変形性膝関節症とは

October 17 [Thu], 2013, 21:23
老化によっても弾力が失われひび割れた膝関節の軟骨(骨と骨の間などにあって切り餅のように弾力があり、軟骨組織と軟骨膜で構成されています)に負荷がかかることで、軟骨(加齢と共に擦り減ってしまうことが多く、関節などに痛みを感じることが増えます)が磨り減り関節が変形してしまうと言うのが変形性膝関節症(中高年の特に女性に起こりがちです)です。

変形性膝関節症は、中高年(高年齢者雇用安定法の定義では、45歳以上の人を中高年齢者と呼んでいます)の膝の関節痛(読んで字の如く、関節に痛みを感じることです。関節が痛いのは同じでも、その原因には様々なものがあるでしょう)の要因で最も多いと言われていて、特に65歳以上になったのであれね発症リスクが高くなります。

それに、女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)のほうが男性よりも2倍から4倍くらい発症しやすい疾患なのです。

女性ホルモン(恋をすると分泌量が増えてきれいになるといわれていますね)の分泌量低下、筋肉量、体型など、いろいろな理由が考えられるでしょうが、ハイヒールをよく履いていたり、O脚だったりしたら、膝の関節にかなり負担がかかるでしょうから、注意(頻繁に受けていると、信用を失いかねません)した方がいいでしょう。

また、膝には体重の2倍から3倍の負荷がかかるため、肥満気味であれば痩せることも変形性膝関節症(中高年の特に女性に起こりがちです)の予防に繋がります。

変形性膝関節症(中高年の特に女性に起こりがちです)は、進行すると日頃の暮らしにも支障をきたす恐れがある怖い病気なのです。

最初に、膝を使用した動作を行う時に、軽い痛みやこわばりを感じる程度ですが、段々に痛みが強く長く起こるようになっていき、はれたり水が蓄積されしまうケースもあるでしょう。

安静にしていても痛くなってしまうと、日頃からつらいですし、うごかないことで筋力(適度についていると、かっこいいプロポーションが保てます。最近では、電気刺激でつけられるなんていうダイエット器具もよく売られていますよね)が低下して痛みが酷くなり・・・といった悪循環に陥ってしまいます。

早期発見・早い段階で治療の為にも、五十歳を過ぎて膝に痛みを感じたのだったら、すぐに病院を受診し、レントゲン(体内の状態を調べるための検査だけでなく、撮影した写真を指すこともあります)を撮るようにして下さい。
P R
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:適菜山山山
読者になる
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ヤプミー!一覧
読者になる