みおの赤塚

January 29 [Fri], 2016, 13:51
「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。



自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。
そのため、歯そのものを抜いてしまうと、差し歯は利用しようがないということです。一方、インプラントは原理が全く異なります。


これは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。



原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。近年市民権を得てきたインプラント。人工歯の組成には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。人工歯の製作には、高い技術と美的センスが要求される作業です。


いわば一点一点がオーダーメイドですから、技術的なコストもかかり、従来の金歯よりも高額になるのです。希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず検査の段階で断られることもあります。ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするならもう少し粘ってみてください。最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば従来はできないといわれていた症例でも相当数が治療できるようになってきました。現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、十分調べてください。インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。
全身麻酔になることはほとんどありません。

ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。


また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。


腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院することや、複数の病院で手術することもあります。このような難しい治療を行う場合、長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。インプラント治療も医療行為ですが、ほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり治療費を収入から引くことができます。確定申告で忘れてはならないのは治療のたびにもらっている領収書が医療費を払った唯一の証明ですからなくしたら再発行はできないと考え、暦年単位で、大事に保管しておきましょう。

歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。
自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の歯根からあごの骨に埋め込んだ義歯と人工歯根のことです。インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。



インプラントだと歯の根元が骨に埋まっているので違和感が比較的少なく、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。

なお、インプラント治療は全て自費となり、その治療にはどうしてもお金がかかります。歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗してもやり直しできないことが多い点です。入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。
インプラントの埋入も、骨を削るので埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。
歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。日々のケアが欠かせません。
毎日、しっかりブラッシングすることで完璧なプラークコントロールが必要で、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが欠かせません。
どんな堅牢なインプラントでも、日頃のケア次第で歯周病などのリスクが増します。様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。

独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど全ては歯科医の裁量にかかっており大きく違ってくると言うべきです。
この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だと言えます。良く検討した上で、歯科医を選ぶことが治療全体の大きな部分を占めます。気になるインプラント手術の内容とは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。



入れ歯などの方法と比べると、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの熟練の技を置いて語れません。患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。インプラント埋入手術の直後、自分の歯がうずく反応もよくあります。


手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが多いです。



実は他の問題が隠れていたということもありますから、特に手術後は、異変を感じたら放っておかずに歯科医にみせることで早めの対応をしていきましょう。

自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。



もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって費用の差になってきますので、費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。



できればいくつかの歯科医院を比べ、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。
忘れないで欲しいのはインプラント治療を受けた方からの評価です。
近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。
一般的なインプラント治療は、段階が大きく3つに分かれます。

まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。
あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというのがだいたいの流れです。人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。


義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。インプラントは人工歯なので虫歯になる可能性はゼロですが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングが必ず求められます。



しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、インプラント周囲炎を起こしているかもしれません。感染が重篤化する危険性があるので至急歯科医にかからなければなりません。新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。

その耐用年数は、生涯持つと言われることが多いのですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。ろくに歯磨きもしないでいると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数も左右されてしまうのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:希愛
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/holueet6pqfi9y/index1_0.rdf