節分に思う

February 04 [Thu], 2016, 19:59

鬼はー外、福はー内


近所の子供たちの可愛らしい声に

涙がうるむ40代後半女。嗚呼、お年頃。



節分の2日前はまるの誕生日でした。

誕生日記念に夢に出てきてくれるかも!

と期待したけど現れず。トホホ。

仕方なく5s入り米袋を抱きしめてみました。

ずっしり重いかんじがまると似ています。

まるは8.5sありましたけどね。




今頃何してるのかねー。

ベッキーとプロレスかな?

幸せでありますように。




フーバー11歳のお誕生日おめでとう

January 26 [Tue], 2016, 3:11


数日前までの暖冬が懐かしい。
去年までの冬は毎日こんなに寒かったなんて信じられない!




そんな暖冬だった頃、愛しのフーバーは11歳になりました。




大親友のぶんたも10歳に。



お馴染みの取り組みも9年目突入。
縁起物です。



まるとベッキーの服を押し付けてきましたよ。
ひな子、やっぱり似合うなあ。
可愛い可愛い。
しかしパグのまるの服が
グリフォンのもんじにサイズぴったんこなのが不思議だ。


みんな可愛いくて可愛くて、
可愛いからこそ寂しくもあり。

寒さが身にしみますなー。



大人の遊びかた

November 01 [Sun], 2015, 22:29

急に寒くなってきました。
今朝は7:30で10℃と冷え込み、寒がりフーバーは毛布から視線だけ出してましたよ。


甘えん坊が板についてきたフーバーに変化がありましたよ。




オモチャを破壊しなくなり、甘噛みで楽しむようになりました。
以前ならば、まず笛部分を摘出→ラテックス部分破壊→中綿を引っ張り出す、で数分で破壊完了してたのに!


このラテックス製のバナナももう一ヶ月経ちますが無事です。




いままではベッキーと張り合って破壊さしてたのだろーか?
ベッキーはこれ系のオモチャが大好きだったなあ…。





なんだか元気無さ気な写真ばかりですが、実際のフーバーはもの凄く元気です。


マンネリ静止ポーズばかりなのは、
走り回ったり得意のジャンプをしたり要求吠えしたり(汗)で写真がブレてしまうからでございます。


9月のフーバー

September 29 [Tue], 2015, 11:19



こうして見ると顔がずいぶん白くなりました。


でもジャンプ力、食欲は衰え知らず。





梨の季節が来ていました

August 30 [Sun], 2015, 20:53

お盆前の地獄の暑さが嘘のように涼しくなりましたね。明け方なんて寒いくらいですよ。



今年の夏はぼんやりしていて、幸水を食べ損ねていました。もう豊水が盛りです。大好きなかおりも始まってるし。



フバさんに梨をあげたことがありますが、少しでもすぐお腹が緩くなるので止めました。



しばらく雨が続くようですな。

フーバーは水遊びが好きなのに、雨に足が濡れるのが嫌いなので、お散歩はお休みです。



インドア生活でキノコが生えないようにしないとね。





フーバー元気です

August 26 [Wed], 2015, 21:50

急に一人っ子になったフーバー。
寂しそうにも見えるし、
のんびりしているようにも見える。
何より暇そうです。



ガムを見せびらかしたり取り合いしたり、
毛布の引っ張り合いをしたりを仕掛けるのは、いつもベッキーからでした。
最初こそ鬱陶しそうだけど、いつの間にかフーバーのほうも気持ちが乗ってきて、激しく楽しそうに戯れ合って。



ベッキーは、まるにするような体当たりを決してフーバーにはしませんでした。
ああ見えて一目置いていたんですね。



シニア犬フーバー、
甘えん坊が止まらない。
今まで遠慮もしてたんだろうね。

まるやベッキーのぶんも長生きして欲しい。頼んだぞ。おー!


