September 

September 08 [Fri], 2006, 1:45
どうなんでしょう。

このブログが曖昧すぎてこの先の動向に悩みます。

あと風邪がしんどいです。
寝てもそれでも風邪は風邪として働きます。

夜になると多少は楽になる気がします。

昨日も風邪でバイト早く上げさせてもらったのに
バイト先の上にあるメキシカン料理屋に友達がいたので
普通にそこで1時間も過ごした自分はどうかと思います。


一度落ち込むなら
もう足掻く気もしなくなるぐらい
落ち込みたいと思う

季節が変わるたび目を回す

奇麗事に泡を吹く


「Hey, Johhny Park!」 Foo Fighters

カオス、サンライズ、ショット 

August 17 [Thu], 2006, 3:00
お盆の河川敷でバーベキュー

あっつい中よくやるものよ、と遅刻した
日に焼けたくないし、固いもの食べられないし(歯のせいで
でも飲むだけ飲んで来たので別に良し、花火もまたやったし

もう今年は花火やるのも見るのも飽きたといっても過言ではない
適度な情緒でも残してまた来年ということでいい

川でテキーラを割って飲んでたけど不味かった
夜は飲み行ってショットで締めてきました

飲んでるはずなのに感覚がさえてるのか眠れない
雨の音と何処かの家の風鈴が耳障り

「Funky Monks」Red Hot Chili Peppers

8月全然日記書いてないや〜 

August 15 [Tue], 2006, 2:49

この夏行きたくない場所ナンバー3にランクインしていた歯医者についに行きました

歯が痛いと集中に欠けるので

お盆休みなのにたまたま居て親切にも診てくれたのですが

院長子供連れ

お子さんうろちょろしてる中で治療してた

「子供に親の働く姿を見せてあげたい〜…」とのこと

色んな意味で良い歯科医さんだなあ と


ちなみに行きたくない場所ナンバー1はバイトです

天気が崩れてるっぽいんですけど
終戦記念日っていつも晴れてる気がするのは何故?

「Snowden」Doves

TVの中ではない隅田川花火大会 

July 31 [Mon], 2006, 0:56
土曜にいきなり行きました隅田川の花火に

小さい頃からテレビの中でやってる花火大会
ヘリが映し出すだけの花火大会

もっとすごい田舎っぽい川沿いとかで見るものだと思ってた ら

おもっきしビルと人の隙間から見た
でもすごかった、打ち上げ方が半端なかった
地元の花火大会でゆうフィナーレ級ばかりだった

計画性ないので15分も見てないのですが
ちょっと見ただけでもう満足した

終わった後、人の流れに逆らって橋まで行って、
屋形船やらあのアサヒの泡のオブジェ見たり
あんず飴を食べて浅草寺行って水風船とってもらって
激しく水風船を打つ?ことにはまって
夜の下町の雰囲気を満喫

お祭り実感

パキパキって折って光る腕輪が欲しかったのに無かった
あれ今流行ってないのか〜、と悔しがってたら
あれほどしょうもないものもないと言われたので
浴衣の袖から光るあの腕輪の美学を説明しといた

あの光る腕輪は小さい頃から確立していた祭りの美学といえよう


とかいっても浴衣着てってなかったのですが
昼は中途半端に忙しかったので画材抱えたまま見に行った


行く時の電車でビールを開けて飲んだ
若さ故の行為
ビールはあまり飲まないのですが
こういう時は本当に美味しく感じる不思議

お祭り好きな自分を思い出した

いきなり暇な夜と読みかけの本達とピンクフロイド 

July 28 [Fri], 2006, 23:41
水曜会議は夏休みから金曜深夜に変更になり
話し合いもせず深夜のファミレスで賭け事になった先週金曜
見事大負けしました、トランプ如きで

今日こそは復讐のつもり、が、皆予定合わず中止

おかげでゆっくりとした夜を迎える事が出来ました
溜まった読みかけの本を一気に読もうとしているのですが、
村上春樹と、ドストエフスキーと、ダンブラウンの
あらすじや登場人物さえ思い出せず、苦労

ねじまき鳥クロニクル(中)、羊をめぐる冒険(下)
カラマーゾフの兄弟(上)、天使と悪魔(上)

なんでこんなにも妙な読み始め方をしていたのだろう
そして難解な本達をなめすぎだ

「Astronomy Domine」Pink Floyd

シド・バレットがなくなったらしい
なので、ずっとピンクフロイドをかけてますが
Echoesはいつ聞いても本当寒気がするんです
そういえば昔書いた詩もEchoesってつけたな
響きも好きだったから
恐れ多い事をしたものだ

