一人目の不妊と二人目の不妊

November 23 [Sat], 2013, 15:17
不妊症で、一人目の不妊と二人目の不妊が大きく違うのを

不妊外来で知った人の相談を見たとき、様々な立場の違いや、

精神的な状態の違い、不妊で悩んでいる人にも

大きく違いのあるのを重く感じました。

不妊治療の現実は、女性の方の不妊治療のため

専念しなければならないこと、

仕事を辞めるか、休職しなければならないこと、

旦那さんにも協力してもらわないと

なかなか続けられないものですね。

相談者の内容は、一人の不妊で

やっと授かり、二人目の不妊治療を受けている

時、一人目の子をどこにも預けられず、

経済的にも預ける余裕がなく連れて行ったそうです

そこで、、隣の女性に言われたことがショック

だったそうです。

その待合室でも、いろいろな思いが

交差しているのにこの不妊治療の問題の

深さに複雑な思いです。

病院の治療でなかなか、効果の出ないときは、

一息入れて見てはどうでしょうか?

まずは自宅ででき、薬を使わず

体内のホルモンバランスを整える方法を

おすすめします。

興味のある方は⇒⇒⇒⇒⇒⇒こちらから





男性不妊症と女性不妊症

May 18 [Mon], 2009, 13:28
良い精子と良い卵子と健康な子宮があって、健康な赤ちゃんが授かります。不妊で悩んでいて、不妊治療で効果がなく妊娠できない方は、男性、女性とも、栄養素の欠乏症が深く関係しています。

医療機関でも、この栄養素の欠乏が不妊の原因として治療をしているところがあります。足りないから補給する。一見良いことのように思えますが、必要なのは、身体が栄養素を腸で吸収する機能が低下するので欠乏症になると考えたほうが、原因に近い考え方です。元々、身体は、妊娠についても必要な栄養素は食べ物から吸収する能力を持っているのです。

その機能を改善する、原因を取り除く方法がもっとも効果の高い方法と言えます。普段からバランスの良い食事を心がけることは、妊娠の時にはっきり現れます。そしてその栄養素をしっかり身体で吸収できる身体作りも同時に必要条件なのです。

医療機関で妊娠できる方は、その時点で少なくとも、妊娠については問題解決になりまが、効果が表れない方は、ほぼ、医療機関では原因不明になります。その時の盲点が、もっとも基本的な身体の機能の改善(普段のバランスの良い食事も大きく関係)が必要なのです。

これは、病院と言うより自宅でしなければならない事なのです。そして、妊娠を邪魔しているものを知ることも大切なことなのです。

詳しくは⇒⇒⇒こちらからどうぞ







リンク
不妊症療法は、女性だけではなく男性も必要です。
不妊症治療、夫婦一緒に自宅で出来る方法とは
不妊症でも自然妊娠ができる方法

腸の働きが弱まる影響

May 18 [Mon], 2009, 13:20
自然妊娠するにも、妊娠中の胎児が健康に育つにも、普段の生理を順調にするにも、大きく関わっているのが、腸の機能が正常であると言うことです。

腸の働きを良くするのに身体の歪みを改善することは、ホルモンの分泌を正常にするためにも必要なのです。
腸は、多くの免疫を作り出す機関でもあります、腸内細菌のバランスが悪いとアトピーの原因にもなります。

腸の機能の低下になると、栄養成分が発酵、分解、吸収といったことができなくなります。栄養成分の欠乏症には、腸の働きが深く関係しているのです。

例えば、腸内でブドウ糖に分解できれば、腸はブドウ糖を吸収しますが、麦芽糖までしか分解できないと、吸収されません。
食べても、栄養が吸収できないのです。吸収できる大きさまで分解できるかどうかが、問題になっているのです。
身体の健康ににも影響しますが、もちろん妊娠にも大きな影響を及ぼします。

この妊娠機能改善法の詳しい説明は⇒⇒⇒こちらからどうぞ






リンク
不妊症とゴナドトロピン療法(hMG・hCG療法)
不妊症とクロミフェン療法
不妊症の治療のドパミンアゴニスト療法

不妊症と栄養の関係

May 18 [Mon], 2009, 13:10
医療機関でも、妊娠と栄養の関係を注目されてきています。男性不妊の機能改善に、良質なたんぱく質や、亜鉛などの欠乏が問題になっていますし、女性では、鉄分の潜在的な欠乏が注目されてきています。

妊娠することがゴールではなく、出産も通過点に過ぎないのです。特に妊娠してからの胎児に対しての栄養補給は特に大切になります。脳の発達には、ビタミンB群と鉄分(有機イオン化)、胎児の成長には良質のたんぱく質は欠かせません。鉄分の十分な補給で、アトピーや、アレルギー、喘息の問題の回避、など妊娠中もとても大事に注意深く気を付ける時期でもあります。

亜鉛などの不足は、胎児の奇形や、母体の合併症のリスクが高まるとの報告もあります。これはどうゆうことかと言うと。食生活では、3大栄養素だけでなく、必須アミノ酸や、有機イオン化ミネラルのバランスの良い食事が大切であり、その栄養素を最大限に吸収できる身体を作り、妊娠の邪魔をする成分を知り排除することに他ならないのです。

ここにすべての問題を解決する方法をお知らせいたします。

⇒⇒⇒こちらからどうぞ






リンク
不妊症どうしていいのかわからない
妊娠したいけどできない、二人目の妊娠(排卵前の13日間の秘密)
孫の顔をみせたいですね。HCG療法などでだめでも、不妊の方が、わずか2ヶ月で妊娠!!