強行から2カ月。戦争法廃止へ全国でも京都でも宣伝行動ー参院候補の大河原弁護士と一緒にマルイ前で訴えました。

November 24 [Tue], 2015, 13:23



 戦争法廃止を求める全国2000万人署名を推進しようと、戦争法の強行採決から2か月たった19日の夕方、共産党府委員会の宣伝署名行動に参加しました。倉林明子参院議員、大河原としたか参院選挙区候補(弁護士)をはじめ、京都府議・市議がリレー宣伝を行いました。
 私は、この間、地元の「京都新聞」にこれまでなかった「自衛隊員募集」の折り込みが入り、また安倍政権が自衛隊員の弔慰金を9000万円に引き上げる計画が報道されるなど、「戦争する国づくり」がすすめられ、京都の自衛隊駐屯地から南スーダンへのPKO・駆けつけ警護が狙われていることを紹介しました。また、戦争法廃止へ国民連合政府を呼びかけ、来年夏の参院選挙で「オール沖縄」(衆院選で、1区から4区まですべて勝利)方式で「オール・ジャパン」を広げ、自民・公明の安倍政権を退陣に追い込み、国民連合政府を現実のものにするチャンスにしようと訴えました。行きかう市民の皆さんの反応も良く、次々と2000万署名に協力していただきました。 
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。

何時も誠実に活動しておられる本庄先生に感銘しています。頑張って下さいね。

by たかぴぃ November 25 [Wed], 2015, 22:40
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:本庄たかお
読者になる
こんにちは。京都府議会議員の本庄たかおです。
「子や孫の未来が心配」「年寄りは早く死ねというのか」──安陪政権の暴走に怒りの声が広がっています。
私はこの間、台風災害の抜本対策、「マル老」の普及、くらしの相談、「原発ゼロ」と山科の太陽光発電開設などにとりくんできました。
府議2期目、今後も、「人の痛みに心よせ」住民の苦難解決に全力でがんばります。
 
1948年、滋賀県高島市生まれ。京都教育大卒。市立中学校教員、京都市教組書記長などを歴任。府議2期目。
日本共産党山科区生活相談所所長。
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント