『悪阻』と『好みの変化』 

February 13 [Fri], 2009, 16:36
今現在、妊娠7ヶ月の妊婦です。

妊娠発覚は去年の9月末。3週目の時の発覚でした。
10月も半ばに差し掛かったころ、夕飯の支度をしていると、白いご飯が炊きあがる匂いがダメになりました。
『悪阻』の始まりです。白いご飯、香水、たばこの匂いに敏感になり、お外に出る時にはいつもハンドタオルを口元に被せていたくらいです。

悪阻について、しんどかった時期にいろいろと調べましたが、大体の人は4ヶ月にもなると治まってくるようです。悪阻の時期は、口に物を入れる事が億劫になります。なので、しっかりとご飯を食べる事が出来なくなって、お腹の赤ちゃんに影響が出ないかなぁ…と心配になったりしますが、お腹の赤ちゃんにはご飯をこの時期はしっかり食べなくても影響はないそうです

悪阻の時期は、さっぱりした飲み物(サイダー類)しか飲めず、ミネラルウォーターでさえ臭みを感じてしまって口にすることができませんでした。さっぱりする飲み物ばかりを飲んでいたころ、間違ってカフェインが入っている事をすっかり忘れてしまって、コーラも飲んでました。後で気付いてびっくり。

3ヶ月3週頃、あたしの悪阻はパッタリと治まりました。

あたしは妊娠前、コーヒーを1日に5〜6杯は飲んでました。妊娠してからは、カフェインが入っているから、1日1〜2杯程度にしましょうって色んな本に書いてある。

赤ちゃんは自分でカフェインを分解する機能をもっていない為、カフェインの過剰摂取を妊婦はしてはいけない事らしいです。

そのことを旦那様は知っていて、お腹の赤ちゃんがカフェインまみれになったらかわいそうだ!とコーヒーを飲むのを控えてほしいとお願いしてきました。これは困った

そんなとき、ふとスーパーでコーヒーの棚を何気にみていると、ネスカフェさんのゴールドブレンド「カフェイン97%カット」のビンを発見。
さっそく買って帰り、4ヶ月振りのコーヒータイムを楽しみました。

後々調べてみると、妊婦さんの間で好評なコーヒーらしく、マタニティ商品やベビー商品を専門に扱っているお店でも売ってました。

どこにいくにも、そのコーヒーだけは忘れないようにいつもカバンに入れて持ち歩いています

スターバックスでは、カフェインレスにしてほしいとお願いすると、快く受けてくれます。そのことを知ってから、よりスターバックスが大好きなあたしです。

あたしは妊娠をして、味覚や食べ物の好みが変わりました。

まず、自分でも驚いているのが、『納豆』。妊娠前にも食べようと何回かチャレンジした事があったんですが、食べることが出来ず、マズ過ぎて吐いてしまう始末だったのが、妊娠後、身体にいいからと再度チャレンジしたところ、普通に食べることが出来ました。

セロリやトマトも苦手だったのですが、妊娠後は普通に食べれていて、おいしいとさえ感じてしまう程です。

妊婦食と言って、味が薄味なものをたくさんバランスよく食べる事がいいといわれています。旦那様も一緒に妊婦食を食べると、旦那様も健康になって、メタボリックになりづらくなるそうです。

妊婦の身体は毎日毎日変化しているんだなと、妊娠してからしみじみと考えているあたしです。
P R
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:温泉たまご
読者になる
2009年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新コメント