ベッキーの最後のこと

August 26 [Wed], 2015, 16:48

ベッキーの最後を書いておこうと思います。


ベッキーは血液検査の結果は良好だったので、発作の原因は脳腫瘍や脳炎、または癲癇などが考えられ、それを判断するにはMRI検査が必要でした。
でも、全身麻酔に耐えられるのかはわからない。
わたしたちはMRIはせずに、対処療法で抑えていくことを選びました。
そう決めてからもMRIを受けたほうが良いのでは?何度も悩むわけですが…。

21日頃から急に発作が増え始めました。
パタリと倒れ、足をピンと伸ばして痙攣させ、口からは泡のようなよだれ。
長くて30秒位。
その後はケロっと普通に戻ります。
体力を消耗しているのに、ケロッと明るいベッキーでした。凄いなあ。
24日の夜から眠っていることが多くなりました。食事はちゃんと食べていました。

25日、この日のベッキーはとても辛そうでした。点滴の効果はあまり見られ無い。
入院しても先生がベッキーにつきっきりになってくれるわけでは無い。このまま病院で死んでしまうような気がして、連れ帰ってきました。


その夜も発作が何度かありましたが、座薬も効かず…。
体を撫でていると呼吸が落ち着くので、ずっと撫でていました。
小さい顔、茶色くて柔らかい被毛、
細い足、短い尻尾、
一つ一つを確認しながら、祈りながら。


26日05:00頃、呼吸がだんだん遅くなり、目から光が消え、疲れ切った様子で旅立って行きました。

初めての発作から24日後、
まるが旅立った26日後でした。





ケンカっ早くて気が強いところがあるベッキー、世渡り上手なまるが一緒にいてくれるから少しは心配が減るけど。
こんなことまで二匹一緒じゃなくて良いのになあ。。











ベッキーは能天気で面白い娘でした。
いつでも好奇心いっぱいで、
チョコマカ走りまわるのが可愛らしくて。
フバやまるがトイレを使っていると、あっさり諦めてその場で迷いなくチッコしちゃったり。


寂しいけど、号泣しちゃうけどベッキーとの思い出はやっぱり思わず笑ってしまうことばかりで。

天国に行ってまで笑わせてくれるなんて、キミは凄いよ。
ありがとう。
まると仲良く楽しく過ごしてね。
私たちの可愛いベッキー、
いつまでも大好きよ。



ベッキー

August 23 [Sun], 2015, 21:44

7/26早朝、
ベッキーもまた旅立ってしまいました。
8才10ヶ月でした。

初めて癲癇のような発作が起きたのは、
まるを送り出した日の夜でした。

薬が効いた時期もありましたが、
あっと言う間に悪化し、
まるのもとへ旅立ってしまったのです。



仲良くケンカ、
まるとベッキーにぴったりな言葉です。

ベッキーはまるをからかうのが
大好きで、体当たりしたり、
尻尾をひっぱったり好き放題。

まるはそれを受け入れてくれて
好きにさせてくれたり、
反撃してみたり。

でも、寝るときはまるのほうから
ベッキーに寄り添うことが多かったね。

まるちゃん、
こんなに早くベッキーが天国にやって来て驚いてるだろうな。




ベッキーは明るくて気に病まず、
好奇心旺盛でパピーのように無邪気で、
わたしたちをいつでも笑顔にしてくれるコでした。

もっと一緒にいたかったけど…
本当は送り出したく無かったけど…


幸せで楽しい時間をありがとう。
ベッキー、私たちのもとに来てくれてありがとう。


とうもろこし

July 16 [Thu], 2015, 21:40

職場の人から
家庭菜園で育てたトウモロコシを
いただきました。





人間様が食べました。
小ぶりだけどとっても甘くて
瑞々しくて美味しかった!



猛暑は室内で

July 15 [Wed], 2015, 19:49


す、すみません。
今朝も起きたらもう猛暑だったので、
朝散歩ナシですよ。
きょうも高温注意報出てますからね。






きょうもガムで遊びましょう。




ワイルドストロベリーが
1粒赤くなっていました。







明日からは雨がしばらく続きます。
雑草がまたのびるなあ…




P R
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
ボストンテリアオーナーさんたちのお店
ペットフードストリート
月別アーカイブ