最後の武器は、個性
2011.08.08 [Mon] 21:04

聞くと、本当に食べて美味しい商品しか、ご紹介しないという。

タ「だから、同じ会社でもドライバーによって、商品が違うんですよ」

広告の下に載っているコード番号を注文の際に言うと、
送料が無料になるという。

実はこのコード番号は、だれからの注文かわかるようになっていて、
売れるごとにマージンが入る仕組みになっていると教えてくれました。
なかなか上手い仕組みですね。

『タクシー名刺』

あらゆるモノが均質化し、競争が激しくなった今、
最後の武器は、個性ですよね。どの業界でも言えることです。


 

夫婦円満の秘訣
2011.07.21 [Thu] 22:27

カードだけじゃなく、小さな花が入っているとか、
奥様が好きなお菓子を一つ入れておくとか。

毎日は無理にしても時々してみてはどうでしょう。
きっと“開き始めた”夫婦の距離が縮まると思いますよ。

また、ちょっとユーモアを交えてポイントカードを作ってみてはどうでしょう。
一回お弁当を作ると1ポイント。カードに夫が判をしていきます。

いっぱいになると「パパ特典」あり!

あらかじめ決めておくのもよし、いっぱいなった時のお楽しみでもよし。
「特典」は夫婦で決めてくださいね♪

1ヶ月でいっぱいになるくらいが一番よさそう。

(あまり長すぎてもね…)

愛妻弁当が増えるとコンビニも商売上がったりですが、
「愛妻弁当のお礼コーナー」でも作って、売り上げ減を補完しましょう。



一言PR
転出届の書き方と必要事項
 

社会貢献としてこんなサービス
2011.06.25 [Sat] 19:24

状況にもよるそうですが、携帯電話が使えなくなっても
保存されたデータの多くは復旧が可能だそうです。

そんなことをお知らせするステッカーをトイレに貼ってはどうでしょう。
多くの人が対処法と復旧について知らないと思われます。

また、ステッカーを貼るのは有料にします。
そう広告費として、携帯電話会社や販売店からいただきます。
その広告費はトイレに備品や清掃費に当てられます。

公共の場が多いトレイですが、こういうステッカーなら、
煩わしさもなく、多くの人に好意的に受け入れられます。

携帯電話会社によって「水没対処」サービスの違うが
乗り換えに影響を及ぼすかも!?
一度悲劇を味わった人はよりこういうサービスに慎重になります。

広告効果というよりは、社会貢献としてこんなサービスもいかがでしょう。



一言PR
ウェーブフロントを取り入れたレーシックの強み
 

待ち合わせはココよ♪
2011.05.25 [Wed] 20:24

看板に「現像は1枚○○円でできます。お店はココ」と
宣伝しておけば、バッチリ!です。

【サービス】待ち合わせはココよ♪

駅周辺の喫茶店は、よく待ち合わせ場所や打ち合わせに使いますね。
その場所を知らない相手方に教えるのに、こんな方法はどうでしょう。

テーブルに、携帯電話で撮影する用に、お店の地図から電話番号が
載っているミニポスターを用意しておきます。
そこの場所を教えたい時は、それを撮って添付メールするだけでOK!

場所を教えるなら、QRコードを使ったり、HPにアクセスしたりする方法も
ありますが、手数が多いとそれだけで面倒です。

撮って送るだけなら、口で説明するより簡単です。



一言PR
なぜ、20代なのに生え際が後退するのか?
 

早起きの達人
2011.04.23 [Sat] 12:57

できる“プロ”を真似る!

朝4時半に起き、準備をして5時に家を出て、6時に出社。
私の普段の朝です。これを聞いて、

「どうして早起きができるのですか?」

と聞かれるのですが、早起きは生まれつき。
物心つく前から、目覚ましなしで起きたい時間に起きれる体質。
だから、私の言うことは何も参考になりません。

だから、こんなサービスを考えました。
早起きが仕事の方を真似てはどうでしょう。(小島)

『早起きの達人』

“遅刻常習犯”の同僚が最近、朝遅刻せずに出社してきます。
今朝も始業15分前には会社にいました。

私「最近、すごいな! 早起きができるようになった!?」

同「そう、がんばってるだろう!
  最近、いいサイトを見つけてさ♪
  早起きができるようになったんだよ」

と、目の前のキーボードを叩き、画面に噂のサイトを見せてくれました。

 《サイトの使い方》
 1.【起きたい時間】と【(仕事・外出など)始動したい時間】を
   入力します。
 2.早起きタイプを選びます。
   【ガテン系】【ソフト系】【ショート系】【ゆったり系】
 3.性別を選びます。
   【男性】【女性】

すると、条件にあった「早起き職業」の一覧がでてきます。
(同僚は自分が「鉄道ファン」だったため、
 「○○鉄道」を選び、さらに「○○列車の車掌」を選択)



一言PR
ソニー損保〜事故対応はダイレクト系NO.1〜
 

超実践!ハガキDM講座
2011.04.23 [Sat] 12:56

広告は大きいほど、焦点がボケる。

ハガキや名刺など、小さい媒体が大好きです。

「この一枚に、魂込める!」

と気合いを入れて、いつも作ります。

広告スペースが大きいほど、情報を盛りだくさんに入れたい、というのは
人間の心理。でも、それでは、肝心な情報が伝わらないことが多いのです。

だから、たった148×100の両面に思いを込めるのです。
制限があるから、余計に情報を精査し、考え抜いたキャッチが閃く!

