平屋

October 19 [Wed], 2016, 22:02
バリアフリーを意識した家を建てる場合、究極は平屋の一戸建てでしょう。

しかし平屋は田舎でない限り十分な土地を確保はなかんか難しい面があります。

一般的な一戸建てでも階段の幅、確度や段差のないフラットな設計、などを意識すれば十分バリアフリーな家にすることは可能です。

また現在はそのような設計になっていなくてものちにバリアフリーにリフォームが可能な間取りであるといいでしょう。

輸入住宅

September 20 [Tue], 2016, 19:38
家造りは、四つの要素でなっています。

予算、構造、断熱の方法そして依頼先(造り手)です。

それらの選択の翻み合わせによって住み、心地、耐久性、安全性が大きく変わります。

予算が少ない場合には、とくに依頼先の選択には慎重を期すことです。

大量生産販売の家造りや輸入住宅は、構造と断熱の方法に無頓着な人々によって支持されているものです。

デザインや設備やインテリアなどの表面的、機能的な部分は、それらの選択が済んだ後から取り組む問題です。

高齢化

August 20 [Sat], 2016, 15:57
高齢化が進み、在宅看護が必然化する時代の家の中では、住み心地に対する我慢や諦めは、これまでとは比較にならないほどにつらく惨めな思いがするでしょう。

造る側の都合のみを優先し、単に性能評価を自慢して大量生産販売される家の20年後の様々な問題点がはっきりと見えてくるのではないでしょうか。

それさえ見えれば、いい家というものもまたはっきりと見えるようになるはずです。

それは住み心地という価値にこだわって、環境との合意が得られ、20年後の評価に耐えられ、老後をしっかりと支えてくれて、しかも孫たちに喜びと感謝をもって引き継がれていく家です。

住まいの選択

July 28 [Thu], 2016, 19:25
若いうちに賃下げにあう可能性だってないとはいえません。

現実に厚生労働省の調査では、全体の7.3%に当たる企業が平均賃金の引き下げを実施しています。

従業員数が1000人を超える大企業ではその割合は4%台にとどまりますが、100人〜299人の親模の小さい企業では8%台の高い水準です。

12社に1社は賃下げしている計算ですから、安心できません。

せっかく家を買っても不安が付きまとうような返済計画では生活は豊かになりません。

兎に角情報を集め自分の収入に見合った物件を選びましょう。

おすすめはこちら
P R
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント