丹精込めた野菜を約270点出品される。「山科区農業祭」がにぎやかに開催されました。

July 03 [Mon], 2017, 5:13

●出品物が通路に並べられました。立派に育てられたナスや玉ねぎ、トマトや馬鈴薯など。

●「努力賞」を受賞された西野山地域の進藤さんと一緒に「パチリ」。

・7月1日の土曜日に、「山科区農業祭」が山科区総合庁舎前広場で開催されました。山科区の農家の皆さんが丹精込めて作られた農作物が出品されました。市販に比べると2倍を超える「玉ねぎ」の大きさ、「なす」も大きく色艶もよく栽培されています。農家の皆さんの自慢の作物ばかりです。
 農産物共進会の主催で、京都府知事・市長賞など約20の特別賞の発表と表彰が行なわれました。私の地元の西野山からは、進藤さんが「努力賞」を受賞されました。毎朝、早くから作物の手入れや収穫など、真っ黒になって働いておられます。まさに「努力賞」がぴったりです。









Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:本庄たかお
読者になる
こんにちは。京都府議会議員の本庄たかおです。
「子や孫の未来が心配」「年寄りは早く死ねというのか」──安陪政権の暴走に怒りの声が広がっています。
私はこの間、台風災害の抜本対策、「マル老」の普及、くらしの相談、「原発ゼロ」と山科の太陽光発電開設などにとりくんできました。
府議2期目、今後も、「人の痛みに心よせ」住民の苦難解決に全力でがんばります。
 
1948年、滋賀県高島市生まれ。京都教育大卒。市立中学校教員、京都市教組書記長などを歴任。府議2期目。
日本共産党山科区生活相談所所長。
2017年07月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント