患者や家族にとっての癌宣告の影響

June 10 [Fri], 2016, 16:19

癌は珍しい病気ではないのでなにかと家族や知人、友人で患ったと聞くことがあるのではないでしょうか。そういう私も親族が癌になったという経験を何度かしたことがあります。

やはり癌の宣告というのは患者や家族にとってはかなり衝撃度の大きなことなのでそれらを今後どのように対応して治療していくかということが大切だと思います。

今では癌告知というのは比較的当たり前のようになっていますが一昔前は、患者本人には知らせないということも多かったようです。実際に医師からまず家族に知らされますがやはりすぐ死をイメージしていしまいます。家族は患者本人に対してどう接したらよいのか悩むことになります。

私自身は隠さず告知し、受け入れ乗り越えるというふうに治療も進めていけばいいと思いますが、患者本人がなかなか受け入れられないような状態の場合は治療にも影響が出てしまうと考えると慎重になってしまいます。

しかし、知らせないでおくというのはやはり本人の納得いく行き方ができなくなってしまうのではないかと思い、何とか使えるほうがいいのではと思います。感知した場合もなくなった場合も告知したほうがよかったと思います。

詳細はコチラ⇒女性保険の必要性と告知
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hokenwxo
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hokenwxo/index1_0.rdf