【 更新情報 】

スポンサード リンク

ほくろなのか、それとも血豆?

わたしはよくものを噛むときに、どういうわけだか口の中をも噛んでしまいます。
おかげで、激痛とともにすぐに口の中が傷つき、赤い血豆を作ってしまいます。
そんなことが何度もあったので、特に気にはしていなかったのですが、最近は口の中を噛んだわけでもないのに、ず〜〜っと血豆みたいなものが残っているのです。
さすがにちょっと妙だな、と思って調べてみたら、血豆だと思っていたものが少し黒くなっていることに気がつきました。
そうです、血豆だと思っていたものはほくろだったのです。
最初からほくろがあったのか、あるいは血豆を連続して作っているうちにほくろになってしまったのか。よくわかりません。
口の中のほくろはメラノーマというガンの一種である可能性があるようです。
もしも、このほくろが本当にメラノーマだとすれば、けっこうマズイみたいです。
進行が早い病気で、死に至る可能性もあるのだとか。
メラノーマのほくろは、通常のほくろより茶色、もしくは赤っぽいのが特徴です。
日本では特に高齢者の発病が多く、年間に1500〜2000人ぐらいがこの病気にかかっているそうです。
ああ、なんか恐ろしい。ほくろ、侮るなかれ。
とりあえず早く病院に行こう…




DVD 福袋
レディーススニーカー 福袋
メンズジュエリー 福袋
GASATTOナレッジ
胡蝶蘭 福袋
プロフィットキング


悪性のほくろ、日本人には少ない

足の裏にほくろがあるとガンの疑いがあるんだってね、と友人に言われました。
そんな話、ぜんぜん聞いたことがなかったので、そんなアホなと思っていました。
しかし、あとで家に帰って調べてみると、どうやら本当に足の裏のほくろというのは、よろしくない可能性があるみたいなんですね。
つまり、皮膚がんの可能性です。
ほくろというのは、色々なものの言い方があるのでしょうが、そもそもがガン細胞の塊のようなものらしいのです。
で、そのガン細胞の塊を刺激して大きくしてしまったり、傷つけたりするのは、やっぱり良くないわけですよね。
だから、ほくろはあまり刺激してはいけないと言われています。
しかし、足の裏にほくろがあるということは、どこをどうしたって毎日のように刺激を受けてしまうわけですから、対処のしようがありません。
その結果として、がん細胞が活性化し、発病へと至ってしまう可能性があるそうです。
まぁ、日本人のほくろからのガンは少ないと言われていますし、足の裏のほくろの全部が全部、危険ではないのでしょうが、気になるのなら病院にいくことをオススメします。
特にどんどんとほくろが大きくなっているとき、色が変色しているときは要注意です。





マフラー 福袋
先物 ウルトラリベロ
SK-II 福袋
会社 女性
家庭菜園
あがり症 治す



ほくろには良性と悪性がある

わたしのお腹にあるほくろから、どういうわけだか長い毛が生えています。
そもそも腹にほくろがあること自体、ちょっと嫌ですが、まして毛が生えるとなると不気味だし、格好悪いので、目に付くたびに抜こうとしました(ハサミで切るだけですけど)。
でも、カットしても、カットしても、また数日するとすぐに生えてきます。
客観的に見ていても、他の部分よりも毛が生えて長くなるのが、圧倒的に速い気がします。
ほくろの毛って、いったい何なんでしょうか?
さすがに疑問に思ったので調べてみたのですが、ほくろの毛というのは決して悪いものではないそうです。
ほくろから毛が生えているということは、そのほくろは良性のほくろである証であり、むしろ喜ぶべきことらしいのです。
毛が生えるということは、その細胞がしっかり生きていることの証ですからね。
逆にあまりいじったり、抜いたりしているうちに、良性のほくろが悪性のほくろに変わってしまうことさえもあるんだとか。
いやぁ、知っておいて良かったです。
ほくろの毛は忌み嫌うものではなかったんですね。
あやうく無理やりに脱毛して、悪性のほくろを造成してしまうところでした。
皆さんも、気になるからと言って、無理にほくろの毛を抜かないようにしましょうね。








馬券 前川
加藤鷹 SEXテクニック
減塩 高血圧
禁煙
金井英之 あがり症
カニ 福袋


P R
カテゴリアーカイブ

  • seo