シャーロック・ホームズの私設研究サイト「シャーロッキアンへのはてしなき道」のブログです。

謹賀新年 / 2008年01月04日(金)
あけましておめでとうございます。
今年も「シャーロッキアンへのはてしなき道」ならびに「ホームズ日記」をよろしくお願いいたします。

ホームページはなかなか更新ができていませんが、昨年末もドイル傑作選を読んだり、ピーターラビットを見てイングランドの田園風景に想いをはせたりと、ホームズの世界からそう遠くないところをフラフラ漂っていたりします。
 
   
Posted at 14:41 / 日記 / この記事のURL
コメント(0)
Two Plays / Oxford Bookworms Playscripts / 2007年06月07日(木)

英語の勉強と趣味をかねて、4月から洋書の多読を始めています。

LRと呼ばれる英米の子供向け絵本や、GRという英語学習者向けのペーパーバックを読んでいます。色んなジャンルを読んで見た結果、やっぱり自分にはミステリが一番面白い! というわけで、私でも読めそうなホームズ物の洋書を探して買ってきました。

Oxford University Press から出版されている Oxford Bookworms Playscripts の STAGE 1 です。 赤毛連盟と三人の学生の二編が収録されています。

まだ読んでいないのでこれから楽しみです。感想はまたこちらに書きます。

 
   
Posted at 00:43 / 日記 / この記事のURL
コメント(0)
Yahoo!動画 / 2006年11月26日(日)
Yahoo!動画で「シャーロック・ホームズの冒険」を無料で視聴できるようです。

期間限定で11月30日まで。
これは素晴らしい!

---
12/10追記

11/30で配信終了なのかと思っていたらまた期間が延びていましたね。
嬉しくなって「ボスコム渓谷の惨劇」を鑑賞してしまいました。ビデオも持ってるんですが(笑)
http://streaming.yahoo.co.jp/p/t/00012/v00595/
 
   
Posted at 20:21 / ホームズ情報 / この記事のURL
コメント(1)
光文社の全集 / 2006年11月22日(水)
正典のページに光文社文庫版の全集を追加しました。今後の作品が楽しみです。
 
   
Posted at 22:02 / 更新履歴 / この記事のURL
コメント(0)
切り裂きジャックのモンタージュ写真 / 2006年11月21日(火)
Yahoo!のサイトを眺めていたら、ロンドン発のニュースで切り裂きジャックのモンタージュ写真が作成されたとの記事がありました。 120年も前の事件の写真が公開されるとは驚きですね。
 
   
Posted at 23:54 / 日記 / この記事のURL
コメント(0)
光文社文庫 新訳シャーロック・ホームズ全集 / 2006年11月19日(日)

今年から続々とリリースされている光文社文庫版の全集ですが、現在のところ4冊出ているようです。ぜひとも揃えたいものです。

緋色の研究
アーサー・コナン・ドイル著 / 日暮 雅通訳

シャーロック・ホームズの冒険
アーサー・コナン・ドイル著 / 日暮 雅通訳

シャーロック・ホームズの回想
アーサー・コナン・ドイル著 / 日暮 雅通訳

シャーロック・ホームズの生還
アーサー・コナン・ドイル著 / 日暮 雅通訳

 
   
Posted at 00:09 / ホームズ情報 / この記事のURL
コメント(2)
光文社文庫版 シャーロックホームズ全集 / 2006年02月14日(火)

光文社からも日暮雅通氏の翻訳でシャーロックホームズ全集が発売になっているようですね。今後のリリースが楽しみですね。

シャーロック・ホームズの冒険
アーサー・コナン・ドイル著 / 日暮 雅通訳

 
   
Posted at 12:13 / ホームズ情報 / この記事のURL
コメント(0)
シャーロック・ホームズの息子 / 2005年09月13日(火)

9/28に「シャーロック・ホームズの息子(上・下)」(著:ブライアン・フリーマントル、訳:日暮雅通/新潮社)が発売になるようです。

シャーロック・ホームズの息子 上
フリーマントル〔著〕 / 日暮 雅通訳

シャーロック・ホームズの息子 下
フリーマントル〔著〕 / 日暮 雅通訳

 
   
Posted at 12:44 / ホームズ情報 / この記事のURL
コメント(0)
詳注版 シャーロック・ホームズ全集 / 2005年09月05日(月)
ちくま文庫の「詳注版 シャーロック・ホームズ全集」(1)〜(3)を入手。
ベアリング・グルード氏の詳細な解説入り(本文よりも解説のほうがボリュームが多い!)です。
また、他の全集とは大きく異なる点が、氏のホームズ年代学に基づいた順番(事件の発生順)に並べ替えられていることです。
というわけで、全集の第一話はもちろん「グロリア・スコット号」です!

 
   
Posted at 00:38 / 日記 / この記事のURL
コメント(0)
ちくま文庫の全集 / 2005年09月01日(木)
年頭の抱負で、「ちくま文庫のホームズ全集を集める」と書いた通り、
暇な時に書店で探しているのですが、店頭では見かけませんね。
もしかして絶版?
調べればすぐ分かるのでしょうが・・・
 
   
Posted at 02:20 / 日記 / この記事のURL
コメント(2)
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!