癌になった時に感じる不運さへの気持ち

June 17 [Fri], 2016, 8:58

身近な人が不調を訴え、検査後結果を聞く時の不安や心細さはある程度の強い気持ちを持っていなければとても受け止められません。

検査結果がいじょうなし、若しくは多少の治療は必要ですがまあ問題ないでしょうという事であれば、ひとまずは落ち着けます。しかし、ガン宣告をされるような事があれば、たとえそれが手術出来その後回復の可能性があるにしても冷静さを失ってしまします。特に宣告をされた本人はどう受け止めたらよいのでしょう?

今は本人にも告知をする事が多い時代です。手術後、望みを持てるのであればまだそれに向かって頑張れます。しかし、手の施しようが無い状態であればどこに向かえば良いのかわからなくなってしまします。

昔と違い医療も進歩しているとはいえ、まだまだ難しい事も多いでしょう。人の運命というものを考えざるを得ません。金銭的な事はいざという時の準備にがん保険に入っていたり、市役所の福祉課に相談したりと解決の糸口はどこかにあります。しかし病気についてはもう祈るしかない心境にもなります。

悲しい思いは誰しもがしたくありませんよね。何故癌というものがあるのか?なった時の不運さに怒りをも感じてしまいます。

詳細はコチラ⇒三大疾病保険の選び方のポイント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hokensawe
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hokensawe/index1_0.rdf