慢性胃炎

December 13 [Tue], 2011, 13:49
すっきりと慢性胃炎をなくすには、
根気強く食事療法を継続させていくことが重要です。

慢性胃炎になっている人は、
長い期間に渡り胃炎の症状が引き起こされていたので、
その分症状が治るまでの時間も長くなってしまうのです。

胃酸の高い人と低い人で食事の内容は同じではありません。

慢性肥厚性胃炎の患者に発症する過酸症の人の場合には、
胃への負担が大きい刺激物を避けた食事を心掛けましょう。

なぜなら、できる限り胃酸の分泌を抑えるようにしなくては改善が見られないからです。

唐辛子や胡椒をはじめとした香辛料、紅茶やコーヒーといった飲み物類は控えるべきです。

肉は胃酸の分泌を多くさせてしまうしまうので、
豆腐や卵、それから白身魚や牛乳を中心とした献立にシフトします。

余計な胃酸の分泌を防ぐ効果を持つバター、
ごま油やオリーブオイルなどのものを料理にうまく活かしてとると良いですね。

一方、慢性萎縮性胃炎の患者に見られる無酸症や低酸症である人に対しては、
有効な食事療法が他の胃炎とは全く違うものになります。

このケースでは、消化力が不十分なことが原因で食欲がない場合がほとんどのようです。

少量でたくさんの栄養が摂取できる食事をすることが要求されるのです。

そして、胃液分泌の促進のために、毎日の料理に積極的に香辛料を使用していきましょう。

繊維質の食材以外を使って、切り方もさらに細かくして、余計な胃への負担を軽減します。

一度に大量の食事をするのではなく、
一回の食事は少なく食べるようにして回数を増やすことがコツです。

このような食習慣を維持するのはなかなか難しいかもしれませんが
、栄養バランスの良い食事を毎日とっていくことが胃炎を緩和するためには重要なことです。

どの胃炎にかかっているかに関係なく、
喫煙や飲酒の習慣がある人はそれをやめなければなりません。

理由としては、胃炎に繋がるということだけに限らず、
発症後には事態を悪くすることにも繋がるからです。


粕屋町 美ら海整骨院
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:はっち
読者になる
2011年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる