沖田でももち

June 20 [Mon], 2016, 14:07
一口に看護師の仕事と言っても、病棟勤務か外来勤務かですることが全く違います。ですから、ずっと病棟勤務だった人の場合は、別の仕事先に移ったとしても、慣れている病棟勤務になりやすいようです。


それから、採血が上手くできるなど、採用時に雇用側に言っておくと、得意なことを最も活かすことができる職場配置となるはずです。また、夜勤が性に合うので希望する、等と伝えれば、ほぼ病棟勤務ということになるでしょう。



そうした仕事の中身により、給金の額も増減することを視野に入れつつ、希望する点を相手にしっかり伝えるのが、双方にとって有益なことです。基本的に、看護師がやる仕事は、外来か、または、入院病棟かによって、さらに、小さな個人病院か、大きな総合病院かでも、違ってきますが、病気の人やケガをした人のお世話とか看護が主な業務になります。患者側が不安を感じずに治療に専念するためにも、大切なのが、看護師だといえます。
看護師として勤務している人は何万人もいますが、それと比較して、看護の、資格を保有していながらも、職に就いていない人が50万人以上存在すると言われています。



日本で4万人の看護師が足りないと推測されているため、ほんの少しの人でも勤務できるようになれば、この問題も少しは解決できると考えます。実際、看護師専用の転職サイトには、祝い金をくれるところがあります。



転職をしてお金を受け取ることができるのは嬉しい気持ちになりますよね。ですが、お祝い金を出してもらうための条件が大抵はあるため、チェックを事前にきちんとしておくようにするのが良いでしょう。それに、お祝い金がもらえないサイトの方がサービスが良い場合も出てきます。看護師の資格をとるための国家試験は、1年に1度行われます。

看護師不足が問題となっている私たちの国にとってうれしいことにここ数年、看護師資格の合格率は90%前後と非常に高いレベルを維持しております。看護師の国家試験は、大学のような選抜するための試験ではなく、一定のレベルをクリアできれば合格が可能な試験です。勤め先に関わらず、看護師は大変なこともたくさんある仕事ですが、一生働きやすい仕事であると考えられています。

結婚とか妊娠で、一回休みを取った場合も、復職しやすい職業です。

レベルの高い専門性が産休の後の復帰のしやすさにつながっていると思われます。生涯、就職先に困らないとされる一方、離職の割合が高い仕事でもあります。転職活動の場面においては、ご存じのとおり、たとえ看護師であっても履歴書の持参が必要ですが、その際、注意点があります。注意すべきこと、それは履歴書の項目の中でも特に大事な志望動機をいかに書くかです。どうするのが良いかというと、雇用条件や労働環境の良さを志望理由とするのではなく、研鑽に励みたいという理由や過去に働いてきた経歴を生かせそうだからといったような「この人はやる気があるんだな」と感じられるような内容がいいのではないでしょうか。


よく言われることですが、看護師という仕事から得られる充実感は大きいものです。しかし、反面、この職業ならではの苦労もつきものとなっています。なかなかきつい仕事であることは確かですし、労働時間は長く、また不規則になりがちですし、医療現場である以上、緊張の度合いも相当大きく、そうした中では意見の相違や行き違いから、人間関係が難しくなることもあるはずです。ハードさを充分納得しつつ、看護師のお仕事を志望する人が引きも切らないというのはやはり、良くない点を打ち消せる程に良い点がたくさんあるということなのでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:愛梨
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hoitvmnbteders/index1_0.rdf