【 WHAT'S NEW 】ほくろ除去の口コミ情報


おすすめ情報



ほくろ除去を皮膚科や美容クリニックなどの病院で、施術するのはチョッと思うあなたには下記のファンデがおススメ!

>> ほくろ隠しの専用ファンデはコチラ <<






最近チョッと太り気味の貴方、食事を改善するだけで痩せられる方法あります。
食事をする事で基礎代謝を上げる最新のダイエット法です。
現役ファッションモデルや女優も成功した「モデ痩せ」。

☆モデ痩せ - モデルのキレイ痩せダイエット法





ほくろ除去の口コミ情報の更新情報

ほくろ除去の口コミ

ほくろを取りたいと思っている人は、たくさんいるでしょうね。ほくろのある場所によって、または大きさによっては、コンプレックスになっている人もいるでしょう。

そこで、ほくろ除去の口コミを参考にと思い、調べたところ、一番多かった口コミは、メスか、レーザーかという書き込みでした。

ほくろ隠しの専用ファンデの口コミはココ


昔なら、手術といえばメスでしたが、医療も発達して、最近ではレーザーでほくろを除去するのが、一般的になってきているようです。

病院は、皮膚科をはじめ、形成外科、整形外科などで手術をしてもらえるそうです。中でも評判のよかったのが、大塚美容整形外科でした。

ほくろ除去の時期も、夏は紫外線が多いので、術後、紫外線を受けると、よくない影響があるので、少しでも紫外線の少ないときにしたほうがいいそうです。

痛みは、局部麻酔のある病院であれば問題ありませんが、レーザー治療を麻酔なしで施術すると、それなりの痛さや、焦げるニオイがするそうです。

ほくろ除去をするなら、まず電話や直接、病院に行って、きちんと話を聞き納得した上で受けるのがいいと思います。

ほくろ除去の費用(値段)

ほくろ除去の費用は、病院によっても違うし、治療法によっても違います。

ほくろの大きさや数によっても違うし、保険適用かどうかでは、かなりの差があると思います。強いていうなら、方法を問わずですが、1ミリあたり3000円以下なら、ほくろ除去の値段としては安いです。

ほくろ除去よりまずは美肌を目指そう

オーバル皮膚科クリニックや、品川美容外科は、1個5250円とあります。レーザーは、Qスイッチルビーレーザー(何発照射したかで値段が決まります)と、半導体レーザー(ほくろの数で費用が決まります)の2種類です。

また、例えば、ほくろの大きさが20ミリまでだったとして、1個30000円程度するところ、保険が適用できれば、10000円程度になるそうです。

ほくろの大きさが、もっと大きくて20〜40ミリ程度になると、値段も高くなり1個50000円程度、保険適用で15000円程度になるそうです。

手術を受ける病院によって費用も異なるようですから、よく調べて比較してから行くようにすればいいですね。

ほくろを除去するクリーム

ほくろを除去したいけど、レーザーやメスは怖い、と感じている人にオススメなのが、ほくろを除去するクリームです。

ほくろ除去は意外にも、クリームで簡単にできてしまうのです。このクリームには、2種類あって、台湾の漢方のクリームと、ワートモールバニッシュクリームです。

ほくろ隠しの専用ファンデーションはコチラ


くろを除去クリーム効果は、どちらのクリームも約1〜2週間くらいで、かさぶた状態になり自然に取れます。取れた直後は、少し赤みがあるそうですが、除々に元に戻るし傷跡も残りません。

成分についてですが、ワートモールバニッシュのクリームは、自然ハーブから抽出したものを使用、漢方のクリームは、天然漢方薬草成分となっています。ただし、やっかいなことに、両方共、外国のもので日本では、まだ発売されていません。

直接個人輸入するか、代行を利用しての購入になります。でも、漢方のほくろ除去のクリームに関しては、愛知県のアトリエ詩絵里というショップがクリーム添付サービスを行い、個人輸入代行もしています。

この漢方のクリームは、ほとんどの方が顔のほくろを除去する目的で購入されているようです。まずは、他の目立たない部分のほくろで試して、異常がないことを確認してから顔にしたほうがいいでしょう。

皮膚科でほくろ除去

最近、ほくろ除去の方法として、自分でも簡単にできます、といったような製品を見かけるようになりましたね。でも、一般的なほくろ除去の方法は、やっぱり医療機関での治療でしょう。

費用は別として、安全で確実であることは、間違いありません。ほくろ除去をしてもらえるのは、皮膚科、形成外科、美容外科などですが、一番身近にあるのが皮膚科です。

自分で美肌にする方法とは!

皮膚科でのほくろ除去の方法は、メスでほくろを切除する方法と、レーザーで除去する方法の2種類です。

でも最近では、レーザー治療法が一般的になっているようです。ただ、とても大きいほくろや、悪性の皮膚ガンの可能性があるほくろの場合は、レーザーではなくメスで切除する方法が取られるそうです。

確実にほくろ除去したいなら、やっぱり皮膚科での治療がいちばんだと思います。レーザー治療は高度な技術が必要だし、特に顔の場合は、跡が残っても大変ですから、皮膚科を選ぶときは、ほくろの除去の実績など、しっかりと調べて、医師と相談し、信頼できる皮膚科で受けるようにしたほうがいいですね。

ほくろ除去は保険適用?

ほくろ除去の保険適用については、いろいろな情報が入ってきますが、結局は保険がきくの? きかないの?と、どれもあいまいなものばかりです。

結論からいいますと、保険が適用されるのは、医療、または治療目的の場合であり、美容目的だとまず無理だということです。

でも、ほくろ除去に保険が適用されるかどうかは、各病院の方針によっても、ずいぶん違いがあるようです。ですから、施術を受けたい側からすれば、ひどく曖昧に感じますよね。

単純に、ほくろ除去は保険適用するというところもあれば、悪性のほくろは保険適用、万が一、良性のほくろであっても、何か生活に支障をきたしたり、本人の悩みが深刻化している場合なども保険適用と判断するところもあります。

また、切除によるほくろ除去は保険適用で、それ以外のレーザー治療などの場合は、保険適用外とするなどの治療法で判断するところもあります。

実に、さまざまな考え方、判断基準があることがわかります。このように曖昧な現状ですから、最初の病院が保険適用外であってもあきらめずに、適用される病院を探してみるのもいいと思います。

ほくろ除去のレーザー治療

ほくろ除去のレーザー治療は、予約から施術までの流れがすごく速いようです。中には、当日にカウンセリングを受け、その後、施術をするといったところもあります。

もちろん、病院によっても違うと思いますが。また痛みや、除去手術のあと、半年しても跡が消えなかったり、逆に1ケ月ほどで、すっかり消えて跡もないほどの状態だとか、さまざまです。

ほくろ除去よりほくろ隠し


ほくろ除去のレーザー治療は、入院する必要はありません。治療時間も数分で終わります。痛みもほとんどなく、シミ取りのレーザー治療と同じです。

もちろん麻酔は使いますが、レーザー治療はも痛みも出血などもないようです。さらに、翌日からは、テープで保護しておけば入浴も可能です。

そして大きなメリットは、なんといっても、傷跡が残りにくいということです。レーザーによるほくろ除去の治療は、ピンポイントにレーザーを照射します。

だから、それ以外の部分を傷つけることがないのです。ちなみに、レーザー治療に関しては、あまり盛り上がっていない直径6ミリくらいまでのほくろを治療するのに使用されることが多いそうです。