【 更新情報 】

子供保険最新情報
家の子保険大特集
楽天市場で保険の資料請求

子供が産まれたら子供保険
大手保険会社の子供保険の保険料が簡単に計算できます。

楽天市場のネット保険
ネット保険だから気軽に請求、気軽に質問、便利に使おうネット保険。

学資保険とは

我が家の子どもも皆学資保険に加入しています。 将来高校・大学・・更にその上になんて嬉しいことになった時に 『ごめんね〜家にはお金がないからあきらめて!!』 では・・・・・。
絶対ダメダメ !!

子どもが大きくなるとお金がかかることは間違いないので学資保険に 加入済みです。 学資保険には、貯蓄性に重点をおいたものと医療保障に重点をおいたものの2タイプの保険があります。 貯蓄に強いタイプの学資保険では親が子どもの教育費を計画的に貯蓄することができるように なっていることが魅力の一つです。
子どもが3歳・6歳・15歳・18歳・22歳などの一定の年齢に達した時にお祝い金や満期保険金を 受け取ることも出来る学資保険もあります。大抵の場合、お祝い金は入学・進学などに合わせて貰えるようになっています。 もちろん要らなければそのままにしておいて欲しい時に頂けばいいんですね。

そして学資保険の大きな特徴は、契約者である両親に何かがおきた場合には子ども保険の保険料支払いの義務はなくなり育英金が 出る制度も導入されていることです。

また、医療保証に重点を置いた学資保険の場合は突然の怪我や病気の際の医療費を受けることが、できるようになっています。

学資保険といっても様々な種類があるので良く考えた方がいいですね。

子供の怪我

子どもは怪我が多いです。
でも我が家の学資保険は入院の場合は保険が出るんですが 通院は出ないのです。
怪我といってもやけど・捻挫・切り傷・縫い傷などですが 、結構消毒に通うわないといけません。 これが案外大変で大きな出費でもあるのです。

ただ市町村によって様々ですが、小学生まで小学生になるまで と期間限定で医療補助が摘要されています。 でもそれが無い場合は通院 600円×10日間などとなります。 このため傷害保険などもあるといいと思いました。 もちろん学資保険とは別に掛け捨ての傷害保険にも加入しました。

また御自身や家族の誰かが傷害保険に加入していると 、家族全て補償してくれるような保険もあります。 そして最近は+αで 一億円の賠償がついたりします。 これは子どもが人のものを壊したり人の車をきずつけたり、 ガラスを壊したり、もちろん買い物中の時もですが 、こんな子どものいる家庭に嬉しい保険も出ています。

色々調べて加入したいですよね。

傷害保険

子どもが加入する専用の傷害保険もあります。 掛け金も毎月1,000円程度〜とか小学校などでもPTA保険などを 実地してる地域もありこれだと年に10,000円もかかりません。 また市町村で格安に保険に加入することも可能です。

子どもの傷害保険の場合は本当に自転車で転んだ ・やけどをした・カッターで指が切れた・頭をぶつけた・ガラスで切った ・・・・など些細な怪我が殆どです。 ですがこれが何度も重なると保険の加入があるといいな〜と 考えるのです。
ただ保険を請求する時が問題です。 所定の請求用紙に記入していただくのにも料金がかかる場合も ありますが簡単に出る場合もあります。 保険の掛け金の安さも重要ではありますが、保険金請求時のことも 加入の際考慮したほうがいいと思うのです。 何度も保険を請求するために、病院へ行くのでは保険をもらう意味がありません。
最近では簡単な通院ですと診察券のコピーを提出してあとは 、保険会社が通院の有無を電話などで確認する簡単なシステムの 保険もあるようです。 この場合は本当にかすり傷程度の場合だとは、思いますが・・・。


子ども保険

子供が大きくなると本当にお金がかかります。 我が家の場合は、全員学資保険には加入しています。
が最近、傷害保険にも加入しました。 小学生になりスポーツ少年団に入り、つき指だの捻挫だの何だか チョコチョコとお金が飛んでいきました。
たまたま、我が家の学資保険には入院補償がついては居ますが 、怪我などに対応する保険は付属されていないので 新たに加入しました。 この傷害保険は本当に最低ランクの安いものにしました。

本当に小さな額ではありますが、何度か通うとガズリン代や治療費の 足しにはなります。
本当に子供って大きくなればなるほどお金がかかるのだと 再認識しているこの頃です。