頬の赤みがコンシーラーで隠れない時の対処法!アレで目立たない?

June 19 [Sun], 2016, 22:11

「頬の赤みをコンシーラーで隠そうと思っても、
 全然隠せなくて…!?」

と、あなたは悩んでいませんか?

頬の赤みをファンデーションを重ね塗りしても隠れない場合、
「コンシーラーなら隠せるかも?」
と思いますよね。

それで、使ってみたものの…

全然隠すことができない、ということってありますよね。



「頬の赤みをなんとかしたい!」
と、あなたは思いませんか?


■頬の赤みを隠すには?


頬の赤みを隠そうとコンシーラーなどを使うと、
赤みがひどくなることが多いです。


頬の赤みの大きな原因は皮膚が薄いことです。

皮膚が薄いと外部からのダメージを受けやすくなります。

それで、ちょっとした刺激で血管が広がったり、
あるいは炎症したりするんです。


血管が広がったり炎症したりすると、
赤血球が集まりますので赤くなってしまうんです。


それで、コンシーラーを使ったり、
あるいはファンデを重ね塗りしたりすると、
皮膚に負担がかかってしまい、ますます薄くなってしまいます。


ですから、赤みがひどくなってしまうのです。


頬の赤みをコンシーラーで隠すことができることもありますが、
コンシーラーを使い続けると赤みがひどくなって
そのうち隠れなくなることが多いです。

ですから、頬の赤みを隠すためにコンシーラーを使うのは
おススメできません。


頬の赤みの原因は皮膚が薄いことです。

ということは、皮膚が厚くなると赤みが目立たなくなる
ということになりますよね。


頬の赤みはメイクで隠そうとするのではなく、
根本原因である皮膚が薄いことを解消することが大切ですよ。


■頬の赤みを根本的に解消するには?


皮膚が薄くなる原因は、ターンオーバーの乱れです。

ターンオーバーが乱れると肌細胞が早くはがれ落ちてしまいます。

そうなると、どんどん皮膚が薄くなってしまいますよね。


それで、ターンオーバーを正常にすれば、
皮膚が薄いのを解消することができるので、
赤みを解消できる、ということになります。

それにはしっかりとスキンケアをして
肌に潤いを与えることが大切になります。



とはいっても、皮膚が薄いと
化粧水などが肌に刺激になってしまい、
赤みがひどくなることがありますよね。

ですから、皮膚への負担が軽いもので
スキンケアをすることをおススメします。


化粧水の「白漢しろ彩」は、
敏感肌の方の93%が「肌荒れ・刺激が見られない」と、
実感しているんです。

そして、86%もの人が赤みに対して効果を実感しているんですよ。

多くの人が
「赤みが気にならなくなった!」
などと満足しているんですよ。


頬の赤みを目立たなくしたい
と思っているあなたに「白漢しろ彩」はおススメです。


詳しい情報は下のリンクをクリックすると確認できます。

「白漢しろ彩」詳しくはこちら

































.