ていうか 

December 17 [Mon], 2007, 0:43
安心しすぎでしょ(-_-#)


放置しすぎでしょ(-_-#)


わたしなら安心、一途だからって、何を根拠にそこまで思い込めるわけ?


大切にされてるんだかどうでもいいのか分からなくなってきた。








別れようかな。


とりあえずクリスマスの予約が終わったら。












別れよう。

何だ簡単なことじゃないか。



大事なひと 

December 15 [Sat], 2007, 2:34
失いかけて初めて分かる。


辛いから不安だから怖いから


そんな見えない先のことばかり想像して、考え込んで、



相手を信じる前に違う人の処へ行った











でも、やっぱり








ちゃんと待っていれば良かった。

















彼の彼女になりたかった。









今の彼ではなく、不器用なあの彼の。

眠れない 

November 28 [Wed], 2007, 1:54
恋愛さえうまくいっていれば、何があっても人生楽しいんだって思ってた。


でも、そんなワケないよね〜。




確かに





妙な焦りとか孤独感はなくなるけど












寂しいことには変わらない。











眠れない…

出会って、出逢うこと 

November 24 [Sat], 2007, 0:59
遠回りしたけど、こんなに大切な人と出会えたことが奇跡。


幸せ過ぎて涙が出てくるよ。



ぎゅっと抱き締められること


唇にキスをくれること


今までの人とはとても怖かった。

一緒にいても、不安ばかり募った。








でも、あなたは違うんだよね?










あなたとなら大丈夫。















大好きだよ。

気持ち 

October 30 [Tue], 2007, 2:11
何か、やばいね。


気持ちがふわふわして、あったかくて、幸せだなぁって実感して、でもやっぱりちょっと不安で。



恋って、いいなぁ。

愛されるって、しあわせだなぁ。









好きだよの4文字って、量り知れないパワーを持ってるんだね。

日々 

October 28 [Sun], 2007, 1:58
いろんなことを真剣に考えると



涙がでてくる位煩わしいけど











でも逃げずに頑張ろう。


















あしたになったらきっともっと頑張れる。

イラつく。 

October 11 [Thu], 2007, 1:14
もう彼に恋愛感情なんかないくせに、擬似的にでも恋をしていたいから、彼に期待をしてしまう。

彼じゃなくても良いのに、身近にいるのが彼だってだけなのに、どうしてこんなに期待をして、そして勝手に傷付いてしまうんだろう。


彼はわたしの1番嫌いなタイプ。

勝手だし、自己中だし、相手の気持ちを理解しようとしない。
気分屋だ。


彼を好きだった頃は、そんな態度についていけなくて、辛くて泣いた。


もう彼を愛しいと思う気持ちはミジンもなくて。


でも彼には側に居て欲しくて。








わたしは何がしたいのか、わからない。







もう何にも、わからない。

じかんつぶし。 

September 25 [Tue], 2007, 23:32
やることなくてヒマなのに、眠たくもなくて。





どうしようかなぁ。

やりたいことが浮かばない。

好きなひと 

August 28 [Tue], 2007, 0:34
わたしはきっと、ほんとうに人を好きになった事がないのだろう




いつも曖昧で、あやふやにして、自分に都合のいいところまでしか相手と関わりを持たないで







そうやって自分を守りながらでないと、ひと と向き合えないなんて








情けないけれど それが、わたし なのでしょう



 

August 21 [Tue], 2007, 16:33
タイミングがあわない私達だけど

なぜだか縁はある







つらいときには甘えていいよ。

わたしがつらいときには、頼ってもいいかな?








このくらいの距離がちょうどいい
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nao
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:A型
読者になる
素直なことばを 紡ぎたい*

どんな時も

わたしのことば で
2007年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31