住宅における環境ホルモン物質

June 27 [Fri], 2014, 15:09
住宅における環境ホルモン物質も少なくないと考えられる。

代表的な物質として、クロルデンやDDT、トリプチルスズ、PCB、ビスフェノールA、フタル酸化合物などがあげられる。

環境ホルモンの多くは殺虫剤や除草剤などの農薬に多く含まれている。

しかし、住宅の畳や壁紙、床下といった部分に防カビ剤や防虫剤、防腐剤や抗菌剤など化学薬品も使用されている。

さらに建材にも多く使用されている。

プラスチックなどの樹脂製品の建材にも可塑剤や添加剤として環境ホルモンが使用されている。
P R