松谷の高

August 17 [Wed], 2016, 5:36
一般に高給取りだとされている介護士ですが、その給料は職場の規模の大小、公立か個人介護施設かなどによって、全く異なってくるようです。


介護士が退職時にもらえる手当、つまり退職金ですが、国立や公立の介護機関の場合は、勤続年数や、どのような立場で仕事をしてきたかなどにより金額が決められていて、そうした規定に沿って支払われます。
個人介護施設はどうなっているかというと、介護施設によっては退職金の取り決めさえない場合がありますので、結局は院長先生の考え次第となるようです。つまり、規定に沿う額の退職金がきちんと支払われるのは公立介護施設で、あとは介護施設によるようです。


休みを自由にとれて、やりたい仕事を多くの中から選べるのが派遣という形で働く介護士にとっての、大きな利点ではないでしょうか。

仕事は、単発のものや短期のもの、もちろん長期の募集もあり、こちらに都合の良い派遣先を、ある程度選べる訳ですから、介護士として働きたいけどなかなか条件に合うものがない、という人には派遣で働いてみることも一応考えてみながら仕事を探すと、選択肢がとても増えます。
少子高齢化が進んで、高齢者の数ばかり増えており、介護施設利用者も増加して、介護士もますます大変になっています。

労働環境は、決して整っているとは言えず、長時間の残業と夜勤を続けたため、過労死という痛ましい結果になった介護士もいます。



夜勤はきついということで日勤だけの仕事にかえても、自宅で療養中の患者を診る、訪問介護の仕事が待っており、そうした仕事においても、高齢者の数が増え続けているため、介護士需要は高まるばかりで、高齢化社会のつけを介護士が一身に引き受けるような形にもなっています。



介護士をするきっかけとして重要な理由の一つに一般的に給料が高いという点が挙げられます。卒後間もない介護士の場合も、同じくらいの年の、企業に就職した人たちと比べて、収入が高めだといえるはずです。
しかしながら、そのように高給をいただくということはそれだけよく勉強して少しずつでも患者さんに対して還元していく使命があります。きついながら、やりがいも大きいのが介護士というお仕事です。


どんな時にやりがいを感じるかというと、例えば、元気になって退院していった患者さんが、わざわざ改めて、介護施設まで足を運び、挨拶をしにきてくれた時でしょうか。


それに、やはり患者さんの家族の方から感謝の気持ちを伝えてもらった時なども、大変に感動したりします。

世間で言われているように、介護士の仕事はかなり辛いものです。


ですから、仕事からやりがいを得られない場合は、介護士を辞めることを思って、悩むでしょう。



介護士は、他業種と比べても給金は良い方ですが、それでも、さらに良い収入を得るためにWワークをしている人は割と多いです。

Wワークに向いた仕事も様々で、人間ドッグや健康診断のサポート、団体旅行に同行するツアーナースなどその日その時の単発ものから、短期の仕事も多くありますので、Wワークをしようと思えばできるのです。ですが、本業で勤めている介護施設でWワークを禁じていることがあったり、その前に本業での介護士の仕事自体が、相当ハードなものとあって、無理をしてまで副業を行うのは、感心できません。
交代制で夜勤もこなさないといけない介護士の仕事は、時間が不規則になります。



休日や時間休も取れますが、身体的に辛いということもあって、結婚、出産を理由に退職に至る人は大変多いようです。特に子供ができると安心して託児ができる施設などがなければまず、夜勤はできなくなってしまうでしょう。



ですが、近頃は子供に手がかからなくなったためもう一度介護士として働くことを希望する人もじりじりと増えていっているようです。介護士が働ける場所というのは介護施設に限りません。どういったところかというと、グループホームという介護施設です。


こういったところでも特に介護士は重宝されているのです。こういったグループホームに入所している方は、認知症のため生活に支障をきたしている方々なので、それを十分考慮してかかわりを持つということが必要になってきます。介護方面に興味のある介護士は職場としてグループホームを選ぶということも前向きに考えていいのではないでしょうか。以前はそれ程一般的ではなかった、介護士各々の能力評価ですが、最近ではこれを行っている介護施設は多いです。ちゃんと個人個人の能力について評価することを可能にするため、評価の基準になるものを、しっかりと一から作った介護施設もたくさんあります。この評価は、介護施設により月一のこともあれば、成長の度合が分かりやすいように、一年に一度、という所も多いようです。なんにせよ、定期的に評価が行われることによって、以前と比べて良くなった点、次回に上げたい評価項目などを決めて仕事に反映させることができますから、やる気や、スキルのある介護士にとっては、とても良いシステムでしょう。
知らない人が聞くと、暗号のような業界用語ですが、介護士の間で通じるそうした用語に「今からエッセンです」などという風に使う言葉があります。
何のことか見当がつきますか?これは、食事をとりに休憩してきます、ということを他の勤務中の介護士に伝えるための暗号として現場でよく使われています。
ちなみにエッセンとは何かといいますと、そのまま「食べる」という意味のドイツ語なのです。


