テラのガキん子まめ

May 18 [Thu], 2017, 10:20
日本のナースの年収は平均437万円程度です。しかし、国立、私立、県立などの公立病院に在籍している看護師は、公務員とされているため、年収は平均して593万円くらいになります。

公務員として勤めている看護師は給与の上がる率も民間の病院より高く、福利厚生も充実した内容になっています。
准看護師として勤める場合は、看護師と比べて年収が約70万円ほど低いです。



看護師というものは、本当に大変です。夜勤も度々しなくてはならず、病院も経営難で少数のメンバーで、仕事をするしかないこともあります。

過労によって鬱病の症状が出る人も多くて、辞めてしまう割合もかなり高いのです。
よく看護師は白衣の天使とよくいわれていますが、本当に天使でもなければ耐えられない激務です。



看護師は医師の指示により医療行為を行うという事がよくありますが、容易な医療行為ならば、医師による指示がなくてもすることができます。
であるから、一例として、老人ホームなどといった福祉施設に看護師の人がいれば、本当に心強いと思われます。


ナースの勤務先といえば病院という印象が大部分が思うことでしょう。

しかし、看護師の資格を有効にさせる職場は、病院以外にもそれはあることです。保健所で保健師と連絡をとりあって地域住民の健康上のいろいろなケアをするのも看護師の領域です。
また、福祉施設にはドクターがいつも居るところは少なく、大部分の医療行為をナースが行います。

ナースが仕事を変えるキッカケとしては、キャリアアップを挙げるとよいでしょう。以前の上司や同僚ととそりが合わなかったとか、勤務内容に対し給与や休暇、福利厚生などが不十分だった等、不満を転職理由にしてしまったら、それだけで評価を下げることになりかねません。

たとえ本音がそうだとしても素直に明かす意味もありませんので、建設的にキャリアを積もうとしているということを言えるように準備しておきましょう。

転職サイトの看護のお仕事の長所は、結局のところ、紹介してもらった職場への転職が決まったらいただける転職支援金です。いい条件で転職ができる上に、あわせて、支援金までいただけるなんて、嬉しいこと、この上なしですよね。
転職サイトの中でも大好評なのは、このサービスも理由の一つといえるでしょう。高齢者はケガや病気のリスクが高く、高齢者人口が増加していくことで、この何年か特にお医者さんにかかる人が増加の一途を辿りつつあります。


そうなってくると、医師と看護師もさらに多く必要とされていますが、看護師が足りなくて困っている、という病院はたいへん多いのです。けれども、それほど人手が足りない状況だと、それを解消するべく、求人も増えるわけですから、看護師は引く手数多で、働き先をある程度選ぶことができるというメリットも確かにある訳です。病院で働く看護師は、病気を抱えた患者と接する場合が多いので、不信感や不安を与えないために、髪形に注意しておきましょう。自分が患者なら、どのような印象の看護師に信頼を置けるかを考えながら、清潔感を重視した髪形を選ぶことがポイントです。


また、病院によっては、ヘアスタイルの規則の厳しさが違う場合があることを覚えておきましょう。


看護師として労働する際、比較的楽だと思われているのが、外来勤務でしょう。当然、人の命に関するということでの責任は同様ですが、日勤だけで夜勤がない、休日がとりやすいなどといった理由で外来勤務希望の人も増えています。笑顔で辛い人を優しく支えるという点から、異性から好かれる要素の多い看護師でも、結婚できないのは、どのような訳があるのでしょう?具体的に調べてみると、看護師の結婚年齢は全体的に、早い人と遅い人の差が大きい事が分かりました。挙げられる理由としては出会いが無かったり、出世を第一にすることで結婚が遅くなるという事も珍しいことではありません。

なんといっても、看護師の業務はとても大切で、病院、医療施設では、いないというのはあり得ない大切な担務を背負っているといえます。

かなり責任重大な仕事ですし、夜勤といった変則的な勤務形態で寝る時間が短い看護師がたくさんいます。看護師を続けるためにも健康の管理を行うことも重要な問題だといえるのです。


