祝・小説ブログ(?)初開設 

2005年10月07日(金) 19時24分
HOMELANDというゲームの小説(?)書きます。(チビなのでかなり内容は薄いかと)

キャラ紹介
主人公
レグ
種族
ピノックだが、癒しの力をねじ曲げ、破壊の力に変えて敵を一掃する秘技がある。
なぜかイ系統魔法が使える。
外見
魔術師系のクローク 青い髪 緑の目
性格
熱血(?)漢 家の外(クローツへいげん)で遊んでたら泉に落ちるなど、ドジな面も。
目をつぶっていても周りのものが見えるが色は見えない。

ガル
種族
ミル。魔物の事をしらなかった幼いレグの家に入ってきたので
レグがペットとして飼っている。
人語を理解し、人語を少し話す。
得意技 説得(魔物同士で話し合い、うまくいった魔物が、魔物を攻撃するようになる。)
外見
青色 ピンクの水玉模様 スライムのような体型
性格
何にでも興味を持ち、すぐに近づきにいく。
魔物なので頭はあまりよくはない。

シン (僕のHOMELANDのメインキャラ名だったり)
種族
ココットの少年。なぜかクローツにすんでいる。
レグの幼なじみ。殻にこもった状態でガルがシュートする連携技が得意。
外見
卵のような形 その中の黒い部分が顔(文だけではきもちわるそうかもしれないけどかわいいです。)
性格
恐がり めんどくさがり (最低だy・・・ぴぎゃ!ガスボキバコ)

追加するかもしれません。

第1作目「種族の争い?!」第一話 

2005年10月07日(金) 20時03分
第一話「修行」
クローツ平原
レグ「てや!うりゃ!」
レグ「疲れるなぁ」
シン「そんなことで旅ができるわけないよっ!」
レグ「わかってるよっ」
レグ「やっぱ必殺技みたいなのがほしいんだよな」
シン「物語じゃああるまいし・・・」
レグ「癒しの練習しに泉井行くかな〜」
清めの泉
レグ「泳げば何かつかめるかも」
シン「遊びたいだけ?」
レグ「んなわけあるか!(図星だけどな)」
レグ「じゃっ」
レグは泉に飛び込んだ
レグ(ううううううううううう・・・・・・・息がぁ)
シン(はぁ・・・めんどいな・・・でもおぼれてる)
シンは泉に飛び込んだ
レグ「クラクラクラクラ」
シン(ったく・・・)
クローツ平原
レグ「癒しを自分に・・・」
レグは回復した
敵にも〜
クローツ平原の魔物に500のダメージ
ミル・アミル一同「ぴゃっ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(いくら雑魚でもここまでやるなーーー)」
レグ「わーもう一回」
ミル・アミルは復活した
ミル・アミル一同「ピャピャピャ・・・ぴゃーーーー!」(ククク・・さっきの仕返しやらせてもらうぜ)
レグに0のダメージ
ミルたちはびっくりして倒れた
レグ「破壊の力になるときとすっごいいやしのちからになるときか・・・」
シン「破壊の力は癒しをどうにかしておかしくしたんだろうね」
レグ「俺は・・・ファルのおかげだと」 (気にしないで ミスです ってかだれだよ!)
うーん・・・・・・
???1号「ついに見つけたぞ!伝説の騎士の血を引き継ぐピノックはおまえだな!」
???2号「こいつの血をザード様に投入すればザード様はこの世の無敵に」
???一同「さあ おまえもきてもらおう」
ガル・レグ・シン「いやなこった!」
ガルとシンの連携技!
200のダメージ
レグ「はうぁぁぁぁぁl・・・」
???1号「まっまさかあの技を」
レグ「うおおおおおお!」
???一同は倒れた
レグ「こいつらを物知りのキロの学者に見せよう!」

予告編
いきなりおそってきた敵を倒した。
でもそいつらの目的は?!
真相を確かめるためにキロに・・・
レグ「まずはカネルからだな」

じかいにつづくぅ!

第一話改造編(お笑い?) 

2005年10月07日(金) 21時00分
第一話「しゅぎょー」
クローツ平原
レグ「ぅらぁぁぁぁぁぁぁっぁぁ!」(棒を振り回す)
シン「あのさ・・・いきなり最初の台詞がこうとは・・・作者も適当に書いてるな・・・」
レグ「ちゃーーーしゅーーーーめーーーーーーん!」(ぉぃぉぃ しかも無視かよ)
ガル「シン〜〜!覚悟後ぐそdjgdhj」(語尾の言葉なに?!)
シン「うわわわわっわあわわわっっわあ(作者・・・頼むからまじめにやりやがれっ)」
シンは鉄壁の守りを使った
ガルはテニスラケットを構えた
シン「ぉぃっ!俺はボールじゃ・・・」
ガル「サーブ!」
シンはレグに直撃した
レグ「むかっ」
シン「まて!俺がわざとぶつかったわけでh・・・」
レグは卵焼き器を取り出した
シン「うぎゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!」
シン「こんなもので焼かれて生きてるのは世界で俺だけ・・・」
シンは反射バリア×∞と鉄壁の守りを張った
ココタン(ココットの子供)「卵ごっこしよ〜」
コー「おけ!」
じゅわ〜
二人「きもち〜」
シン「んなばかな〜〜〜〜〜!」
シン「それよりも・・・いってぇ・・・」
レグはアーボ(ポケモン?!)を繰り出した!
シン「作者ぁぁっぁ!ストーリー考えとるのか!」
作者「考えてねーよ」(実話)
アーボの卵のみ
シン「ぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇl!がはっ」
おしマイ

第1作目「種族の争い?!」第2話 

2005年10月15日(土) 9時41分
あらすじみたいなの
意味不明の騎士が襲ってきた! レグはもっと意味不明な破壊のちからで騎士を倒した!
そいつらの正体を調べるためキロの学者の家に向かう〜
とりあえずカネルに行かなきゃ!
第2話はじまり〜

カネル平原
レグ「カネルに行こう!」
シン・ガル「オーケー」
レグ「このまま道沿いに進めばいいはず・・・」
カネル街道
レグ「こっ・・こんなことって・・」
ゴーレム「ウゴ!」
白テールン「アラヨッ!」
シン「魔物同士戦ってるぅ?!」
ガル「第一こんなとこにゴーレムなんか生息してねえよ・・」
レグ「魔物同士戦ってたり・・・もしかしてあのとき襲ってきたやつが言ってたザードってやつが関係あるのかも?!」
カネル
ばいかけや「いっらしゃいいらっしゃい!ばいかけやだよ!当たれば天国はずれりゃじごく!」
レグ「思ったよりにぎやか・・・」
シン「あいつがうるさいだけじゃないか?」
フードの背が高い男「大変だ!バルク城がザードってやつに占領された!」
レグ・シン・ガル「な?!」
レグ「どういうことだ?」
レイク「あっ僕の名前はレイク。ユニコーンです。」
レグ「あいつらはバルク城を占領したやつの手下・・・」
レイク「あの・・・ザードに何か心当たりでも?」
レグ「この前そいつの手下が俺をねらってきた」
レイク「僕も未熟ですが騎士です。一緒に行かせてください。」
レグ「エンデパルナ一番の大都会から来たんだったらいろいろ知ってそうだしな」
レイク「なら地下道から行きましょう。」

次回予告
レイクってやつが仲間に! バルク城にいけばなにかわかるらしい。
次の目的地はウル!

第一作目「種族の争い?!」第三話 

2005年10月26日(水) 14時16分
前書き
このブログのこと忘れてたあああああ!(本体のブログばっかり見てた・・・)
じゃ、行きます。

カネル地下道
明治メイジ「ヒャッ!」
レグ「は?」
メイジ「ホドン」
シンは卵焼きになったシン「あちちちちちちちちちち!」
レグはメイジを剣で攻撃
メイジは杖を落とした、逃げていった
シン「何がやりたかったんだよ!俺にホドンうっておいてさぁ!(怒)」
レグ「おさえておさえて」
毒ゴーレム「ウゴァァ!」
シン「うげ?!」
レイク「うりゃぁ!」
レグ「強ぇぇぇぇぇよおまえ」
地下道図書室
レグ「ここの敵を倒したら何か調べていこうぜ」
メイジ×5「ヒャァァァッァァァァッァアァァァッァァアァl!ホホオホオホホホh!」
レグ「うわっ・・・・」
シン「まって?熱がない」
レグ「幻の魔法?!」
シン「まてよ こんな下級モンスターがパラの下級魔法つかうなんて・・・」
レイク「ザードは時と物質の魔法と剣の技に優れているらしいです。」
レグ・シン「あっ! つまりザードが時を操りメイジが強かったときの時代を!」
レイク「そういうことさ」
シン「話してる場合じゃねえぜ・・・」
レイク「囲まれたか・・・」
レグ「まかせて!あのときの破壊呪文を・・・」 
ー魔の力時にはすべてを守るー
レグ「はぁぁぁぁぁ!」
あたりのモンスター全滅
レイク「今のは・・・ 伝説の騎士の・・・」
レグ「俺の祖先が英雄だったらしい」
シン「さっ、何か資料を見つけよう」
レグ「これは・・・違う この本は・・・違う あ!俺の祖先が出てる本が!」
シン「え?!」
レグ「昔々・・・すべてはザードが支配していた頃」
シン「はぁぁぁぁぁ?!」
レグ「本の中身が変わってる?!」
シン「間違いない!ザードはタイムスリップしておまえらの祖先を消して」
レイク「僕たちをこの世界から消そうとしている ということかな?」
レグ「もう手遅れ?」
???「世界で後一人、世界を越える魔力の持った人 知っております。」
レグ「え?!」
P R
2005年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像シン・管理人 追記
» 第一作目「種族の争い?!」第三話 (2005年10月31日)
アイコン画像シン:管理人
» 第1作目「種族の争い?!」第2話 (2005年10月26日)
アイコン画像シン:2
» 第1作目「種族の争い?!」第2話 (2005年10月20日)
アイコン画像シン
» 祝・小説ブログ(?)初開設 (2005年10月08日)
アイコン画像アイズン
» 祝・小説ブログ(?)初開設 (2005年10月08日)
カテゴリアーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:homeland
読者になる
Yapme!一覧
読者になる