保険は人生の節目で見直しが大事

June 21 [Tue], 2016, 16:28

私は結婚を機に自分名義の年金保険に加入しました。医療保険の方は夫の生命保険に家族特約をつけていた程度でした。子供ができれば学資保険も必要で、あまり保険料の負担が増えるのは避けたいと思いました。

夫については更新型の生命保険で、定期的に内容の見直しをしていたので問題はありませんでした。自分の保険については学資保険の支払いが終わった時期に、生命共済の医療タイプに加入しました。年齢的にも医療費の備えは必要だと考えたからです。

そして次に見直しをしたのは、夫の病気がきっかけでした。夫に万が一の時にはそれ以後、特約になっている私の医療保障が無くなってしまうのです。そして医療共済の方は掛け金が安い代わりに60才以降の保障が減ってしまうタイプなのです。そうなると健康に不安が出る年齢になってからの自分の備えが不十分になるということです。

そこで夫の保険の家族特約をはずし、医療共済も解約して新しく医療保険に加入しました。掛け捨てで終身保障ですが、無駄な部分ははずして自分に必要なものを選びました。人生の節目、また状況によって保険を見直すことが大切だとつくづく思います。

詳細はコチラ⇒メリットが多い引受基準緩和型医療保険
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hokenhiap
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hokenhiap/index1_0.rdf