大事なことは 

June 23 [Sat], 2012, 7:14
保険を検討する上で大事なのは、受け取れる金額に他なりません。保険期間満了に伴い、お金が返ってくるのですがその金額がかけてきた保険金と同額返ってくるという点です。 「養老保険」は、「満期金」を受け取ることができるので、すばらしい保険のように聞こえます。しかしながら、月々負担する保険料としては、一番高いという点も見逃していけません。 高額「保険料」ランキングの1位は「養老保険」、2位は「終身保険」になります。最も負担額が少ないのは「定期保険」になります。 最近はライフプランとは、簡単にいえば、人生設計です。あなたの人生の夢や目標に沿って描いていく将来の予想図のことです。なぜかというと、 あなたのライフプランに見合った生命保険を選ぶためにも、まずは、しっかりとライフプランを立ててみてください。

保険記事を書く 

September 17 [Sat], 2011, 8:19
テレビコマーシャルなどでもよく宣伝されていることから一般的に保険と聞くと、「生命保険」を思い浮かべる方が多いと思います。 病気や事故、災害などによる経済的損失(負担)つまり、入院費などに備えるための保険制度のことを「生命保険」といいます。これは人に対してかける保険です。 「生命保険」は細かく分けると「終身保険」「定期保険」「養老保険」に分けられます。その中でも一番選ばれているのが「終身保険」です。 保険の払い込みが終了した時、つまり満期時に受け取る金額が払い込んだ金額と同じだけもらえることができるところにあります。 満期金があるという点では、「養老保険」は一番良いかもしれませんね。しかしながら、その反面、月々に支払う保険料としては、最も高いのです。 二番目に高いのが「終身保険」です。一番、割安な保険料なのが、「定期保険」となります。 万一のときに備えるいちばん身近な貯蓄となるのが「生命保険」になります。しかし、通常の保険だと貯蓄した分だけしか受け取ることが出来ません。 ご存じの方も多いと思いますが、生命保険は払い込んだ保険料に関わることなく、契約した金額を受け取ることができるのです。 生命保険は保険料、払い込み期間、満期時の受取金額などいろんなプランがあります。大切なのはメリット・デメリットをしっかり確認し自分にあったものを選択することです。安心を掴むことです。
保険 保険 として として 保険 つまり 効果 料 生命 定期 的 中 保険 災害 保険 比較 受け取れる 大切 高い

内容 

August 11 [Mon], 2008, 6:58
現在、日本ではかなりの人が、何かしらの生命保険に加入しているといわれています。ではその中で、自身の加入している生命保険について、詳しく認識している人の割合はどのくらいでしょうか。おそらく半分にも満たないはずです。 お子さんの多い家庭もあれば、一人っ子のご家庭もあります。ご夫婦だけのご家庭やシングルの人もいることでしょう。当然、求める保障は違うはずで、だからこそ生命保険も多種類の選択肢があるべきです。 わが家の家族構成や生活設計に照らし合わせて、保障ニーズと生命保険の内容がマッチしていなくては意味がありません。そこが保険選びのポイントになるわけです。 生命保険の構成は、大きくは「主契約」と「特約」の二本の柱で成り立っています。例えれば、主契約は「軸となる柱」で、特約は「家族ごとのニーズに合わせて付け足す補強の柱」ということになります。 「満期保険金の有無」「保険期間は一定期間か終身か」「配当金の有無」と、主契約を決めるときは、この3点をよく確認するとよいでしょう。 特約にも多種類あり、「一定期間の死亡保障を厚くする」や「入院・手術・通院などの医療に関する保障を付ける」などがあり、付加することで各家庭の保障ニーズによる差異を充たしてくれることになります。 主契約だけでも多種類ある上に、あれこれと特約の付加価値を考えると、素人には決めかねるかもしれません。そういうときには、ファイナンシャルプランナーという資産管理や保険選択のプロがいますので、相談してみるのも一案です。 生命保険には、払込期間の途中での「見直し」や、保険期間終了後の「更新」という制度もありますので、必要に応じて契約の修正が可能です。 いずれにしても最終的に自署・押印するまでは契約は発生しないわけです。「契約のしおり」などを必ずよく読んで、疑問があれば生命保険会社や、営業担当者に説明を求めるなどして、申込み前に十分検討することが大切です。 ホームページ 検索 刊行 できる 内容 人気 鹿児島 払込み なさい 死亡 該当 基礎 老後 名 分かれ 全労災 プライバシー 見る ? ギフト 会社 報 尊重 群馬 リンク 入院 保証 大 目 見積 ベビー 最近 展開 について 花 関連 質問 結局 契約 方 年 続ける 個別 参考 業務 金 ください 子 フィナン 年数 火災 百科 古鉄 損害 終身 的 方 程 起こっ 勧誘 住友 一括 プラン 障害 満期 ほとんど 式 死亡 カテゴリ オープン オリックス 要素 来 双方 除く 条件 見方 場合 犯罪 創造 タイプ フォロー 大会 免除 株式 定期 団体 申し 人 ポイント 一括 心配 氾濫 病気 払う ホフマン 万 募集

