「住宅ローンのつなぎ融資について教えてください。現在建築中ですが、銀行の住宅ロ...」を読んでみました

October 31 [Mon], 2011, 11:49
住宅の資金計画について調べようとすると、リンク切れだったりする事が多く
必要な情報とは決して多くはありません。

小さな情報でも資料として記録しているのが、このブログです。

その時の興味によって、内容がぶれる事もありますが
可能な限り一貫した情報をまとめてゆきたいと思っています。

住宅ローンのつなぎ融資について教えてください。現在建築中ですが、銀行の住宅ロ...
住宅ローンのつなぎ融資について教えてください。現在建築中ですが、銀行の住宅ローンが始まる前につなぎ融資をしてほしいと住宅メーカーから依頼を受けました。内容は
仮登記(抵当権)承諾書並びに委任状、買替えつなぎローン返済期日延長依頼書、買替えつなぎローン申込書、団体信用生命に記載してあと印鑑証明と施主の健康診断書を提出して欲しいとの事でした。
団体信用生命は万が一のときの保険だというのは分るのですが、つなぎローンを締結して住宅メーカーに支払をして、名義を施主個人にしてから銀行の住宅ローンを受けてつなぎローンを支払うと書いてあります。つなぎローンを締結する条件としてつなぎローンの金融会社が不動産に抵当権を設定すると、銀行の住宅ローンが実施になって担保に第一抵当権を設定出来ず銀行の住宅ローンが受けられないのではないかと思います。

あと、つなぎローンの手数料が発生しますがこれは誰が支払うべきものなのしょうか?

ほかに注意すべき事項がありましたら教えていただけませんか?


- 回答 -
通常、まだ住宅ローンを申し込む前に、全体的な資金計画の話があってしかるべきです。
そのなかで支払いのタイミングと、中間での資金不足をどう補うかを話し合うはずですから、
建築が始まってから「ローンの手数料はだれが払うの?」なんてことになること事態が変です。

つなぎ融資は、住宅ローン実行前に資金が必要なばあい、特別に組む短期のローンです。
で、資金計画は建前上建主と金融機関で決めるべきものですから、
つなぎ融資をどのタイミングでどの程度の額を組むかは、住宅屋は本来関係ありません。

住宅屋は、「いついつにいくら支払ってください」というだけ、なのが本当です。
その資金を自己資金でまかなうか、親から援助してもらうか、つなぎ融資を申し込むかは
あなたの自由。だから、つなぎ融資を申し込むというのも「住宅屋から依頼されたから...」
というのは本来の姿かいいうと間違い。

あなたが、あなたの意思でつなぎ融資を申し込むのだから、当然手数料も金利もあなたもち。

本当は、そのつなぎ融資にかかる経費まで含めた資金計画をしておかないと、やばい。

だって、つなぎ融資を限度いっぱいまで組むと、つなぎ融資の金利だけで数十万になるよ。

もう一度、きちっと資金計画すべし!!

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)


オススメ
家相の覚書・土地相
家相入門
住宅 資金計画



www.flickr.com