前歯の治療費用と保険外の安い差し歯

December 03 [Sat], 2016, 15:49
虫歯になった前歯の治療にかかる費用は、進行具合によってまちまちです。

前歯の保険外差し歯が相場の費用より安い


抜歯することなく虫歯の部分を削り取り、詰め物をするコンポジットレジンであれば、初回の検査代を除けば数回の通院で2000円から5000円程度で治療することができます。

歯の大部分を削り取る必要がある場合には、差し歯を入れることになります。差し歯は素材によって保険が適用できるものとそうでないものがあり、治療の際に選択することができます。

保険が適用される歯は歯科用樹脂が素材となっており、1本あたり数千円で治療することができるため、初回診療時の検査代と合わせても、治療代は1本につき2万円程度で済みます。

但し、歯科用樹脂を素材とした差し歯は、金属部分が溶け出すことにより歯茎が黒ずんでくる可能性があります。

保険外差し歯は、歯科用樹脂によって作られた差し歯に比べ、高価なぶん機能的には優れています。

保険外差し歯のうち最も安いのはハイブリッドセラミックで、安価なものでは3万円程度で済むこともあります。

ハイブリッドセラミックはレジンとの混合物により製造されているため、色がつきやすいというデメリットがあります。

長期的に見た目が良いまま使用したい場合は、相場が若干高価ですが色がつきにくくて丈夫なジルコニアやオールセラミックが選択肢となります。

前歯の保険外差し歯が相場の費用より安い

P R
月別アーカイブ
  • SEOブログパーツ
http://yaplog.jp/hokengaiha/index1_0.rdf