみると
なんと上手くいきました。
やっぱ私の所為か…。

レッスン中横足などをやってたんですが
視線を遠くに置いてバランスに気をつけると
上手くいきました。

先生にもその後珍しく誉めてもらっちゃったりして。
首振りシフォンに教えられた一日でした。

親指を意識すること 

November 15 [Thu], 2007, 22:26
今日はやはり混んでいて5頭立ての部班レッスン
Eji先生もお疲れの模様。
シルバーでリベンジです。

手綱を持ち直す癖をなるべく早くやめるように言われました。
確かに口の中がちゃがちゃやられたらいやですよね。

しかし知らず知らずのうちにのびてしまう手綱。
そうならないように親指を意識して手綱を持つように言われました。
そうすることで腕の上のラインが緊張して
はみから肘まで一本の線でつながって感じられるようになると。

薬指と小指はやわらかく曲げておき、扶助を行う時に握る。

今日のシルバーはうまいこと歩度の伸縮が出来てよかったです。

が、やはり駈歩が不安定。
お尻の動きと同じように鐙も踏めるといいとのこと。
駈歩で特に爪先が外に向く癖が出やすいので
それに気をとられているとうまくリズムがとれなかったり。
馬によって全くリズムが違うのでまだまだ難しいのです。
まぁそれでも駈け続けてくれるシルバーはありがたいです。(いや、本当は駄目なんだけど(笑))

とにかく自分の傾向として
・馬の動きに遅れがち
・なんとかついていこうとして頭が前に落ちがち

というのを覚えておこうと。


しかし…
やはり部班は3頭ぐらいまでだな…。

リベンジ?Ue先生と赤城さん 

November 14 [Wed], 2007, 20:00
有言実行というのは私の性格的に難しいのですが(気まぐれ・天邪鬼・怠け者)
乗馬に関しては予約してしまえば行かないわけにいかないという。
素晴しいシステムですね。(?)

とりあえず一番空いてるところをということで
昨日と同じ時間にUe先生と3頭の部班レッスンになりました。

馬はぴちぴちボーイ赤城さん。
ハミマニアのNJ先生担当の馬で
まだあまり扶助に敏感じゃないので重いです。
見た目ABちゃんとそっくりで足は遅いくせに
反動は意外と大きい方なので
私が最も不得意とするタイプ。

とりあえず今日の目標は無事に終了することなので(低)
最初に爪先が外側を向いていると注意されたので
それに気をつけて乗りました。
あとはきちんと鐙を踏むように言われました。
私は爪先が浮き気味なのだそうです。

昨夜オット君とビリーをちょろっとやって
全身筋肉痛だったので
家で念入りにストレッチしてのぞみました。

とにかく私が馬の動きについていけてないせいで
重心がぐらぐらして馬もうまく走れないという
あまりにも根本的な問題が…。
ま、しょうがないんですけど。頑張るしかないんですけど。

山形乗りなどをやりましたが
バランスがうまくとれず
体がねじれてしまってうまくいきません。

赤城さんは駈歩が苦手なのか
くるっと内側に入って停まる癖があるみたいです。
内側に入れば休めると知ってるんでしょう。
しかし勝手にこれをやられると怖いです。
特に昨日落ちた人には(笑)

先頭のPちゃんの不調もあって駈歩を2班に分けてやってくれたので
思う存分駈歩も出来たし怖さも感じずに済んだということで
今日はまぁいいことにしようっと。

赤城さんはシフォンちゃんと同様ハミを嫌がって頭をふりまくりで
非常に疲れました。
特に駈歩出す前の常歩が酷い。

で、どうしたらいいかと聞いたところ
無理に譲らずに拳を一箇所においておくことが大事だそうです。
嫌がるので馬の頭の動きに合わせて譲っていたら
逆にそれがいやだった模様。
むー難しいですねぇ。

他のクラブに出稽古に行った人がこないだ
うちの乗馬クラブでは「ハミ受け」が出来てない人馬が多いらしいと言ってましたが
かく言う私もあやふやなままやってます。(要は出来てない)
良くないなぁ。

まぁ他にも問題山積でそこまでいかないというのが
正直なところです。

先生には爪先を外に向けないようにするだけで
大分良くなったと言ってくれました。

ガソリン高騰の折ですが
性懲りもなく明日も行くことにしました。
金曜は予定が入ってるので行っといたほうがいいかなーと。
急にやる気になりすぎ?

帰りに腰痛予防に接骨院に行って来ましたが
今は特に悪いところはないみたいで
先生が首をかしげてました。

うーんでも痛くなってからじゃ
とてもじゃないけど運転して1人で行くとか無理なんだよなぁ。
メンテナンスは難しいです。
ストレッチあるのみなんでしょうか?

ええいくそぅまた落ちた!!!orz 

November 13 [Tue], 2007, 19:52
超盛況校内大会の煽りを食って(平日なのに大混雑)
先週お休みしてしまったせいか
折角安定しつつあった座りが全くできなくなってたorz

馬は葦毛のアイツことシルバー。
久々に重たい奴に乗ったので非常に疲れました。
しかも座れてないというので焦ってしまい
どうだったっけ?の「?」がずっと頭に残ったまま。
NO先生の怒涛の正反動片足鐙上げ攻撃で
もうくたくたでした。

と、前を行く私がいつもやられてるカノンちゃん。
おば様が非力なのか前を持ってくれないらしく
駈歩維持が出来ません。
イライラして耳絞りっぱなし。

やべーなーと思いつつもそれどころじゃなく
シルバー君ガンバレガンバレと駈歩をしていたところ
カノンの何度目かの後ろ蹴りが埒代わりのパイロンと
それにかかってた棒に当たって飛んでしまいました。

漏れなく横っ飛びシルバー君。
あれよあれよという間に落ちる私。
頑張ったんだけどね。
既に疲れちゃってて正直何がどうなって
どうなったのかわかりませんでした。

先生によると頭が下向いてたそうです。
それは落ちてあたりまえ。
ていうかまたソレ…。
前回から進歩どころかまた同じ間違いを繰り返してるということか。

(TT_TT)

凹んだのを見抜かれスパルタNO先生に
即座に乗らされる私。
あああああ頭ちかちかしてるんですが。。

シルバーはその後はおりこうでした。
肢巻き片付けてる時にヘルメットに鼻突っ込んで
おやつをねだる以外…。(ヘルメット中敷洗濯)

明日も頑張ることにしました。
まず腹筋と体力だなー。
やっぱビリーやんないとだめか…。

シフォンと手綱の長さ 

November 01 [Thu], 2007, 18:40
いやーなかなか通常営業復帰にはまだまだかかりそうです。

今日は珍しくシフォンちゃん。

シフォンちゃんはいやいやをします。
首を大きく振るくせがあるみたいで
だんだんハミが当たって嫌になるみたいです。
そして頭を前後にガンガン振り出す。
特に常歩の時が顕著なようです。

ポイントはここで間違ってもゆずってはいけません。
なるべく短く持った上で自分の拳を差し出して
馬の頭の動きに対応できる
柔かい肘をつくること。
そして脚を使うこと。

なかなかうまくいかず、
速歩になってしまったのですが
その時も引っ張るのではなく
リズムを数えて体を起こすこと。

私は輪乗りとかまき乗りの時
地上の目印を見てしまう癖があり
このときもダイヤモンド乗りの真っ最中でした。
どうしてもパイロンを凝視してしまう私。。。orz

目線をふっと上げたとたんに止まったので
本当に目線というのは大切だなぁと
当たり前のことにあたりまえに感心してしまいました。

今日は主に
歩度の伸縮をやりました。
歩度を伸ばす時は
馬に合わせて前に坐骨を動かすこと。

歩度を詰めの場合は
乗ってる人が上下に伸びることで
空気抵抗を大きくする気持ちで。

二課目の経路にある
「常歩で斜めに手前を変えの斜線上で手綱と歩度を伸ばす」
というのもやりましたが
手綱の持ち方がやはりポイント。
常に動いていく、動きがつながっていく
という意識が大切。
馬が気付かないうちに手綱をとっていったように
見せられるといいそうです。

レッスン後ベテランの方に聞いたところ、
常歩の時は坐骨が前後に
速歩の時は左右に揺れるそうです。
駈歩は対角線上に。

そのために家などで
立ったままかかとを開く運動をするといいらしいとのこと。
難しいですが地道に頑張ると
足を上手く引くことが出来るようになるそうです。

カノン 

October 26 [Fri], 2007, 15:39
今日はラッキーなことにU先生とマンツー。
前回のNO先生の涙目駈歩特訓のおかげで駈歩恐怖症が治ったみたいです。

準備運動
・カノンは常歩から元気よく歩かせないと頭が下がってしまうので気をつけること
・上半身を安定させつつ坐骨を馬に合わせて動かせること
・速歩でのリズムを早めに作ってやること

今日やったこと
常歩での隅角通過
・体を止めてしまわないでリズム良く
・外側の壁(肘)をつくりつつ内方脚を使い推進
・外方脚を引き内方姿勢を作る
・手綱(二の腕)ではなく肘。お盆を重く
・手綱ではなく首の後ろで抑える

