「ほっとく鍋」の節約&時短料理の秘密

May 21 [Wed], 2014, 15:51
「ほっとく鍋」が今とっても話題なんです。テレビでも紹介されましたね。
「ほっとく鍋」の節約と時短料理の秘密をお伝えします。


ほっとく鍋は加熱時間がたったの5分でOK!沸騰したら火を止めます。
光熱費の節約になりますね。その上、時短料理が出来るのです。
火を止めたあとは、30分以上ほっとくだけ!

加熱調理だから、おでんもポトフも肉じゃがも煮崩れしません。
沸騰時間が短いので焦げたり、ふきこぼれたりしにくいので安心。

煮立ったらすぐに火を消すので
出来上がるまで鍋のそばを離れられないということはありませんよ。

★ほっとく鍋のおいしいエコロジーポイント

1・素材のうまみを逃さない。
2・素材の香りを逃さない。
3・煮崩れしない。
4・光熱費が節約出来る。
5・時短料理が出来る。
6・焦げ付き、ふきこぼれしにくい。
7・取手部にさいばしやお玉が置ける新設計。

★ほっとく鍋のかくされた秘密

・二重層の壁、特殊エアベール構造

鍋本体の外側と内側の間に空気の層を持つよう設計されました。
それにより空気層が熱を逃がさず保温性が良いのです。
空気層は鍋の側面を包み込んでいるために
鍋の内側全体がムラなく均一に加熱されます。

★こんな人におすすめ

光熱費が節約できることや時短料理ができるので
仕事や育児や介護に忙しい主婦の方に特におすすめです。

料理の心強いみかたですよね。

料理が苦手な方も大丈夫!

100種類のお料理が掲載されているガイドブック付きです。
炊く、煮る、蒸すなど色々な定番料理からアイディア料理まで解説しています。

お料理のレパートリーもかなり増えるのでうれしいですね。

ほっとく鍋の大きさは18cm、22cm、26cmがあります。

さらに詳しい情報はこちらをご覧ください。

             ↓ ↓

「ほっとく鍋」の魅力

April 25 [Fri], 2014, 14:48
「ほっとく鍋」は沸騰したら火を止めて、
あとはほったらかしで料理ができてしまう鍋なんです!


「ほっとく鍋」の加熱時間は肉じゃがの場合、約5分。
普通の鍋にくらべたら8分の1の時間で加熱時間終了です。

あとは30分以上ほったらかすだけ!
光熱費と時間の両方が節約できる画期的な鍋です。

★「ほっとく鍋」魅力1

省エネ調理ができる!

おでんの場合 ー40分かかるところ15分でOK(+30分以上ほったらかし)
ポトフの場合 ー90分かかるところ 3分でOK(+30分以上ほったらかし)
肉じゃがの場合ー40分かかるところ 5分でOK(+30分以上ほったらかし)

★「ほっとく鍋」魅力2

煮くずれなし!

保温調理だから煮くずれしないんです。
大根も面取り不要です。
肉じゃがのジャガイモもきれいな形のまま。
野菜スープも具がつぶれないから、スープの色が綺麗。

★「ほっとく鍋」魅力3

鍋がごげない、ふきこぼれない!

沸騰時間が短くグツグツ煮込まないので、ごげにくいしふきほぼれない。
鍋やレンジも汚れにくいですよね。

★「ほっとく鍋」魅力4

あまった時間に子どもと一緒に遊べる

加熱時間が短かく、火を止めたら、側で見ていなくてもよいので
空いた時間を有効利用できます。

おかずをもう一品作るのもよいですし、子どもとお散歩に行きましょうか?
育児やお掃除にもプラスアルファ時間がとれますね。

「ほっとく鍋」の口コミ情報

March 18 [Tue], 2014, 11:42
ほっとく鍋は忙しい人でも光熱費や時間を節約しながら、
あっという間に料理が出来てしまう鍋なんです。


加熱時間が5分で本当に大丈夫?と不安があった人も美味しく安心して
どんどん「ほっとく鍋」で料理を作っています。

~口コミ情報をまとめてみました。~

★小さな子どもがいるので、「ほっとく鍋」を購入してから安心して子供の相手ができます。
主人のお味噌汁も温め直しをせずに出せるので嬉しいです。
野菜もかなりやわらかく煮えます。

★買うかどうか迷った「ほっとく鍋」ですが、買って良かったと思います。
作った豚肉角煮も好評でした。これからもいろんなレシピに挑戦します。

★カレーの場合、材料を入れて3分加熱し沸騰したらルーを加える。
えー?3分煮ただけで大丈夫なの?と不安でしたが、
中までしっかり、驚くほど柔らかく煮えていました。
ガス代の節約にはなるし、火を消した後は他のことに時間が使えます。
ガイドブックも便利で大変役に立ちました。

★「ほっとく鍋」をしまう間もなく毎日使っています。
特に麺を茹でるのに助かっています。
パスタはさし水もいらず鍋の湯の量だけで吹きこぼれもなくツヤツヤの仕上がりです。
大鍋で麺を茹でるのはかなり面倒でしたが、
「ほっとく鍋」だと毎日でも苦にならずに麺の料理が作れます。


みなさん、工夫して色々使われているようですね。
ガイドブックも付いているので、料理のレパートリーも増えて
毎日の料理が楽しくなりますね。