就労基準、月48〜64時間=自治体の裁量で設定―15年度からの新保育制度・政府

January 15 [Wed], 2014, 16:15
政府の子ども・子育て会議は15日、2015年度から始まる保育の新制度で、保育所を利用できる保護者の就労時間の下限基準を「月48〜64時間の範囲で市町村が定める」とする方針を決めた。保育所の利用は原則としてフルタイムで働く人に限られたが、新制度では、パートなど全ての就労形態に利用対象を広げる。
 就労時間に関する全国共通の基準は定めるが、保育所の整備状況や待機児童数は地域差があることから、実際の運用については市町村に一定の裁量を認める。
 新制度では、保育所を利用できる時間をフルタイムで働く「標準」と、パートなどの「短時間」の2区分に分ける予定。 

(時事通信より引用)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hoikunews
読者になる
2014年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hoikunews/index1_0.rdf