我が国の法律で、看護師はどういった資格かというと、医師の診療を補助するものとされています。基本原則として、医療行為を行うということは認められていないのが現状ですが医師から指示された場合は、可能な場合もありますですが、急変時や、急を要する場合には、場数を踏んでいる看護師であれば、部分的に医療行為も認められてもいいんじゃなかろうかという風に感じています。時に人命に関わることもある看護師という仕事は、大きなやり甲斐と意義を感じることができます。しかしながら、その一方で困難もまた様々なのです。することは多く、責任は重く、勤務時間の問題もあります。

24時間対応が求められる故の交代制で、不規則であることも多く、なにしろ医療に関わる訳ですから、その緊張感も半端なものではないでしょうし、そういった空気がスタッフ同士の小さなトラブルを生むこともあるでしょう。

そんなお仕事だとわかっていながらも看護師を選択しようとしている人が多いという現状を見ると、そういった面をプラスマイナスゼロにしてもいいと思えるくらいに大きな満足感も得られる仕事なのです。
基本的には、看護士も看護師と表現するのも同じ職業を言い表わします。
どこが違うかというと、かつては、男性を看護士、看護婦は女性に限るように性別で分けて呼んでいたのです。

現在においては、男女わけずに看護師に統合されています。少子高齢化社会と呼ばれてきている日本で深刻視され続けているのが、医療スタッフの不足です。

大衆媒体でも深刻な問題として話題に上がることが増えています。ナースに憧れ、競争率の高い国家資格を手にすることができたのに、転職してしまう人が増え続けています。
その原因には、憧れと現実の差が大きく違うというのがあるのでしょう。
どうしてナースはたくさん運動するのでしょうか。事務所で仕事をしている人と比べると動く量が多いです。

患者をストレッチャーとか車椅子を使って運んだり、ナースコールでの呼び出しがあったら、すばやく病室にダッシュしたりするからでしょう。

首都圏の仕事探し専門として知名度が高いのが、看護師の転職情報が充実している看護roo!だと思います。求人数がかなり多くあり、豊富な情報量が多くの人に満足しているみたいです。求人数がたくさんあれば、希望通りに転職できた人もたくさん存在するということです。


ほとんどの病院では、看護師長の主な仕事内容は、各病棟のとりまとめや、看護師たちを指導教育したり、上司にあたる看護部長をサポートするなどが主な仕事で、一般企業においては課長の役職相応でしょう。課長職といっても年収も企業によって違うように、勤めている病院の大きさが、看護婦の収入に違いを生んでいます。

そのほかにも、公立病院と民間病院ではまた違いますし、病院がある地域が年収に影響していることもあります。
稼ぎの良い公立病院に勤めるケースでは約750万円とみられます。人間関係について言えば、看護師の世界は最悪に近いということも、しばしば言われるようですが、どうやら、これは、職場の大半の人材を女性が占めている、ということからきていると推測されます。俗に、女性は仲間うちでグループを作りやすいと言います。

それは協調性の高さの表われでもありますが、何人か集まると、この場にいない他人の噂話に花を咲かせたりするものですから、どうやら女の人ばかりの仕事場では、そういったことは多いようです。

職場がそんな人間関係ばかりだとあまり良い気分もしないでしょうが、そうなってしまうのも、女性の多い環境ならではのことだと納得しておくと良いかもしれません。殆どの病院において、看護師が十分に足りていないことは医療の現場に支障が出るほどの問題となりつつあります。



理由としては、厳しい労働環境にあると言えるでしょう。
最近、医師が行っていた一部の医療行為を看護師が担当できるようになったことで看護師が覚えなくてはならない仕事が増えて、勤務時間も長くなってしまい、休みを取るのも困難なのです。

勤務形態によっては夜勤が必須になりますから、出産後に職を辞する人も多いのです。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Riku
読者になる
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる