記憶の記録 

2013年12月21日(土) 14時50分
父の葬儀を終えて一週間
母と父、祖父母たち、今年99歳まで生きた親戚のばぁ、みんな魂で会って自由に話をしているのかな

激動の時代を生きてきた人たち、この先の私たちをどんな想いで見ているのかな

老廃物がっ! 

2010年03月27日(土) 12時06分
なんと2010年です。


たいしてかわりばえしない人生。

33歳です!

思いやり 

2008年05月29日(木) 1時28分
立て続けに。
人を思いやる、想像力つながりみたいなことで、最近思ってたこと。

最近、年齢がら知り合いの出産とか多くて。
仕事でも子育てあにめのお仕事とかで想像することが多く、子供について。

子供の誕生は、それはおめでたいし嬉しいんだけど。
世の中、子供が欲しくてもなかなかできない人、それはそれは苦しい思いで世にあふれる子育てブログなんかをもやもやした思いで見たり、拒絶したりする人もいるだろうということ。

そういうことをお母さんたちは自分の子育て生活の忙しさのなかで思いやれるのかな?ということ。ひがむ人の心もそれはそれは、そんな思いで自分をいっぱいにするのは苦しいだろう。

クルム伊達公子も37才女性として子供についての思いをTVで話していたけど、子供のいない人生もある、と。

さわやかな彼女のすっぴんの笑顔はすごくきれいで、大きな人柄がにじみでてた。
自分の今の気持ちを覚えているためのメモでした。

看護師かっ!! 

2008年05月29日(木) 0時34分
今日はほんと久々にぶちぎれかけた話・・・

ネチネチ書くとめんどうだな、でも、メモ程度に。

今日も親父の眼科受診。今日は親父なんか調子よかった。
車から車いすへの移乗はかなりすんなり
待ち時間も苦痛なほどでなく、検査も手こずらず、診察も順調に済み先生にもこのくらい調子がいいと視力検査もできそうですね、と。

で、帰るとき、車いすから車の座席への移乗(こっちのが私は不安)を病院の総合受付の人に手貸してもらえるか聞いたら、大丈夫ですよといって、どっか内線かけてくれたので待ってると、来たのがすっごい態度悪いナース

「手貸して欲しい〜んですか〜?」って不機嫌そうな顔で。車をここに止めてとか、なんか指示がもういかにもめんどーそうで、わかりにくいうえに、半笑いで、もういいですそれで、みたいな感じでカッチーン来て、

「もういいです、あなたに手伝ってもらいたくないです」

って、口から出かけたけど、自分も大人になったなー(笑
それは言わずに、たらたらやってんならすっこんでろ、自分のやってることに自分で気づいて反省しろと思いながら、さささっと中田光彦さんの介護DVDを完璧に再現して移乗完了。たぶん私の構えとやり方を見て、あ、こいつただ手伝ってもらおうと思ってるなんにもできないやつじゃないと思ったのか、すぐ態度が変わった。
で、そっからは私も怒りを出さず、「ありがとうございました」ってなもんで。
でも、内心けっこうムッカムカどっかーんときてたのでなかなかおさまらず、運転がちょい荒くなってこれは良くないと思った。でも、最後のひとことは「お忙しいところ、ありがとうございました」って言えればもっと大人だったよなーとか。
そのナースは20代後半だろうなー。そんなに新米ふうでもなく、でも毎日忙しいでしょうよ。へんな患者もいっぱいいるでしょうよ。大変なんだと思うよ。いっぱい勉強して看護師の資格もとったんでしょう。

もっと素敵なナースというか、医療従事者の一人というか、素敵な女の人になれると思うんだよ。
もったいないよ!と伝えたいですよ。

担当者会議 

2008年05月12日(月) 15時55分
今日は、お父ちゃんのライフライン、サービス担当者会議の日でした。
私も会社を休んで、午後から関係者が施設に集合。

高齢者住宅の施設職員1名、ケアマネージャーさん2名、デイサービスの職員1名、福祉タクシーの担当者1名、レンタル福祉用具の担当者1名、私、お父ちゃんの総勢8名の会議!