一昔前、介護の世界ではドイツ語が多く使用されていましたから、そんな時代の名残ですが、とにかく今の時代の介護士も、よく使う業界用語です。

ほとんどの介護施設では、介護士長の主な仕事内容は、各病棟のとりまとめや、介護士たちを指導教育したり、上司にあたる看護部長をサポートするなどが主な仕事で、会社組織でいうと、課長職に相当するものです。

課長職につく人物の収入がそれぞれの企業によって差異があるのと同様に、介護施設の規模の大きさで介護士の年収もそれぞれ違いがあります。そのほかにも、公立介護施設と民間介護施設ではまた違いますし、介護施設がある地域が年収に影響していることもあります。ついでに言えば、最も高額と考えられるケースは公立介護施設に勤めた場合で、大体750万円くらいになると見られています。
海外で介護従事者として手助けしたいと考えている介護士の方も多いのではないでしょうか。
海外からも日本の介護を求める声が大きくなっていますから、困難を抱える人を救うことの出来る介護士という人材が要求されています。



海外で介護士になる場合、意思疎通をはかるためにも、医学的な英会話ができる事が最低条件になります。

もし、海外で介護士として活躍しようと思うのならば、英語をしっかりと学ぶべきでしょう。



一口に介護士と言っても、それぞれの科の診察内容次第で、介護士に求められる技術や処置の方法が変わってくるのです。介護士のローテーション研修は、配属部署以外を回るのですが、ひとつの部署だけでは分からなかった幅広い看護技術を得られると同時に、多くの意見を参考にしながら総合的な知識を学ぶこともできるでしょう。介護士としての今後を思い描くことに繋がりますし、新人介護士の意欲も上がります。働き方を色々と変えることも可能な介護士ですが、大半の介護士は介護施設で働いています。



けれど、介護士だからといって介護施設で働く必要はなく、介護施設の外でも、いくつも介護士の手を必要としている職場はあり、具体的には、大きな企業内にある医務室、保育園の保健室、あるいは介護施設や市の保健センターなどになります。こうした職場で介護士として腕を振るう人もじわじわ増えています。必ずしも介護施設でなくとも仕事をすることが可能であり、人生において重要なターニングポイントである結婚や出産といった際にその時々で最も条件に見合った所に転職していくことができます。


私が介護士になった理由は中学校の授業の一環で仕事を体験するという時間があったのですが、介護施設に訪問したのですが、その時そこで働いていた介護士さんに感銘を受けたのがきっかけとなりました。

将来的にはこういった職業で働いていきたいと思ったことをきっかけにそこから看護学校へ進み、介護士になることが出来ました。

大変なこともあるのですが、介護士になってよかったです。
総じて介護士の仕事と言えば過酷な仕事だと考えられ、労働基準法で定められている8時間程度の勤務でいいケースというのは夜勤勤務の必要のない、個人医院やクリニックのような場所以外では難しいと思われます。介護施設勤務で、二交代制だった場合、休憩を挟むとは言っても、トータルで16時間勤務になってしまうこともあります。
このように、長時間労働が必要であるという勤務形態も、世間的に、介護士として働くことが大変だと思われる一因だと思います。

介護士の資格のある人は法律では、どういった資格かというと、医師の診療を補助するものとされています。基本的には介護行為を行うということは認可されていませんが、医師の指導管理下だったら、処置可能なものもあるのです。

しかしながら、患者さんの容体が突然変わってしまったり、一刻一秒を争うような事態になった時には、場数を踏んでいる介護士であれば、介護行為も少しぐらいは認めるべきだと思っています。



普通、介護士の職場と言えば介護施設ですが、実際は多種多様なものがあり、総合介護施設から地域の診療所まで、規模が随分違います。

あるいは、介護施設や保育園などに常駐する介護士もいます。
会社員も会社によって給与が違うように、介護士も同様でしょう。総合介護施設で勤める介護士と町の診療所の診療所では収入に差が出てしまいます。ですので、平均的な介護士の年収がこれだけの額になる、と明確に言えるものでは無いのです。介護士は大変な仕事というイメージがすっかり定着していますが、だからといって介護士の寿命が他と比べて格段に短い、などということはありません。とはいえ、夜勤に出る必要もあって、生活が不規則になりがちで、うまく睡眠をとれずに寝不足になったり、疲れから具合を悪くしたり、強いストレスを感じることはよくあります。そんな仕事ですが、ずっと介護士をしていると、自然にそれなりの知識もついてきますから、他人の状態がどうか、ということのみならず、自分自身の身体や健康についても状態を自覚したりできるようになります。
少し前までは、疑う余地もなく、介護士をするのは女性という感じだったと思いますが、昨今は徐々に男性介護士も増加しています。日常の看護においては、患者の移動の介助をする時や入浴介助等、力仕事も少なからずあるので男性介護士の存在は有難がられることも多いです。

給料は女性と差はありませんが、産休や育休のため、やむを得ず職を離れなければならないということがないのでより多くの経験を積むことが出来ます。
一般的な介護施設に勤める介護士の多くは、業務上、患者やその家族と関わることが多いので、印象の良いヘアスタイルにも気を配っておきましょう。介護士として、自分が患者ならどう思うのかを考えつつ、清潔感を第一にすることが大切です。


介護施設の雰囲気や方針次第で、介護士の髪形に対するルールが違うことを覚えておいた方が良いと思います。

常に激務に晒されている印象のある介護士というお仕事ですが、その勤務時間は、世間一般よりも多少、やりくりしやすい部分があります。

シフトの具合によっては仕方がないとしても、時間休というものを取ることが簡単にできる傾向がありますので、園児や小学生などの母親をしながらであってもそれ程無茶をすることなく、働き続けることが可能、と考えられているようです。どうしても子育て中だと、いきなりの退勤などが多くなります。

しかし、なんとか対応していける主な理由は、介護士という仕事だからこそ可能、ということは言えそうです。
ついでに言うと、介護士も他業種と同じように8時間勤務です。
新卒、もしくは、既卒の方が介護士の働き口を探してみても上手くいかないという人は、ご自身の年齢に原因があるのかもしれません。


求人サイトなどには年齢についての制限を載せていない場合も、介護施設が裏で採用の年齢を設定しているケースがあるのです。



例えば、未経験で30代以上の方が初めて介護士として働くといった場合では相当な努力が必要になると思います。


大きなやり甲斐を得られ、また社会的にも有意義な介護士という仕事ですが、反面、この職業ならではの苦労もつきものとなっています。肉体的にも精神的にも大変な仕事であることはよく知られていますし、勤務時間の問題もあります。
24時間対応が求められる故の交代制で、不規則であることも多く、介護現場である以上、緊張の度合いも相当大きく、そこでスタッフ同士の見解の違いなどから、ぎくしゃくするようなこともあるでしょう。大変だと知りつつ、介護士という職業を目指そうとする人が大勢いるというのは、良くない点を打ち消せる程に意義のある仕事であり、充足感があるのでしょう。
みなさんご存知のように、介護士の休日については働いている職場で違うのです。

特に、3交代の勤務体系で行われていると、あらかじめシフトを組んで勤務しますから、休日や出勤日が変則的なことも一般的です。
むしろ、ご自身のスケジュールに合わせてシフトを組むことも可能ですので、そういう意味では働きやすいと言えますね。
介護士の働く職場では、人間関係が上手くいっている所は少ないなどと、言われることは多いですが、単純に介護士の職場には、女性がとても多いから、ということのようです。というのも、小さな集団を作って、気の合う者同士固まる傾向が女性には強くて顔を合わせる度に、娯楽として誰かの悪口に励んだりもするでしょうし、どうやら女の人ばかりの仕事場では、そういったことは多いようです。慣れていないと、そんな環境にいい加減、疲れてしまうかもしれません。


でも、女性が多数を占める仕事場であれば、これは仕方がない、と織り込みつつ、人間関係を築いていきましょう。
職業上、介護士という立場では好んで煙草を吸う人が減っているように思います。
実際のところ、いかにもその通りで、国民の平均的な喫煙率よりも少ないことが分かっています。



介護施設で病気の患者と接触のある職業ですから、煙草の臭いを漂わせまいと自主的に禁煙している人が多い状況だと理解できると思います。シフト勤務で働く介護士にとって夜勤は必須ですが、夜勤の仕事で決まって体調を崩すようであれば、日勤だけの勤務を条件に、転職を考えてみてください。ですが、忘れてはいけないのが、今までの夜勤手当といった割増賃金が入らなくなるので、どうやっても夜勤のある介護士と比較して収入が少なくなることがほぼ確実なのです。今後の人生設計や体調を考えて、年収が下がっても、転職するのかどうか、後悔しないようにしっかりと計画する必要があります。介護士でも公務員になれることをご存知ですか?それは国公立介護施設や公立機関で働くという方法です。もともと、介護士という職業が専門職で長く勤務することが出来る安定した仕事だということで人気なのですが、公務員のメリットを生かす事も出来ればこれ以上の安定性はないですよね。

安定した収入と、解雇の心配が少なく、福利厚生が手厚いという点は何よりも魅力的だと思います。病気の治療では患者との信頼関係が重要になります。
患者に不信感を与えないためにも、介護士は服装や髪形など、外見を整えておくことが重要です。女性のケースでは、けばけばしいような派手なメイクは厳禁ですから、TPOに合わせたナチュラルメイクにしておくのが相応しいと思います。


素顔の時ともまた違っているので、患者に与える印象も変わりますよ。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Hinata
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/horanaghuhtlec/index1_0.rdf