保険業法とは

January 07 [Tue], 2014, 10:49
保険業法(改正1995年)の定めに従って、保険の取り扱いを行う会社は生保を扱う生命保険会社、損保を扱う損害保険会社に分かれることとされており、いずれの場合も内閣総理大臣による免許(監督および規制は金融庁)を受けている者以外は販売してはいけないとされています。
まさに世紀末の2000年7月、大蔵省(現在の財務省)よりさらに金融制度の企画立案事務を新たに統合し約2年前に生まれた金融監督庁を金融庁(現金融庁とは仕組みが異なる)に再組織した。翌平成13年1月、金融再生委員会は省庁再編により廃止し、現在の姿である内閣府直属の外局としてスタートした。
簡単、外貨MMFについて。日本国内でも売買可能な外貨建て商品の一つ。外貨預金よりも利回りがずいぶん高く、為替の変動によって発生する利益は非課税だという魅力がある。証券会社で購入する。
MMFとは何か?

平成19年に設立された株式会社ゆうちょ銀行のゆうちょ銀行が取り扱うサービスは法律上、郵便貯金法(平成19年廃止)に基づく「郵便貯金」としては扱わず、一般的な金融機関と同じ、銀行法に基づいた「預貯金」を適用した商品なのです。
FX⇒最近利用者が多い、外国の通貨をインターネットなどを利用して売買して利益を出す比較的はじめやすい取引。外貨預金または外貨MMFなどよりも利回りが良いことに加え、為替コストも安いのが魅力である。はじめたい人は証券会社やFX会社で相談しよう。
きちんと理解が必要。株式について。債権ではなく出資証券(つまり有価証券)であり、その株の企業は当該株主に対する返済に関する義務は発生しないから注意を。最後に、株式は市場価格での売却によって換金するものである。
つまりデリバティブというのは従来からの金融取引または実物商品・債権取引の相場が変動したことによるリスクをかいくぐるために実現された金融商品の名前であり、金融派生商品と呼ばれることもある。
"東京証券取引所(兜町2番1号
【用語】保険:突然発生する事故が原因で生じた財産上の損失を最小限にするために、同じような複数の者がそれぞれの保険料を掛け金として納め、準備した資金によって予測できない事故が発生した者に掛け金に応じた保険金を給付する仕組みなのです。
きちんと知っておきたい用語。デリバティブっていうのは伝統的に扱われていた金融取引であったり実物商品・債権取引の相場の変動が原因の危険性をかわすために考え出された金融商品全体の名称であり、とくに金融派生商品という名前を使うこともある。
必ず知っておくべきこととして、株式というのは、社債などと異なり、出資証券(有価証券)であり、出資を受けた企業は自社の株式を持つ株主に対しては返済の義務は発生しないことがポイント。そのうえ、株式の換金方法は売却のみである。
信用格付機関(ムーディーズなどが有名)の格付けのよいところは、膨大な財務資料が理解できなくても評価によって知りたい金融機関の財務に関する健全性が判断できるという点にあり、ランキング表で健全性を比較することもできる。
よく聞くコトバ、金融機関の(信用)格付けについて。格付会社が金融機関だけではなく社債などを発行する会社に関する、真の債務の支払能力などをアナリストの意見をもとに評価している。
すでにわが国内で営業中のほとんどの銀行は、早くから国際的な金融規制等(市場や取引)の強化も考慮し、財務体質等の一層の強化や金融機関の合併・統合等を含む組織再編成などまでも積極的な取り組みが始まっています。
平成7年に公布された保険業法の定めに従い、保険を取り扱う企業は生保を扱う生命保険会社あるいは損保を扱う損害保険会社に分かれることになり、いずれの形態であっても内閣総理大臣による免許を受けている会社のほかは行ってはいけないきまり。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:takuya
読者になる
2014年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hokenlabo/index1_0.rdf