思ひ出 

April 03 [Mon], 2006, 18:06
しばらく音沙汰なしだった人と連絡をとった。
携帯を変えたことを伝えたのがきっかけ。

あの人とは長い付き合いになる。
パソコンに慣れて
暇でなんとなく書き込んだメル友募集の掲示。
それであの人と知り合った。

とても意気が合う、ってわけでもなかったけれど
色々と打ち明けることができる相手だった。
暗い話をして、怒られながら支えられたこともある。
たぶんそれは今でも一緒。

最近の私達は、番号が変わったときに連絡する程度。

でも、変更のメールにいつも必ず返事をくれる。
それは私も同じ。
そしてそこから毎回ささやかな世間話へと変わってゆく。

元気してる?
彼氏は出来たか?
頑張れよ

いつだって元気をくれる、優しい人。

その人に、私は会ったことがない。
ついこの間まで、電車で数十分の距離にいた。
住所だって知ってた。
でも行く勇気などなくて。
行く理由も、必要性も見出せなくて。

行ってみたかったな。
行って驚かせてやりたかった。
誰だかわかる?変わったでしょ?って。

よくメールをしていた頃も、
恋愛感情はうまれなかったけれど。
「今度デートしような」
なんて、お互い冗談で言い合っていたのが懐かしい。

あの頃は、若かった。
何も世の中を知らなくて
危なっかしい足取りで、バカ正直に歩いていた。
今考えれば恥ずかしく呆れてしまうような事も多い。

でも

そんなときがあってよかった。
あの人に出会えてよかった。
そう思う。

おそらく、次に連絡するのは来年。
その日まで、元気でいてね。

来年も変わらず、また返事が来ることを祈って・・・

悪循環 

March 01 [Wed], 2006, 21:12
遊ばれてるんじゃないかな
信じていいのかな

やっぱり人を信じる事が出来ない
その場では鵜呑みにするけれど
後になって悪いほうへと考えてしまう

学校の友達って本当?
同じ学校に彼女がいるんじゃないの?
私に会うのは事のついでじゃない?

