贅沢なブランド値上げ週期今年早い

March 12 [Tue], 2013, 15:28
近日、フランス贅沢品LVMHグループのスポークスマンは、LVMH主力ブランドから2月中旬から、日本でのブランドの価格を引き上げ、平均値上げ12%。今回の値上げ幅もLV進駐以来最大の一度。また、中国内地のLVコーナーも若干手袋価格引き上げ:国内LVコーナー手袋価格の上昇幅は4%以上で、パリLV専門店の商品価格の引き上げ幅は5%-10%。

今回の日本での値上がり、一部の原因は円下がると原材料の価格が上昇。去年、日本でLVMH収入がその総収入の8%。過去3ヶ月以来、円は対ドルで下落した13%。苦労は、そのLVMHの収入が減る。また、LVMH集団内部者変動やブランド効果の影響を及ぼすなどの多方面の原因も、その決定を縮小店舗、引き上げ価格の大きな要因。一方で、LVの贅沢品の界の“風向計」の地位、統計によると、シャネル(Chanel)、ブルガリ(BVLGARI)、ディオール(Dior)、フェラガモ(Ferragamo)などの一線11国際ブランド、これまでに約8割引き上げ価格。

実は、ここ数年来の贅沢品の毎年の2回の値上げはとっくに「恒例」、毎回利得3%-5%頼もしく見える、贅沢品の投資品の「錯覚」。例えばディオール(Dior)ブランド傘下の「Lady Diorバッグ、バッグ、かつて」贈呈ダイアナ妃で「ダイアナ妃バッグ」の愛称を7年前、その価格は1.4万元で、今日まで3.2万元に達している。そして、それでもこのバッグは長らく「必ずしも品」のヒット状態。メディアまで出「もし7年前迫力と目を購入するこのバッグは、他の投資を稼ぐより多く」の感慨。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/hofdfsa/index1_0.rdf