横浜銀が収入保障保険を販売 

February 21 [Thu], 2008, 17:02
昨年末に始まった銀行での保険販売。
地銀の間でもそのスタンスは色々ですね。

そんななか横浜銀行は収入保障保険の発売を決めたそうです。

横浜銀行は二十日、損保ジャパンひまわり生命保険(東京都)と提携しことし五月をめどに、住宅ローン利用者を対象に「収入保障保険」の取り扱いを始めると発表した。保険会社の専門カウンセラーによるコンサルティングを通じて販売を予定しており、こうした手法は、国内銀行の窓口での保険販売として初めての取り組みという。

 収入保障保険は、あらかじめ定められた保険期間に被保険者が死亡または高度障害状態になった場合、保険期間満了までの間、保険金が年金形式で毎月一定額が支払われる生命保険。昨年十二月の銀行窓口での保険販売全面解禁に伴い、新たに銀行で取り扱いが認められた商品として横浜銀が取り扱いを開始する最初の商品となる。

 保険に加入する顧客となる会社員らが来店しやすいよう、日曜日も営業する横浜銀の県内や都内にある二十八カ所の「住宅ローンセンター」で販売する。同生保の「ライフカウンセラー」と呼ばれる職員が、住宅ローン利用者の年齢や家族構成などに応じて保険の加入方法を提案していく。

 横浜銀は今後、収入保障保険の取り扱いを通じて保険商品に対する顧客ニーズを確認し、ほかの保険商品の取り扱いを検討していくという。

学資保険は大事?? 

February 21 [Thu], 2008, 16:49
週刊ダイヤモンドでは先月保険の特集号が組まれていました。

やっぱり団塊世代の退職などもありますし、生命保険に対する意識はたかまっているのでしょうね。

ところで、学資保険についてよく質問をいただきます。
「どの保険会社がいいの??」と聞かれるのですが、正直なところ現在の利率でオススメできる学資保険というのはあまりありません。

それに学資保険というと、何か特別な保険に聴こえてきますが、結局のところは貯蓄性のある生命保険であることにかわりはないのです。
もちろんその「貯蓄」部分は前もって保険料で支払っていることになります。

10年ほど前でしたら利率もよく、いわゆるお宝保険とまで言われていたのですが、今の利率はとても低く、学資保険で貯蓄じゃなくて預金や投資信託でもあまり変わらないものがたくさんあります。

ひとつだけでなく、色々な選択肢をもつことが大事ですよね。

以下、参考までに。
学資保険の疑問

生命保険のお時間、はじめます 

February 18 [Mon], 2008, 15:46
ブログはじめます。
まずはテスト。
P R
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
Yapme!一覧
読者になる
http://yaplog.jp/hokennews/index1_0.rdf