ありがとう、ありがとう 

August 07 [Thu], 2014, 22:09
お誕生日というのは

「こんな私がここまでこれたのは皆さんのおかげなんです。」

という誕生日を迎える人間こそが周りに感謝する日なんじゃないかなって思います。
大人になればなるほどね。
私は30歳になったときにそれを感じて以来ずっとそうです。

というような話をママに当日したんですが
親戚の不幸などもあり、前後のごたごたで忙しかったのですが
本当に当日はセルフサービスな感じでケーキは買ってもらったけれど
それ以外のServeは本当にセルフでした

だけど、その誕生日の形、自身では納得しています。

へへへ

俺たちの戦いはこれからだ

鎌倉散歩 

July 12 [Sat], 2014, 15:08
先日お友達と鎌倉散歩してきました。

・・・なんて、優雅なものではなかったです、人多かった。
人混みの苦手な友達もいたのでなるべく負担のないーーー、と思っても大仏さまも長谷寺も人だらけでした。

やっぱり鎌倉は観光地なんだなと思いました。

でも、しらす丼おいしかった。お土産に買った豆おいしかった。友達と久々に直でお話しできて楽しかったです。

Youtubeでさあ、 

July 12 [Sat], 2014, 14:49
イントゥ・ザ・ストームっていう映画のトレーラーが流れてたんだけど、
ほんと、極端すぎてトレーラーだけの時間で結構わらけてしまった。
何であんな吹き飛ばされるだけの映像作ったんやろ?

映画って言えば「燃えドラ」に出てくるなんか残る人ムキムキ不細工(いい意味!)のヤン・スエが今私の中で熱くて、少ない情報を探して楽しんでいます。

アニメも変わる時期で何見よーかなー、と悩んでます。
黒執事とFree!は視聴決定済み。

7月。 

July 12 [Sat], 2014, 14:38
今年何したっけなー。。。
自発的に何かするのは趣味のことと家事くらいやなー。

なんか、

勝手なことして不機嫌になられるんとかが怖い。というのはかなりある。
人と関わることも怖い。
でも、趣味のことで語り合えたら楽しい。
けど、自分の趣味のことになると喋りすぎてたぶん「そこまでわからんわ!」ということまで喋ってしまうので、、、
んー、違うか。
なんか私は中身がなくて大したこともできないから退屈な人なんだろうな。
原因は自分なのに、人と関わるん怖いとか、とんだ被害妄想です。

薄っぺらい人生、楽しく生きてゆきます。
Lv.0

はぁ。。。 

April 15 [Tue], 2014, 0:08
今日はお昼ご飯になりそうなものがなくてがさごそしてたらママが買ろ菓子を
「これ美味しかったよ。」と言うので
「今はそういうのじゃなくて〜」と言ったら
お金ないんだから仕方ないでしょと言うもんで、なんかショックでお昼食べないで眠ってしまった。

貧しくなってからわかったんやけど、身体にいい物って高くて
手っ取り早く安価にお腹を満たすものっていったら菓子パンだったりするわけで
そういうものばかり食べてると身体はおもくなってますますやる気でなくなって
それでまたとりあえずとりあえずと、身体によくなさそうなものを食べる悪循環で。

なのに年金減額ばっかり。
景気が悪いから。
物価が下がったから。
そんな理由で減額減額。
最近、景気がよくなったと言うわりに増額ってきいたことない。
物価上がって消費税8%なっても増額されない。

ほんと、ますます滅入るし、やんなっちゃうなあ。

エピソード0みたいの。 

September 16 [Mon], 2013, 2:58
ああいったものは、映画好きな方ならわかると思うけど観たいけど観たくない。
一番はじめに観たものから過去や未来を妄想して、きっと最初はこうだった、ああだったとか思いめぐらすのが楽しいのです。
言ってみれば映画の中のあいつらと自分だけの思い出があるんですよね。
おそらくそんな考えから生まれたのであろうこういった映画たち。
観たいような観たくないような葛藤、お分かりいただけただろうか?

天の邪鬼 

August 08 [Thu], 2013, 23:41
私の部屋のエアコンは天の邪鬼で
私のいない間は部屋を涼ませておいてくれているのに、私が部屋に入ると生暖かい風を出す。
このやろう、ぶっ、、、壊さないからさぁ、お前・・・本当に・・・頼むぞ?エレン!

