移動販売の文化、屋台の文化

September 04 [Sun], 2016, 12:29
移動販売の文化、屋台の文化といっても、それは江戸時代から存在する。

時代劇でよく見かける蕎麦を売る屋台のような移動販売のようなお店である。

これら固定店舗を持たずに人の集まる場所へ手押し車、あるいは組み立て式の屋台を設置して蕎麦やだんご等を販売する方式である。

その文化が現在の移動販売と屋台に引きつがれている。

今では、集客のためにイベント業者や祭りの主催者などが移動販売および屋台に出店場所を提供したり、また、出店を依頼する。

愛知県では、いか焼き フランクフルトを販売するいか焼き本舗が頑張っている。

関東では、マンゴージュース等のドリンクと焼そばやクレープ、パスタを販売するいか焼き本舗が頑張っている。こちらでは、ビールやから揚げ、自家製ローストビーフ等のメニューがある。まるで、移動する居酒屋さんである。

みんなの町の移動販売と屋台から転用)

移動販売や屋台は、未来にも進化を遂げ、日本の食文化のいっかくを担い続けていくであろう