自動車保険契約のミソ
2012.04.27 [Fri] 19:29

年齢などで条件をつけて自動車保険の保険料を安めに設定することができます。当然ですが、年齢が条件に達していない人が運転した場合には保険が適応されなくなります。自動車を使用する人が誰なのかを確認しておかなくてはなりません。もちろんですが、年齢条件付きの保険を使用しているのならその事を家族には伝えておくべきです。万が一、代わりに子供が運転してしまった場合などで事故を起こしてしまったら一大事になってしまうからです。当然ですが、友人や家族など頻繁にいろいろな人が乗ることが分かっている車なら自動車保険の年齢条件はつけない方が妥当です。

それ以外にも自動車保険には年齢ではなく家族に限定することで保険料を抑えることもできる特約があります。家族限定特約と呼ばれているものですが、これをすると家族以外の人間が運転中に事故を起こしてしまった場合には保険金は支払われません。誰がその自動車を使用することになるのかをちゃんと把握しておかなくてはいけません。

さらに、家族の中で原動機付き自転車を使う人がいるのならファミリーバイク特約もチェックしておいた方が良いです。この場合に注意するのはファミリーバイク特約では原動機付き自転車での事故でも適応されないケースなどが無いかどうかちゃんと確認しておかなくてはならないことです。注意事項に気を付けることは大事でなことなんですね。
 

自動車保険の変更
2012.02.15 [Wed] 22:55

当然ですが自動車を買い換えた場合はすぐに保険会社に連絡して車両入れ替えの手続きをしましょう。もしも車両入れ替え手続きを忘れてしまうと新しい自動車は保険に入っていない状態になってしまいますので当然ですが、事故をおこしても保険金はおりません。そうなってくると非常に困ってしまうのは貴方自身です。
自動車の販売店で車両入れ替え手続きを代行してくれる場合もあるようです。代行してもらう場合は車両入れ替え手続きが完了したかどうか必ず確認してもらう事を忘れないでください。また、車両保険にも入っている場合は新しい車と前に乗っていた車で事情が変わってしまい保険料が変わってくる場合もあります。
車が変わったとき以外にも年齢条件は家族限定特約と言ったものを変更したりして自動車保険の変更することあるでしょう。とくに自動車の使用者を限定して保険料を抑えているのであれば十分注意しておく必要があるでしょう。子供が新しく免許を取得したので子供にも車を使わせたい、または結婚したので配偶者が運転する。さらには友人に車を貸し出す時に保険が適応されるかどうか確認し、場合によっては保険料が追加になってしまう事もあるでしょう。
その時は少し大変ですが、自動車の手続きと一緒に並行して手続きをしておくことが後の事を考えるとベストです。