いささか頭にきているので 

July 12 [Fri], 2013, 0:42
もうね名前言っちゃうと洋二って言うやつなんですけどね、私の兄なんですけどね・・・もう、”兄”とかも書きたくないんで。

そもそも、もともと嫌いだったんですが、決定的になったのは去年の春頃ですね。
ママが(退院時の先生の説明で)敗血症で救急入院した時のこと。
その数日前から様子が悪そうで、近所の病院ではない総合病院に無理やり連れて行ったんですよタクシーで。
で、その後良くならず、夜中に薬を飲むといって水を持ってくる手もぶるぶると震えていたので洋二に救急車を呼ぼうと言ったら2階から降りてきてめんどくさそうにママに一言
「なんで、んなんなるまでほっとくの?」そう言って、また2階に上がって降りてこないから様子を見に行くと寝ようとしている・・・
その時点でげんなりしながら、でも、この状態は放ってはおけないと判断し救急車を呼んだ。
救急隊の方が場所がわかりにくいと言う事で、夜中、通りまで迎えに行って家に来てもらう。
救急隊の方々が来た途端、先ほどまでとは打って変わり”頼りになるオレ”みたいに質問にハキハキと答え、文句のひとつも言わずの対応。
かかりつけの病院での検査、手続きも終えて一応事なきを得る。

そしてママのしばらくの入院生活中。
会社行っている以外は何もしない。本当に信じられないくらいに自分の生活だけの生活。
私は家のこと、アイちゃんのこと、ママの事と色々。
お見舞い・・・と言うかこれは顔を見たかっただけなんだけど近かったし入院中毎日病院へ通った。
そのために少し遠くのスーパーで必要なものをそろえたりとかもした。
普段はお互いもともと健康状態が良くないので「二人で一人だねー」なんて言ってママと分割している家事の一切をやった。アイちゃんもただご飯あげればいいってものでもないし、実際、家の変化で不安定ぽくなり、トイレじゃない場所にトイレをしたり、ご飯も気長に付き合って声をかけながらひとつづつ口元までもっていかないと食べなくなっちゃったり。
うん、動物だもの、私もアイちゃんなら同じように感じるだろうから怒ったりせず、ただ、大変ではありました。

そんな中、洋二の自分勝手さが露呈した。
帰ってきて面会時間に間に合っても様子も見に行かない。
その代わりスポーツクラブには行く。そのスポーツクラブの目と鼻の先がママの入院している病院なのに寄ってもこない。
家に居てもテレビ見てるだけ。
アイちゃんのトイレの片付けとか、普段まったくしないけど、こんな時ぐらいにでも?
いやいや、洋二に限ってはそんな考えも甘く、全然手伝おうともしない。
目に入っても「どここどにしてあるよー。」と言うだけ。ゆうてる間にとれるやろ!

で、会社のものはともかく、行くのが必然でもないもので汗かいたものの洗濯から、夕飯後におなかが減って食べたもの、降りてきてちょっと水飲んだりする度にいちいち使う新しいグラス全部丸投げ。
トイレに行けばいつもどおりにおしっこ跳ねらかしたっぱなし、トイレのドア開けっ放し、電気つけっぱなし。
ただ自分勝手なだけじゃなく、マナーというか、家族とはいえ、共同で生活する中では必要になってくる気遣いも普段から皆無なんですが、このときばかりはその非常識さがまじめに信じられなかった。

そして、ママの退院が決まった頃、先生に家族で来るようにと言われ、そればかりは行かないわけには行かず、来たのですが、ここでも、またいつもの態度とは真逆の前述の”頼りになるオレ”が出てきて、先生の話に「ハイっ!ハイっ!」。
一通り話しを終えてママのところに行くと
自分は寝ようとしてたくせに
「あの時、来てなかったら危なかったな〜(ニヤニヤ)」
「敗血症、俺の思ったとおりだな〜(ニヤニヤ)」

このときから不信感しか抱けなくなって、ママの今回の事もふまえて考えた。
「ママが居なくなったら、この洋二だけと生活なんて出来るか?」
答えは「NO」すべからく「NO!」
なので、もし、万が一のときはその次の日に自決すると心に誓いました。

