バトン。2. 

December 18 [Sun], 2005, 11:19
なんで僕にはこんな内容のしか回ってこないんだろ(笑)

シークレットバトン。

Q1、したくなった時。あんまり関係ない。作るの苦手だし。

Q2、あるよ。

Q3、兎に角焦らす。

Q4、いつの間にか上になってたけど。

Q5、キス強請ってきた。

Q6、大人しく従ってくれれば良い。

Q7、一人派。

Q8、ん。

Q9、なし派。外国じゃあるまいし(笑)

Q10、野外。

Q11、その人が格段に大切なら有り。

Q12、分かりません。

Q13、だからぁ…とりあえず大人しくしとけって。

Q14、ナース。

Q15、あま噛み派。

Q16、3。

Q17、体力の限界まで。

Q18、一日中。

Q19、唇。

バトン。 

December 18 [Sun], 2005, 10:33
シークレットバトン。

Q1、銜えて舐める。舐めるだけだと零れる。

Q2、結べる。高校の時にハマった。

Q3、飲める。苦いと思ってたけど、案外美味しい。

Q4、いやいや。

Q5、白い。液体。美味しい。

Q6、時と場合による。今の気分はS。

Q7、口に入ればそれで良いんじゃ。あんまり大きくても気持ち悪くなる。

Q8、6時間くらい。眠いし声枯れるし散々だった。

Q9、好きだけど興奮はしない。腰が疲れるまで立たない。

Q10、前。視界に入れていたい。

Q11、ちょっと明るいか、真っ暗が良い。

Q12、右手。左手は嫌い。

Q13、基本的にシャワー派なんだけど。洗ってからが良いし、他人にも洗ってからにして貰いたい。

Q14、跳躍。

Q15、誰にも回したくない(笑)

どうして…。 

October 28 [Fri], 2005, 10:18
毎日のように君を夢見てた。
あれからもう3年の月日が過ぎても、君が私の中から消えることはなかった。

でも、もう記憶も薄れて、君は面影だけになっていたのに。

どうして今頃、私の記憶を呼び起こすの?

もう寂しいのも辛いのもイヤだよ…

我侭はもう言わない。
ただ君が欲しい。

それだけで私は立ち直れる。
前に進める。
君が居れば、私は…

結婚。 

September 26 [Mon], 2005, 20:41
今まで貴女の事はとても理解できなかったし、貴方の事も何を考えていたのかさっぱり分からなかった。

そんな二人から生まれた自分の存在も、いつしかよく分からないものに感じていた。

金の上に成り立ったセックスや

一時の愛の為に突っ走るその信念も

一途に愛す勇気も、俺にはない。

でも、ほんの少し貴女の気持ちが分かった気がしました。

俺は、あの人に好意を抱いているかもしません。

もう、再来月には同棲を始めて、きっと来年には家庭も持つんだろうけど。
知らないふりをして、俺はずっと聞いていました。

それでもアナタの事が頭から離れない。

自覚は全くないけど、俺はきっと好きなんだと思う。
好きになっても意味はないのに。

愛ってこうゆう事なのかな。

俺にはやっぱりわからない。

償い。 

September 05 [Mon], 2005, 18:36
あの日から、俺も君も変わってしまった。

その変化が、昨日君の友達を通して知ることが出来た。

純粋だった君を、努力を惜しまなかった君を、変えてしまったのは俺なんだろうな。

大好きだったスポーツも、責任感も、そして人を一途に見続ける事も、俺は君から奪ってしまった。

…けれど、あの時の俺にはあぁすることしか君を救う術はなかったんだよ。

酷いことをしたのは承知だけど、どんなに考えても俺には君を突き放すことしか出来なかった。

それが君の幸せに繋がるのだと、君の自由に力を貸せるんだと、信じていたよ。

それは偽善でもなんでもない。
俺の本当の気持ちだった。

君を愛していたから。

俺が愛した君はもうこの世にいないけれど、こうして誰かに君の軌跡を聞くたびに胸が痛む。

愛していたのに、俺はこの腕で君を殺してしまった。

優しい心も、笑顔も。

その罪を、俺はずっと抱えて生きていかないといけない。

それはとても苦しくて、悲しくて、どうしようもないことだけれど。
俺は、そうすることでしか償えない気がする。

俺もあの日から変わってしまったよ。

君に愛された俺はもういない。

お互い変わってしまったけれど、俺の気持ちはあの時から変わっていない。

ずっと君を心のどこかで愛してた。

3年経った今も。

今、俺が一途に人を愛せないのは、君に愛情の全てを捧げたからかもしれない。

今までも、これからも、きっと俺は君を愛し続ける。

変わることがない思いを、俺は身をもって知ったよ。

決して叶うことはないけれど、俺の心から君が消えることはきっとない。

罪悪感と変わらない気持ち、薄れることを知らない記憶を背負って、これからも生きていくよ…

やだやだホント。 

August 31 [Wed], 2005, 12:49
はっきり口で言える人間は、精神的に強いと言われる。

いえない人間は弱いと言われ責められる。

こんな時代だから、手首切ってたって薬飲んでたって良いんじゃねぇの?

結局そいつが自分の中で空回りするだけで、別にその行為自体を責め立てる事ないと思うけど。

他人に迷惑かける人間はどうかと思うけどね。
自分の殻に閉じこもってそうゆう事やってるんだったら別に良いと思うけど。

っていうか、まずは自分の痛さに気づけよ。

誰とは言わないけど♪ 

August 31 [Wed], 2005, 12:47
痛いのはてめぇだ。

ばっかじゃねぇの?ほんとに。

馬鹿馬鹿しい。

今から。 

August 30 [Tue], 2005, 14:00
今日は休みだから、高校時代の友達にでも会ってこようかな。

家にいても暇だし。

行ってきます。

ツルハで。 

August 30 [Tue], 2005, 13:28
こんにゃくゼリー(何)

たまに食べると美味しいんだよね。

はぁ。 

August 30 [Tue], 2005, 12:35
イライラして、しんどい。

やだなぁ。ホント。
2005年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:honey-666
読者になる
Yapme!一覧
読者になる