会議の内容は、お父ちゃんの要介護度が変わったので、それに伴いそれぞれ担当の状況説明とかをして、ケアマネさんが新たなケアプランの組み直しを確認するといったもの。

特に大きな問題もなく、すんなり終了。といってもみんながそれぞれの事を話すので、例えば普段施設での食事や入浴や排せつの事、透析への送迎中の事、デイサービスでの様子、眼科受診の経過報告など、時間はかかる。でも、それぞれ担当者しか知りえない情報を共有できるのでとても重要。
そして、ケアマネさんの手腕と、なにより一番お世話になっている施設の職員さんの力がすごいゆえの“すんなり”なんだよな。

この施設は若い介護職の人たちがある意味自分たちの理想の介護をめざしてはじめた会社のようで、小さいけれど小さいからこそのメリットを十分すぎるほど私は感じている。
詳しくはまた追々にしようと思うけど、こういう担当者会議とかあると、本当に普段の感謝をじわじわ感じる。この感謝の気持ちをどう伝えたらいいのか、「いつもありがとうございます」なんて言葉だけじゃうすっぺらすぎて足りないのです。涙が出てきます。
お父ちゃんを家で過ごさせてあげられない自責の念と、でも、やっぱりこの人たちに任せているから今のお父ちゃんがあるんだという、これがベストだという思い。

とにかく彼らのような介護をめざしている人たちはもっと高く評価されるべきと強く思います。
こんなに心強いものはないです!

GW明け 

2008年05月07日(水) 21時12分
はい、仕事ではありません。昨日お仕事はさくっと終わって、代休ですが、有給ですか?
ま、どっちでもいい

前日寝る前に、よーくイメージトレーニングして、できるかドキドキしながら向かうはお父ちゃんの眼科受診@自治医大付属さいたま医療センター。
えーと、メンドーなので一日を仕事の伝票ふうにあらわしてみよう!
 8:00〜8:30  (0.5H)  自宅⇒介護施設へお迎え 移動
 8:30〜9:15  (0.75H) 介護施設⇒病院 移動
 9:15〜10:30 (1.25H) 待ち
10:30〜10:45 (0.25H) 検査
10:45〜11:00 (0.25H) 待ち
11:00〜11:30 (0.5H)  診察 10分  待ち10分 会計 5分
11:30〜12:15 (0.75H) 病院⇒介護施設 移動

その後、お父ちゃんは施設におまかせして、処方箋もっておきまりの薬局へ。目薬大量にもらって、自分はお昼休憩。さて、続いて午後診察開始の、こちらもおきまりのメンタルクリニックへ。

14:30〜15:15 (0.75H) 待ち
15:15〜15:30 (0.25H) 本人はいないので先生に近況説明、と処方箋いただく
15:30〜15:45 (0.25H) また処方箋もって薬局へ
15:45〜16:00 (0.25H) 介護施設へりたーん

とりあえず、今日のお父ちゃんまわりはこれで終了。できるかドキドキして前日イメトレまでしたというのが何かというと、それは、マイNOTE(のて)と、お父ちゃんの車いすへの移乗
今までは自己流と、お父ちゃん本人の残存能力でなんとかやってたけど、いまや介護度4の男性一人を安全に移乗させるには自己流では無理。。。。。と、へこんで勉強をしたのでした。DVD付き本買って^^;

3年の沈黙をやぶり! 

2008年05月06日(火) 19時11分
にっきを再開してみるてすと。
2008年のゴールデンウィークが終わりましたね。で、メモ程度の日記。

土曜と火曜がレギュラー仕事で、連休は日月の2連休のみ。
はさんだ前後の金、水を代休で。

まず、金曜は代々木上原のマルイチベーグルを買いにいってみた。
プレーン・ブルーベリー・7グレインフィグ・ポピー・ホールウィートを購入。うん、目がつまって、んまい。

日月は、こっそり今年初キャンプへ!
日は着いてテント張って、食材買出しに行って戻って、また車でちょっと出て近所の野川で、今年初バスまず1匹!いいサイズ!30cmくらいか。
翌月曜日は、朝4時半から気配のなさそうなところで、超ビッグサイズきたー!で40cmオーバーくらい!
初めてそんなサイズ持ったんで、写真とる前にぽちゃんしてまう。おもかった。。。。

その直後またあたり。????デカイ、15〜20cmくらいのブルーギル。でかいな。
その後、土手で登りそこねてこけて、へこたれてまたテントで朝寝。きもちよかた〜。

で、3年ぶりのようだが、ミクシでは諸事情によりやっぱ日記に書けないことが多いのでこそこそ書いてみようという気分。


雨の日の帰り道 

2005年02月26日(土) 10時43分
なんの抵抗もなくこんなカサをさして赤坂を歩けます。。。

++++ kiku

きれいですな 

2004年12月26日(日) 1時08分
でもここ、親父の入院してる病院の中庭ですからー!!!
クリスマス限定なんだろうか?なくなったら淋しいだろうな。


++++ kiku

富士急にて 

2004年12月19日(日) 1時57分
観覧車から見たドドンパの直滑降。
好き好んでよくこんなん乗るよな。
(自分だよ)

++++ kiku