そこで、こんな講座をぜひやってみたい。

『超実践!ハガキDM講座』

《持ち物》
 ・ノートパソコン
 ・顧客名簿100名分
 ・ハガキ(&切手)
 ・チラシ(or宣伝したい商品)

◆第一回目◆
午前中は、ハガキDMの作り方の講座を受けます。

 ◎受取人が最初に自分の名前を確認する宛名面には何を書くべきか。
 ◎裏面には、商品のどんな特徴を載せるべきか。
 ◎レスポンスを増やすためには、電話、メール、FAXなど、
  何をメインに告知すべきか。

商品によっても、ターゲット層によっても作り方は全く違ってきます。
そこで午後から、午前中に学んだことを実践し、自社のハガキDMを作ります。

できあがったら、その場でハガキに印刷します。
また、次は自分が持ってきた名簿も印刷します。

最後は、参加者全員で“祈り”を込めてポストに投函し、第一回目は終了です。

そして、一週間後。

◆第二回目◆
今回は、第一回目に投函したはがきのレスポンスを見ながら、反省会です。

投函したハガキはたった100枚です。
まったく反応がなかった人もいるでしょう。

しかし、それも結果です。この講座の目的は、
100枚で1枚以上の反応を得ること。

 ◎名簿の選定がよくなかったのか
 ◎キャッチコピーがわかりにくかったのか
 ◎問合せや注文の仕方に問題がなかったか



一言PR
引越しに伴う小学校の転校 
 

着オキ!
2011.04.23 [Sat] 12:56

最初やさしく、最後は激怒!

プル、プル、プル!(携帯電話が鳴ります)

「はい…」
「おはよう♪ 今、6時半よ。きょうもいい天気で、
 気持ちいいよ♪ さぁ、起きましょう」

独身、一人暮らしのコジマくんの携帯電話に、
コジマくんが好きな女性タレントの声で電話がありました。

プチッ、ツーツーツー。。。
でもコジマくんは、寝ぼけて電話を切りました。

その10分後、再び、
プル、プル、プル! 「はい…」
「ちょっと、もう6時40分よ!
  急がないと、また上司に怒られるよ!」

「えっ」 コジマくんは飛び起きます。

この電話を【停止】するには、音声の最後に流れる
「着オキ!ナンバー」を入力すれば、止まります。

ピッ、ピッ、ピッ。ふ、目覚まし完了…。
※もし入力しないと、指定回数いっぱいまで掛かってきます。

これは【着オキ!】というサービス。
一人暮らしの独身者や、単身赴任の旦那さんに人気です。

着オキ!音声のバージョンは多種にわたります。
 ◎タレントささやきバージョン
 ◎アニメ声優バージョン
 ◎悪役俳優バージョン
 ◎オリジナル音声バージョン などなど。

携帯サイトやPCサイトから、音声の選択ができます。

オリジナルでは、起こし上手なお母さんや恋人でもいいかも。
思い出の歌のいきなりサビが流れるのもあります。
着信音をも工夫すれば、より“爽快!?”な目覚めができるかも(笑)
 

男性の手へ試供品を届ける作戦
2011.04.23 [Sat] 12:55

試供品に無関心な男性へ。

名古屋駅前でもよく見かける試供品の配布。ネットでは、会員制の
試供品配布サイトも活況だそうで、人間って、無料に弱いですよね

しかし、試供品ビジネス業界の悩みの一つに、男性が無関心であること。
試供品を求める人の多くが、女性。実は私もそうですが、
恥ずかしいというよりは、面倒くさいに近いのか…。

でも、男性って、一旦気に入って使い始めると、長く使う傾向があります。
なんとか、男性に試してほしいですよね。

『男性の手へ試供品を届ける作戦』

【作戦 1】男性客が多い場所とのリンク

男性がエステやネイルに行き、焼き鳥や居酒屋でも女性が当たり前の時代。
なかなか男性しかいないお店って、難しいですが、理容室は男性客が多い。

しかも、若年層は美容室ですが、中高年は理容室の利用が多い。
そこで、理容室とリンクします。

待合室に試供品を置く方法もありますが、手を伸ばさないのが男性。
そのため、理髪が終わり、帰りの際に、

店「今月のお試しプレゼントです♪」

来店していただいたお礼を兼ねて“手土産”セットを手渡します。
もちろんすべて試供品なので、費用負担がありません。

男性客も顔見知りの店員さんに手渡しでいただいたら、
「あっ、そう」と言って、受け取ってくれますよね。

 

息抜きランチツアー
2011.04.23 [Sat] 12:55

看病する側も大変です…。

今、私の母が病院で祖母の看病をしています。看病は本当に大変です。

縁起でもありませんが、看病していた方が先に亡くなる場合も
少なくはありません。私の周りだけでもよく耳にします。

次男が何度か入院したので、妻と交代で付き添いをしたこともありますが、
本当に大変でした。。。

そんなことを思いながら、こんなサービスを考えてみました。

『息抜きランチツアー』

※企画上の架空のストーリーです

次男が入院したので妻が看病に付き添っています。

妻の表情に疲れが見え始めたので、平日ですが会社を休んで
看病をかわろうか、と言いました。すると妻は、

妻「大丈夫よ、時々息抜きでランチに出かけているから」

夫「近所のお店に?」

妻「すぐ近くではないけど、バスで迎えに来てくれるのよ」

妻が利用しているのは、地域の飲食店が病院や介護施設で
付き添いをしている方向けに提供しているサービスです。

『息抜きランチツアー』

ランチの案内は、病院の掲示板に張り出されます。
希望の方は、直接電話します。

ランチメニューが掲示板のチラシに張り出されるので、
自分の好みのメニューに日に参加することができます。