速歩での隅角通過
・リズムを作る
・それを変えないように内方姿勢を作る。
・後は常歩と同様に
・馬より遅れていく感じで

20mの輪乗り(常歩・速歩)
・隅角がずっと続いているイメージ
・内方姿勢をつくる
・外方脚を引き腰角が逃げないように使う

駈歩発進
・わかりやすく脚を使う
・発進時体が前に倒れ胸の前が狭くなりがちなので
もっと堂々と乗ること。
・内側の胸を内側に持ち上げる気持ちで
・外方脚を引き常に使う

・カノンの場合はかなりしっかり手綱をもっていないと駈歩ができない。
・手首を折らず、重いお盆を持っているイメージで。

応用
・半減脚を使う時お尻の後ろに馬の後ろ足をしまうイメージで

祝(?) 初落馬…orz 

August 01 [Wed], 2007, 22:34
今日はNJ先生のレッスン4頭立てでした。
馬は毎度おなじみカノンちゃん。
今日はH型のハミをつけてました。
いつもの折り返しみたいな器具もついてます。

最初は調子よく。
その後2頭ずつ駈歩。
最初は休憩してたんですが
2頭目の人がうまくいかず鐙を調整している間
私が走らされることに。

今日のカノンは今までのカノンと違う…と言われる。
前みたいに脚のコンタクトが失われるとまた失速するように調教された模様。

先生に言われたとおり爪先内、爪先内とやってるのに
なぜかふくらはぎが馬体から離れていく。

…なぜって脚が前に流れているから。(やっと気付く)
膝を下げおなかに力を入れて爪先に力を入れる。
と、うまく乗れるように。

外側の坐骨で乗るようにして
外側を向く感じでのるとうまくいきました。
その後3頭で又駈歩。
褒められました。
だけどなかなか常歩に落ちない。
ぐーっと引っ張っちゃいました。

その後休んでた1頭と先頭のシルバーがまた先導馬として駈歩。
左右手前両方やって、さらに4頭で駈歩。

これだけでシルバーぷっつんきました。
右手前に続き左手前をはじめたとたんに大暴走。
2頭目のカノンも漏れなくというかシルバー追い越す勢いで暴走。
凄い速さでした。ぶっちゃけ怖かった。
さすがG1馬の子供。足速いんですよね(TT_TT)

で、お仕置き調教開始。
他の2頭は終了でシルバーとカノンだけ駈歩発進。

2回目まではうまくいったんですが
シルバーとの間が詰まりすぎてるなーと思ったら
3回目が来た。

詰め気味で乗ってたせいか
私のずさんな脚の使い方のせいか
カノンさんうんざりしたのかまたダッシュしました。
ダッシュまではついていけたんですが
私も疲れてたのかターンまではついていけませんでした(TT_TT)
プラスチックの埒はねとばして横に落ちました。
お尻と右腕に打撲傷ぽいです。
最後まで手綱を持ってたのがよかったかも。

ああー次はいつ乗れるんでしょうねー。
直るまで駄目かなー。

何が恥ずかしいって、クラブハウス戻ってくると
先生も受付の方もみんな知ってるってことかしら。
湿布くれました。ありがたや~。
今まで足から降りたことはあっても
ドカンと落ちたのは初めて。
まー今回が記念すべき初めての落馬でした。

トラウマになっちゃうんでしょうかねー。

落ちました 

August 01 [Wed], 2007, 19:15
カノンに走られて急カーブ着いていけずに初落馬しました。
打ち身で済んだと思うけど、今整骨院で診察待ってます。
いや整形に行くべきだけどこの時間じゃもう開いてないし(笑)
1回目はこらえきれたのになぁ…。
カノンちゃんは強いハミに変えられてたみたいで強い手綱がちょっと嫌だったみたいです。
復帰早々ついてないネ。

最新コメント
アイコン画像なぐ
» Mちゃん (2007年11月26日)
アイコン画像
» VIVAバーゲン♪ (2007年11月26日)
アイコン画像ayu
» ええいくそぅまた落ちた!!!orz (2007年11月14日)
アイコン画像なぐ
» ええいくそぅまた落ちた!!!orz (2007年11月14日)
アイコン画像りこ
» 落ちました (2007年08月15日)
アイコン画像なぐ
» 祝(?) 初落馬…orz (2007年08月13日)
アイコン画像ayu
» N先生の目からうろこレッスン (2007年05月25日)
アイコン画像なぐ
» N先生の目からうろこレッスン (2007年05月22日)
アイコン画像ayu
» 2課目めざして…? (2007年05月18日)
アイコン画像なぐ
» 2課目めざして…? (2007年05月10日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:horserider
読者になる
Yapme!一覧
読者になる