そういえば今日も先生と飲んだんだった 

July 26 [Wed], 2006, 5:29
七月も終わりを迎えます

とても、遊びすぎた、夏の始まり、気付かず始まっていた夏

蝉がなかなか鳴かない、梅雨の終わりを気にしない

もう会いすぎた、会いすぎて飽きた、それでも無条件に続いて行く

突如怒りが込み上げてきたあの日が次の日にはキレイさっぱりしたのは

ちっぽけな怒りだなぁと思うくらい他に大事なことを思い出したので

立ち直りというか切り返しの早さには定評ありで

だから甘えた訳でない、居なけりゃ駄目って訳はない

強がりでなく、ドライ、無害なドライ

流れていくか、もがいていくか、溺れていくか

溺れるほど諦めはないし、流れるにも捨てきれないものがありすぎる

どうやら寝ようとする前に朝を迎えてしまった、夜の負け

でも日付が変わっても夜が明けても途切れるものは何一つない

閉じようとしてるのは、意識か、過去かどちらか

閉じる必要もないし、寝ることは義務でもないのにな

眠るのは勿体ない、と今は思える



そういえば私は三年ぐらい前から手帳に日記を書いているのですが
生まれて初めて人に公開しました
というかお互いの日記を音読しあってました
痛い二人だなーと今思いますが
どうやら私のリアル日記は女子高生並みの文章力らしいです
でも情景描写とかしてもおかしいのでやはり感情描写しかないと思います
人に公開する目的のない日記は自分で理解出来る範疇でいいのです
雨の降らない七夕は数年ぶりだ、とかキザったらしい文章は
ヤツらしくそして気持ち悪かったです
パソコンで日記をつける皆はアナログでもきちんと日記をつけるのですかね
ペンを握り日記を書くといつも漢字が書けなくて脳の衰えを感じます


最近朝のカフェで読書するのが好きです
さすがに朝から友達同士で来る客はいないので
そこらの安いカフェでも静寂が得られます
高校の頃、朝からコーヒーを飲むサラリーマンを横目に
どんだけ余裕なんだよ、と突っ込みを入れてましたが
今ならわかる、この朝の究極の静寂、そして一日の始まりの貴重な束の間

なんだか長くなりました


「Hit The Floor」 Linkin Park

自称ネガティブな自分は実はネガティブでないらしい 

July 19 [Wed], 2006, 5:08
でも苦悩して生きてない人とはわかりあえない
どこか影を持ってたりした方がいいと わたしは思う。


この一週間で沢山飲んだり遊んだりまともに家にいない自分は

失ったり取り戻したり迷ったり愚痴ったり諭されたり学んだり。

互いの制作の為にファミレスで朝までいたり
でも作業中も口は暇なので山手線ゲームをしてましたが
未だに都内23区が全部言えない二人は田舎っぺですか

人をたてる飲みというのが嫌いな私が先生と飲みに行ったり
実際沢山の事を学んでぶっちゃけてどこかすっきり

この一週間あまり三人の先生と三回飲みに行きましたが
一番年配の先生と飲んだのが一番楽しかったです
しかも私と友達と先生三人飲みだったのですべて奢り

今だけ、こんな生活出来るのは、と思っていましたが
さすがに最近は本当に度が過ぎます。


でも限られてるものと限られてないものは
どっちが多いのだろう?

時間、命、たくさん限られてるけど、
人間は自由だし創造できるし可能性に満ちてるしなぁ、
などと、また途方もない妄想をして寝よう。


「Gong」 Sigur Ro´s

バイト代、2ユーロ 

July 03 [Mon], 2006, 4:33
ふたたび五時寝という理不尽な生活です

こんな予定じゃあないはずなのにの繰り返し

友達Aと別れて家路に帰る途中に呼び出され
友達Bの仕事のイラストの色付けの手伝いを頼まれ帰れない
友達Bと友達Cで友達Dの家を勝手に占拠
友達Dは不在、のちに友達Eと帰ってくる
友達Cは自分の課題をやり、残りの皆でそれぞれ自分テイストに色塗り

ていうか皆いい人すぎると思います

家を荒らされ哀れな友達Dが今更春休みのおみやげをくれました

2ユーロ硬貨(300円弱?)です

調べたらギリシャの硬貨でした
ふと考えるとまったくもって安い賃金で働いたことになります

ていうか皆いい人すぎると思いました
友達Bのお礼に期待して寝ます

まとめ日記を書きながら 

July 01 [Sat], 2006, 3:36
課題をやろうと思います

まず無事に伊豆っていうか静岡一周出来ました

ハードであって無計画であってタフであって
学生ならではの無茶苦茶さも垣間見て
それでもハシャいで青春して
ちょっと帰るのが淋しくなってでも疲れて
都内戻ってからも解散せずにトランプ勝負を4時まで続けて
結局何時間ろくに寝ずに遊んだんだろう

とにかく色々回って色々見て色々感動
みなとみらい、茅ヶ崎、箱根に寄り道しつつ
あと皆を恐怖に陥れた運転も割としなかったと思います

伊豆は海、下田の海鮮がとても美味しかった
北海道よりやたらと安いし感動的
フェリーも感動した
欲を言えば一泊したかった
旅行の一日ってすごい長いと思うからいいけど

そんなワケで今週は疲れもとれないまま過ぎて行きました
課題っていうかドイツvsアルゼンチン戦、見てたし

それにしても夏を楽しみにこれからいける気がするのです

気持ちとは裏腹に 

June 24 [Sat], 2006, 4:44
準備をするのがとてもめんどくさいのです

今日の深夜からレンタカーで伊豆に行ってきます
行き当たりばったりのいつものメンツです
そして誰も仕切らない

昔から旅行などの準備をするのが苦手です
何を持ってったら良いのかなど
わくわくする人になりたいです

免許取得祝いといってくれても
きっとそんなに運転させてもらえないと思います

てか練習したいから運転するといった自分も自分です

東名あたりで男女四人が事故ってニュースにならない事を祈ります


「Parmanent daylight」 Radiohead