保険をゲット 

April 21 [Mon], 2008, 12:12
保険といっても本当にたくさんの種類があります。一般的に知られているのは「生命保険」と「自動車保険」です。たくさんある保険の中であなたは何種類の保険に入っていますか? 自動車保険とは、事故での金銭的負担を援助するための制度で、「事故に遭った被害者」と「事故を起こした加害者」に支払われます。自動車保険には2種類あり、強制保険の「自賠責保険」と任意保険の「自動車保険」があります。 自賠責保険とは、自分以外の「他人」のケガ、後遺障害、死亡などに対する補償で「対人保険」とも言い、保険の支払いで補償されるのは他人だけになります。ですから自分のためにも任意の自動車保険が必要になります。 車種ごとに一定の金額となっている自賠責保険に対して、自分に合った保険を選んで、うまく利用したい任意の自動車保険は保険会社のほかに、保険の内容によって保険料が変わります。

シリーズ 行っ 者 トップ 日 問題 会社 終身 代 あまり 海外 火災 合っ 税金 年 写真 ウェブリブログ 理解 平成 生存 goJSFStringTableProperties 世界 魅力 公開 得る 万 家庭 アフラック 最 患者 見直し 分 偽造 ずっと 先 取得 代行 契約 相互 必要 時間 プラン クリック 一括 コラム ショッピング スタート プルデンシャルファイナンシャル 市原 日 石川 悩み 聞か 店 シャツ 取組 体 和歌山 財形 万 型 かかっ 額 確認 行金 準備 オリジナル 基礎 募集 エイト 度 在職 保険 市 余す ローン 為 報 雇用

保険でも 

February 28 [Thu], 2008, 10:22
医療保険は、病気になったり、ケガをした時に、入院あるいは通院すると、保険金が下りる保険です。 しかし、医療保険に入っていても、病院に払わなくてはいけない、すべての医療費を、保険会社が負担するわけではありません。 医療保険は、加入する保険内容によって、入院1日につき○○円、通院1日につき△△円と決められています。 入院したことで、高い医療費を払った時、基準の金額を超えた分は、申請すれば、健康保険で戻ってくるので、入院1日につき1万円の出る医療保険を選ばなくても、問題はありません。 医療保険から、入院1日つき5000円受け取ることができれば、それで、ほとんどの入院費をまかなうことができるので、医療保険にお金をたくさん出したくない人は、このタイプの医療保険に入ってください。 医療保険料は少し高くなってしまいますが、できれば、医療保険に入院特約だけでなく、手術特約も付けておけば、より安心できると思います。 夫の生命保険に付随している医療特約があるから、自分一人の医療保険に入らなくても大丈夫、という主婦は多いのではないでしょうか。 しかし、夫の生命保険の医療特約は、夫が死んでしまうと使えなくなるので、自分用の医療保険に入っておかないと、入院した時に、何の補償も得られません。 医療保険に入る時期が早ければ早いほど、医療保険料も安く済みますし、医療保険に加入しやすいので、主婦も自分用の医療保険に入るべきです。
4
こちら 場合 必要 災害 カラクリ 行う 出産 サイト 人気 今 方法 件数 不十分 知人 私 富山 者 言う 老齢 競泳 方法 リンク 工学 について 定期 毎月 やさしい ござい 焼死 ケンタ 実施 マップ 商品 一時 くれる マージン 生活 完了 運営 日本 コードブログ 損害 新 ピッタリ 認定 リウマチ 出来 預け まさか 受付 について 受け 自慢 たっぷり 詳しく ローン 特別 あなた 考案 全部 課税 的 高度 契約 勧め リンク 色々 10月 必要 主 特約 以上 個人 種類 捨て 確率 ランキング 探し 関係 ランキング 第 あなた

保険について 

January 04 [Fri], 2008, 9:15
最近は生命保険の種類がたくさんあって、加入を考えている人にとっては選ぶのが難しいのではないでしょうか?保障内容や掛け金もいろいろあります。あなただったら生命保険を選ぶ際に何をポイントにしますか? あなたが生命保険を選ぶ時には、はじめに、あなたや家族のライフプランを描くことが重要になります。 ライフプランとは、自分の人生の夢や目標に沿って描いていく将来の予想図のことです。つまりは、人生設計です。 今のあなたの生活は何の上に成り立っていると思いますか?それは、あなたや家族が健康で元気に働いていることです。あなたが描く将来の夢や家族の将来も、現実になる為には、これが大前提です。 あなたや一家の大黒柱が事故に遭ったり病気になったりしたら、どうでしょう?大変なことになりますよね。 突然の不幸が原因で、あなたが描いた夢も現在の生活も壊れてしまうようでは、安心して生活が送れるものではありませんよね。 「生命保険」という保障は、そのリスクを軽減してくれます。 突然の不幸は誰にでも起こりうるものです。生命保険は、あなたの家族の生活を立て直す必需品なのではないでしょうか? しっかりとライフプランを立てれば、自然にあなたの人生設計にぴったりと合う生命保険が見つかることでしょう。
3
現在 関連 言葉 ランキング 業績 最近 美容 ホームページ 給付 具体 関連 シニア 早く 自由 ファイナンシャルプランナー 以降 として ニュース 保険 アドバイザー 保障 向け しまい まわり 件 について 悪材料 職場 養老 楽市 各 日本 ひまわり 子供 レーシック オススメ 結婚 検索 商品 個人 八千代 こちら 各種 Illustration 社長 自分 紹介 区 電化 見 充足 コンテンツ 死 皆様 詳しい 支払っ 内容 割り 登録 比較 倍 個人 税法 将来 商品 副 付 どんな ホームページ 失 店 ガックシ 集 承知 たくさん 働き手 人

案内 

November 11 [Sun], 2007, 9:55
「生命保険」はいったいどれだけの種類があるのでしょうか。そして、人生の大きなイベントがある度に、必要な保険を選ばなければなりません。 たとえば、結婚や出産、転職などが、人生のイベントと言えるでしょう。このようなライフサイクルが自然と必要な保険も変化させてきます。 とりあえず、心配だから加入したという方も多いのではないでしょうか?しかしながら、自分のライフスタイルに合った保険に見直していきましょう。 自分なりにしっかり整理しておくことが大切です。保険を選び直す必要が出てきた場合にも、すぐに対応ができます。 先に述べたように、生命保険は、今、加入している保険を継続するようにしましょう。しかし、見直すことも頭にいれておく必要もあります。 ご存知の方も多いと思いますが、再度、入りなおすと契約年齢が高くなります。そのため、保険料が高くなり今までより低い条件になるのです。 また、「生命保険」は継続する方がメリットがでるケースが多々あるようです。ですので、解約は最終手段と考えるべきでしょう。 生命保険を選ぶときに心がけないといけないのは、まず、どのような目的で生命保険に入るのかを考えておくことが重要なのです。 そして、これからのライフスタイルの変化などをしっかり考え、自分にマッチした保険を選択することが、大切なのです。
3
手元 プラン レッスン 自助 グループ 措置 日 一覧 診断 出 代理 納得 マイペース マネー 保険 方針 基本 サービス 支払 日 出向 非常 第一生命 格付け 支払い 当該 契約 について 生命 上昇 運用 契約 円 火災 法 見直し に関して 会社 換え 規約 相生 はじめ 期間 そのまま 理解 よくばり 修正 型 訳 すでに 代理 老後 総合 主力 最古 下さい 多い ページ 世紀 言え 下さい 費用 提示 理解 偽 情報 堂堂 極意 当 払う 入院 決して 契約 修繕 選び 自動車 見直し スタンガン 契約 レディース 一 収支 オリックス

保険 

October 30 [Tue], 2007, 14:01
ほとんどの人が加入しているものに「生命保険」があります。「生命保険」は事故や災害による経済的損失(負担)に備えるための保険制度でただなんとなく安心するために入っている人も多いようです。 代表的なものに「終身保険」「定期保険」「養老保険」の3つがあります。まず「終身保険」は、保険期間が一生涯続く保険。次に「定期保険」とは、保険期間が決まっている保険。最後に「養老保険」とは、保険期間が決まっていて、満期時に生存していた場合は満期保険金が保険金と同じ金額で受け取れる保険のことを言います。 万一の時に備える一番身近な貯蓄ともいえる「生命保険」ですが、自分がためた金額しか受け取れない単なる貯蓄とは違い、契約した時点から払い込んだ保険料に関わらず、契約した金額を受け取ることができます。 「生命保険」には種類もたくさんありますが、設計プランがいくつも用意されています。いくつか見比べてみて、保険料、払い込み期間、満期時の受け取り金額等、自分にぴったり合った保険を契約し、貯蓄と同時に一生涯の安心も手に入れましょう。
2
領域 千 時 取り返し 定期 病気 受け 自動車 終身 手続き 期間 協会 医療 わが家 保障 大幅 広島 額 ぐらい 日 入会 定期 仕方 新規 特別 削除 絶対 無配当 来る 安心 合わせる 死亡 どちら 確認 買取 ください 積立 平 私 文化 契約 人 方針 プラン 通院 日 額 歳 団体 変化 更新 意見 流れ ローン 払方 シミュレーション 会社 等 ジャパン 避ける 満期 理事 判明 種類 ひとり 境界 いくつか 月 マガジン 読め チャット 型 店 責任 声 恒例 買い替える 中立 考え 当社 要 自賠責 結晶 生命 第一生命保険 一家 人

保険の道場 

October 22 [Mon], 2007, 12:47
一口に保険と言っても本当にたくさんの種類があります。その中でも殆どの方がご存じなのが「生命保険」と、「自動車保険」だと思います。 テレビのコマーシャルの影響によりこれらの保険を知っている人が多いのは紛れもない事実だとおもいますよ。 あなたが知っている保険だけでも多くの種類があるでしょう。また、あなたは、その中でいくつの保険に加入していますか? 被害者保護のためだけの「対人保険」であり「他人」に対する損害にしか適用されないのが自賠責保険であることを理解しておきましょう。 しかし、ご存じの方も多いと思います。これらの保険は、本当に必要最低限の補償であることを充分な補償を得られるわけではありません。 万全の備えをしておくためにも「任意保険」への加入は必要不可欠ではないでしょうか。ある程度、充分な補償を付けることができます。 さらに、当然のことながら、自賠責保険では、自分のけがなどの損害に対しては、補償されていません。このことからも、やはり自動車保険(任意保険)の加入が必要です。 自賠責保険と、任意自動車保険では保険料の意味合いが変わってきます。つまり、前者は、車種ごとで保険料が一定で、後者は、保険会社や保障内容などの条件によって変わるということです。 自動車保険の任意保険に関しては加入する前に、事前に調査することをオススメします。自分に合ったものを選択しかしこく活用していくことが大切です。
2
urchinTracker 心 銀行 期間 関連 家族 機関 概算 他社 時効 宣伝 ライフ ミレアホールティングス リンク フォトコンテスト 会議 日 祝い金 生命 しっかり 相談 ライン 一家 あわせ 前払 全国 払い込ん 生命 今後 解除 サービス 選べ 比較 次第 大阪 東 選び方 今 同 開始 入院 的 リンク ベスト 取り組み 計算 相談 マガジン という 稼働 感 以下 分 必要 解決 評価 以上 発生 家計 掲載 追加 概要 御 運営 特定 時代 資格 日 公民 変 提案 当たり前 年金 年々 大幅 死亡 いくら 越える 保護 現在 無 読み 紹介

お薦めの考え 

October 17 [Wed], 2007, 12:11
「国民健康保険」は、さまざまな保険のうち、国民健康保険法、その他の法令に基づいて運営される、健康保険なのです。 私たちは、「国保(こくほ)」と言います。国保についての知識を、どれだけの人が知っているのでしょうか? 居住地の市町村が、「国民健康保険」を運営・管理していきます。加入者が保険料(税)を出し合わなければ、成り立たない制度です。 しかしながら、一つの原因として、少子高齢化により医療費が増加、結果として、全国的な保険料の高騰を招き滞納者が増えているのです。 市町村ごとで、さまざまな方法を滞納者にとってはいるのですがいまいち効果は出ておらず、滞納者も減らないのが現状のようです。 保険料の支払いがどうしても難しい場合には、手続きを行うことにより、保険料を支払わなくてもよい「減免制度」を受けられる場合があります。 その他にも、保険料が安くなる「減額制度」、支払いを延ばす「徴収猶予」「分割納付」などの救済措置があることを知っておきましょう。 自治体単位で運営がされているため、保険料は自治体によって金額が異なるという弊害もあります。国保に関しては、問題点が多いようです。 しかしながら、この保険制度は、身を守るためのものです。万全の備えをするためにも、しっかりと保険料を納めて、有効に活用すべきなのです。
1
おびやかす 成功 介護 銀行 urchinTracker 変 火 基礎 生活 等 場合 共済 選べ 事項 何 格付け 中越 改訂 番目 実際 問 開始 一般 注意 時 社会 キレイ 波 urchinTracker 期間 転載 思う 死亡 頑張っ 条件 同様 レディース 費 先 拠点 いただき 普段 ケース 金額 心身 スタディ 場合 肝心 少なく 加え 年金 日本 以上 役立て マーケティング 型 常に 質問 氏 藤枝 知り 実際 生命 自宅 偏る 相互 処理 プロジェクト 選び ショッピング 適し 見直し 勧誘 台 申し上げ 算定 稼ぐ 入院 持っ 保険 定期 ケース 相談
2012年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる