【 更新情報 】

 

ホンダ(HONDA)レンタカーについてについて

レンター業界大手には、トヨタレンタリース、ニッポンレンタカー、マツダレンタカーなどがありますが、ホンダ(HONDA)レンタカーもその中のひとつです。

オリックスレンタカー・ニッポンレンタカー・OTSレンタカーは、インターネットからホンダ車優先予約の出来るサービスを行っています。この中で、OTSレンタカーは沖縄だけのサービスとなります。

ホンダレンタカーは、各会社毎に料金設定が違っていることが特徴です。同じ車種を借りたとしても、料金が違いますので注意が必要です。実際に借りる場合には、比較検討すると良いでしょう。

ホンダのレンタカーと他社のレンタカーサービスを比較した場合でも、ETC搭載車の価格やカーナビのある車両、チャイルドシートのレンタル料など、料金やサービス内容ともに、ほとんど横並び状態です。

どの会社も、激安の車種やパック料金を設定し、サービス内容、営業時間でも他社と競合していますので、大差がないというのが現状です。後はブランドイメージや「CMで気になった車に乗りたい」「憧れのあの車に乗りたい」などの車種で選ぶことになるのではと思います。

ホンダ(HONDA)レンタカーの車種と料金体系

オリックスレンタカー・ニッポンレンタカー・OTSレンタカーは、インターネットでホンダ車優先の予約のサービスを行っています。

ホンダレンタカーは、各提供会社ごとに料金設定が違いますので、実際利用する場合には注意が必要です。

オリックスレンタカーで6時間借りた場合には、ホンダライフで4,095円、ホンダシビックで6時間まで6,825円、ニッポンレンタカーで6時間借りた場合には、ホンダライフで5,250円、ホンダシビックで6,510円となります。各サービス提供会社ごとに特徴がありますので、事前に確認してください。

ニッポンレンタカーでは、軽・ベーシックタイプとミニバンワンボックスワゴンタイプに分かれ、料金もそれぞれ安心コースと標準コースがあり、内容が違ってきます。また期間により料金が差が出ます。

オリックスレンタカーは、北海道エリア・沖縄エリア・その他のエリアと地域毎に取扱車種と料金も異なります。料金を知りたい場合には、ホームページからシミュレーションすることができますので、参考にしてみてください。

ホンダ(HONDA)レンタカーのお得な利用法

ホンダのレンタカーで人気といえば、やはり新しい車種です。特に東京や大阪、神奈川などの都市部では最先端の車を扱いますが、これは新しく出た車を、「安いから」という理由で乗る機会を消費者に与えるための自動車販売の営業戦略のためです。

車好きな人というのは、車が変わるだけでこころが躍り、いろいろな車に乗ってみたいと思うものです。中には、エンジン音、回転の上がり方、走り具合を確かめるために試乗感覚でレンタルする人もいます。

ホンダレンタカーはいろいろな割引サービスを行っており、オリックスレンタカーでは、会員の割引制度があります。スタンダードメンバーは基本料金の10%、ゴールドメンバーは基本料金の15%、プラチナメンバーは全てのクラスで15%がそれぞれ割引となります。

ニッポンレンタカーでは、メンバー限定プランから地域・エリア限定キャンペーンがあり、レンタカーを割引料金で借りることができます。

ホンダレンタカーは、ホンダが運営しているレンタカーサービスではないので、各サービス提供会社ごとの違いを知って、お得にレンターカーを利用することが大切です。

レンタカーで巡る北海道

広い北海道は、季節や地域ごとの魅力が盛りだくさんの場所です。

そんな魅力的な北海道への旅は、自分が一番してみたいことや、過ごしたい時間をきちんと計画して、素晴らしい旅にしたいものです。

そんなあなたには、、自分で行き先もホテルも決められるオーダーメイドプランで、ホワイト・ベアーファミリーが提供する、「あなたが創る北海道周遊プラン」がお勧めです。

ホテルは指定料金が無料で36軒の中から、自由に選ぶことができます。さわやかな北の大地を、あなただけのプランで巡ってみてください。また、往復の飛行機は包括割引運賃を適用しているので、旅行代金もお値打ちです。

旅行代金の中には、北海道までの往復の交通費と宿泊費、そして走行距離が無制限のレンタカーの代金が含まれています。しかも、レンタカーはカーナビを搭載していますので、自信がないあなたも道に迷う心配がありません。

ホワイト・ベアーファミリーでは、実際にツアープランナーがレンタカーで巡り企画した、北海道周遊プランのモデルコースを紹介していまので、北海道初体験の方も安心です。モデルコースには、人気の観光スポットや、時間の余裕がある場合にとっても役立つ「寄り道スポット情報」も紹介しています。

カーナビとドライブマップを上手に利用し、あなただけのオリジナルプランを楽しむこともできます。

レンタカーで巡る京都

レンタカーで巡る京都のドライブコースを紹介します。

新幹線京都駅には、ニッポンレンタカーの新幹線京都駅前営業所があるので、そこでレンタルすると便利です。そこを出発し、まず堀川通りを北へ向かい、五条通か四条通を通り、桂川にかかる松尾橋を目指します。

松尾橋の前を右に曲がると、桂川沿いに嵐山の景観が現れます。紅葉の時期には、景色が素晴らしくとってもきれいです。

桂川沿いに北へ5分もドライブすると、有名な嵐山の渡月橋に到着します。この周辺には駐車場が多くあるので便利です。また、ここでは人力車が走っているので、ここでレンタカーを降りて、人力車に乗って楽しむこともできます。野宮神社や常寂光寺の紅葉を、ちょっと違った角度から楽しむことができるでしょう。

嵯峨野一帯には素敵な紅葉スポットが多くあり、祗王寺や、秋になると一面が真っ赤に染まる二尊院などがお勧めです。二尊院の前には駐車できるスペースが少しありますが、紅葉シーズンにはいっぱいになってしまいますので、他の駐車場を事前に探しておきましょう。

二尊院を過ぎると、古い町並みが残る鳥居本を通り、嵐山・高雄パークウェイに入ります。そこから眼下を眺めてみてください。保津川を下る船やトロッコ列車が、一面紅葉で赤く染まった風景の中を、進んで行くところは感動ものです。

高雄の周辺は、京都で一番の紅葉の名所です。神護寺、槇尾の小寺・西明寺、国宝石水院、栂尾高山寺があります。京都の紅葉の特徴は、歴史ある寺や街並みと、真っ赤な紅葉とのコントラストがとても情緒的なところです。

まだ京都へ紅葉を見に訪れたことがない人は、ぜひ一度このドライブコースを参考にしてみてください。

レンタカーで行く美ら海水族館

沖縄のパラダイスレンタカーでは、人気の美ら海水族館のチケットと、ETC付きレンタカーがセットになったお得なプランがあります。

料金は、1泊2日のレンタカーの基本料金、免責補償料、ETC、そして大人2名分の美ら海水族館のチケットがついて、なんと9800円と大変お得です。また、美ら海水族館のチケットの追加が必要なときは、1割引で提供してくれます。

沖縄美ら海水族館といえば、ギネスブック公認である世界一の巨大アクリルパネルを取りつけた、「黒潮の海」が有名です。その大水槽の中では、世界最大の魚であるジンベエザメ、最大のエイ・マンタなどをはじめ、約80種のさまざまな魚たちがゆったりと泳ぎ回っています。

ジンベエザメとマンタが一緒に泳いでいるのは、美ら海水族館しか見れることができないので見る価値は大です。

ジンベエザメやマンタのいる大水槽「黒潮の海」を、水上から見学できるガイドツアーがあり、15時と17時は、ジンベエザメの食事タイムがあります。水上からの餌付けのシーンは迫力満点です。

沖縄美ら海水族館は、沖縄本島唯一のカツオ漁の町として発展してきた、本部町にある海洋博公園内にあります。本部町へはまず、沖縄自動車道か国道58号線を利用して名護に入り、それから、本部半島を一周する本部循環線か、横断する県道116号線を利用します。

循環線は海岸沿いの気持ちよいドライブコースで、県道は山間の美しいドライブコースになります。所要時間は那覇から本部まで約90分です。レンタカーで沖縄旅行するなら、ぜひ美ら海水族館は外せません。