それから一年弱、生活態度見てきたけど、変わらんね。

平日は会社の時間に気を使ってお風呂を入る時間も気を使ったりしているのに、土日にお風呂の時間がかぶって、しかも、それ、私が沸かしたお風呂やのに後から起きて来て「先に入らせろ。」
相変わらずおしっこ跳ねらかしてあるトイレの床を拭いて、(ここからは見てました)アイちゃんのトイレの片づけをして流すところまでやって入ろうとしたらやっぱり「先に入らせろ。」
グラスの件も、一度ちょっと使っただけならいちいち新しいの使わないでくれと頼んでも数日で同じことの繰り返し。
朝起きるのも、最初に一緒に暮らすようになったときに自分でやるからと言っていたのは忘れてるのかママ頼み。
本当に当然のように思っていて、普段だって、そんなのどうかと思うけど、一昨日は身体のどこそこが痛いと言っているママに「明日(少しの出張で)6時だから。」(早めに起こせという意味。)と言ってスポーツクラブへ。
見かねて「そんなもん、その分朝自分で起きる余力残しとけば?!」と言うと「俺だけではない(ニヤニヤ)」
いや、私、最近は自分がなにか特別に用事があるときはママの体調も、ママが気を使って色々早くしてくれたりするのわかるから、そういう時は余計な事はあまりしないで当たり前だけど目覚ましつけてかなり負担かけないように気ぃつけてんで?

体調の優れているときの少ないママの事なんて見てるはずなのに見てないんですよね。

あと、こういうのは女の仕事!みたいに思ってる部分も強くて、だからといって男の仕事しているのも見たことが無い。電球、蛍光灯の取替え、型を調べるとかそんなのもママに言われても「たかこがやれば」と人任せ。
重たい荷物を家族で手分けして持つのにも、ちょっと重いもの一つ持、こっちはそこそこの重さのものいくつも持ってかさばるのに見てるんだか見てないんだか、自分は十分仕事した顔でいる。

それに、数年前、アンペアを増やす前にクーラーを私の部屋と洋二の部屋とで使うと飛んじゃったときも、ブレーカーを上げに行くのは私、それを3回ほど繰り返してしまいには
「何でお前もクーラー使うんだよ?!」と言う。
その後意地をはって使わないでいて、あるときママを挟んでその話になったら
「俺は仕事してるんだからしょうがないだろ?」
あれは確か土日の洋二が家に居るときでしたけどねぇ(失笑)

まぁ、あげれば切り無くひどいんです・・・

そのせいでそれを放っておくママを矛先にしてにきつく怒ってしまったり、ここに実名を挙げて言いつけるのも子どもじみてるのはわかるんですが、もう、ここまでしてやらないと気がおさまらないのです。。。
ここに書いただけでは本当に物足りないくらいに。

ほんと、いい加減にしろ!

切実。 

July 08 [Mon], 2013, 1:17
不器用って言葉を器用に使う人がいるわけで、
うまく言えないけどって言葉をうまい言いまわしにしてしまう人がいるわけで、

本当に不器用だったり、ものがうまく言えない人達はただのバカにしか見えなくなるんです。
だから、そういうの、ほんと、やめてください。

そういえば、回線が 

June 28 [Fri], 2013, 15:53
以前So-net使っていた頃、サポートセンターから時々電話かかってきて光に変えませんか?という電話があって
私の古い機種では何も変わりはないやろ・・・とか、使ってる本人が一番わかることなので、それを伝えてお断りしていたのですが
一度逆ギレしたみたいに「それはどこかでお聞きになったことなんですか?!」って言われて、そういえば聞いたわけではないなー、と。
しかし、回線にパソコンが追いつくとかあるんかなあ?と思ってて。

でもそんなことも忘れかけた頃、兄が光に変えると言い出して、光になってから1、2年かな?
やっぱり、私のMacもPCも変わり無くもっさりとした動作です。

そりゃそうだろうなぁ、、、
声を荒げて言われたので、もしかしてそうなのかな?と、ややひるみぎみに考えちゃったけど、やっぱそうだよねぇ(^_^;
ハードの組み立てや増設も自分でやる私からしたら、そういう問題ではないことはわかりますよ。

って、改めて光環境になった今だからこそ自信もって言えることなんですけど(笑)
いや、でも、古いハードしか無い環境は決して誇れたもんではないですが。
P R
プロフィール
2014年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Yapme!一覧
読者になる