常に疑ってかかってしまうから
私だけ本気だなんて悔しいから

他の男とも仲良くして
自分は余裕だと偽って

最ッ低な女

自分にとってもいいことなんてないのに
お互い苦しむだけなのに

それでも恐くて

信じたくて
信じれなくて
もがけばもがくほど悪循環で

なぜこんなに疑り深くなってしまったのか
騙されたことなどないはずなのに

馬鹿みたいに人を信じれる人間になってみたい

理想と現実 

February 20 [Mon], 2006, 17:51
思い描いていたのは

好きな人が出来て
付き合って
接吻をして
数ヶ月でセックスをする

そういった順を追った関係


でも現実は

好きでもない
会って日も浅い男と
友達以上恋人未満のまま
セックスをして接吻をした

順序も何もない体だけの関係


理想と現実というのはここまで違うものなのか

現実の自分は一番なりたくなかった人間
一番侮蔑していた人間

でもその人間になってしまった
あまりにも容易に理想への道は崩れた

もう戻れない
きっと一度道を踏み外してしまったら
同じ過ちを繰り返すのだろう

私はなんて愚かな人間なのだろうか
こんなにも浅はかな人間だったのか


「私はこんな人間じゃない」


そう思い続けても
きっと現実の世界で過ちは繰り返す

なんで 

February 18 [Sat], 2006, 1:06
私は貴方の都合のいい道具じゃないし
貴方も私の都合あわせの物じゃない

貴方にとって私はなんなの
私にとって貴方はなんなの
私にとってあの人は…

必然の日がきてしまった
結局何もわからなかった
そして変われなかった

ウソ 

February 16 [Thu], 2006, 15:50
欲しかったものじゃない
失ったものを 埋め合わせたかっただけ

失った 大事なものに
それは 似ていただけなんだ きっと

つまんない 

February 06 [Mon], 2006, 0:31
なんだかすべてがつまらない。
なんかわからないけどつまらない。しんどい。

何か面白いことないかなー。
楽しいことしたい。

スキキライ 

February 03 [Fri], 2006, 22:53
どちらかといえば、好き。
でも愛してはいない気がする。

一緒にいてホッとするのとドキドキするのと
どっちのほうが好きってことなんだろう。

女友達と撮った写真を見て少し不安になった。
これは好きだから、妬いてるってことなんだろうか。
それとも単なる独占欲からなのか。

自分の気持ちを知りたい。
相手の気持ちも知りたい。

ズルイ 

January 27 [Fri], 2006, 20:33
私はズルイ人間だろうか。

自分に好意を示してくれてるとわかっていながら
付き合う気もないくせに
全ての支払いは相手持ち。

いつも申し訳ないと思う。
「ありがとう」「半分出すよ」
その一言が言えない。

今更気恥ずかしいのか
それを言うのが逆に失礼に当たるんじゃないかとも思っているせいか
簡単なことなのに出来ない。

今度こういう機会があったら言ってみよう。
また言えなかったら、もう諦めて別のカタチでお礼をしよう。
奢らせるだけの人間にはなりたくない。

ユメ 

January 25 [Wed], 2006, 16:07
夢を見ました。

男にまたがって長時間ベロチューしてる夢。
欲求不満なのか・・・_| ̄|○

あと中身と外見が違う人になってる夢も見ました。
8人くらいいる中で全員が入れ替わってるんだけど
自分は誰になってるかわからなくて。
追いかけてくる人で自分が誰なのかわかりました。
最高にうざかった(笑

もう一個、というか全部繋がってるんだけど
ある風景があって
見たことあるんだけどどこかわからない場所。

長いゆるやかな坂を登っていくと
駄菓子屋のような、でも雑貨や野菜も置いてるような小さいお店があって、
あとその右隣りにはなぜかフレ○コも(笑
お前フ○スコ行ったことあるやろと言われてそこがフレ○コだと知ったみたいな。

その駄菓子屋のおばあさんの話を聞いていて
この家(駄菓子屋)の裏側が知っている場所だと気付き
でもどうやってもそこからはその場所に繋がらない、辿り着かない。

その場所は古い田舎の家みたいで
何故かそっち側に玄関があって
目の前にはすすき畑が広がっているような、
そしてその先には大きな神社があって
赤くて綺麗で広い、何度も行っていた場所。凄く不思議な場所。

いつも行くときは覚えているのに
帰るときは覚えていない。
でも行ったことは覚えていて
次行くときには「ここよく来るんだ」なんて言っている。

現実では無い場所だけど、まぁ夢ってそんなもんだよね。

コイ 

January 22 [Sun], 2006, 23:12
告られました。
いつぶりだろう、されたのは。(笑)

正直言って、うれしかった。
自分に好かれる要素があるんだと思えたから。
それなのに気持ちに応えることは出来なかった。
彼をそういう目で見る事が出来なかった。
でもそれを承知のうえで伝えてくれた。
本当にごめん、そしてありがとう。

私も恋がしたい。
彼氏はいるけれど、恋をしていない。
恋ってなんだろう。いまいちわからない。
好きという感覚が本当にわからない。
芸能人で誰が好きとか、そういうのはあっても
恋愛対象として誰かを好きという感覚にならない。

コワイから
自信がないから
きっと相手がいるだろうから

そうやって無意識のうちに気持ちをセーブしているところもあるんだと思う。
恋ができるようになりたい。

実は彼氏がいることを誰にも言っていない。
親友と呼べる子にも、家族にも、誰にも。

男関係のことを他人に話すのは何故か抵抗がある。
聞いたり相談を受けたりするのは大歓迎だけど。
自分は相談する側になりたくない。
隠せる限り隠し通したい。
でも誰かに言いたい気持ちもあって。

だからここを作って書いた。
誰も見ていなくても、書くだけで少しスッキリする。
誰かに言った気になれる。

いつか・・・誰かに言える日がきたらイイナァ。
P R
2006年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリアーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:honeycrunch
読者になる
Yapme!一覧
読者になる