足が痛い

June 23 [Sat], 2007, 20:46
今日、東北大学川内グランドで、宮城教育大学との練習試合があった。


もう引退した身だけど、「キャッチャーがいないから来てくれ」と、監督に頼まれていたから、そんなに必要とされているなら行こうぞよ!と思っていったわけだよ。



そしたら、





あ、来たの?もうメンバー表書いちゃったよ



見たいな感じの出迎えで、



なんとか8番キャッチャーで出してもらえることになったらなったで、




何でデフォ(守備だけの人)じゃないんですか?




と、オガリストに言われる始末。




さすがにピッチャーのフクミストは「来てくれてありがとうございます」くらい言ってくれると思ったら、




別にどっちでもいいです



と、オレじゃなくてもいいとのこと。




なかなかの受け入れられ方をして、試合開始を待った。



と思ったら、スパイクを忘れたことに気づき、取りに帰った。



自転車こぎまくって試合開始前にすでにばて気味。




そして夏のような暑さ。




先行きは暗い。



そして試合開始。



1回裏の自分の打席までユニホーム着てなかったことに気付かず。



ただその自分の打席でホームランを放つ。






ピッチャーがいい投球をしてくれたから(最終回を除く)キャッチャーをしてて楽しかった。



やはり三振がないとね!!!






試合も大勝し、いい気分で引退できたな。





明日はトーイックだ!




でもライアーゲームを見よう



OB

June 08 [Fri], 2007, 0:03
今日、インカレ予選後初めてソフトの練習を見に行った。


監督の指示の下、1,2年生が真剣に練習に取り組んでる姿は、俺がいたころの練習風景とは少し違って見えた。



部室もすっかり模様替えされ、日誌もつけているらしい。



選手の邪魔になるからと、ノックに入ることも断られ、なんか、とても自分のいた部活とは思えなかった。



選手のみんなにはがんばってもらいたいけど、多分練習に行くことはほとんどないだろう。







北海道の思い出A

May 29 [Tue], 2007, 11:53
Aでは、移動に関する話。


今回は、アクセス鉄道、飛行機、レンタカー、フェリー、バス、と、あらゆる乗り物を体験した。


飛行機は超久しぶりに乗ったんだけど(受験以来だからそんなでもないか)、あんなに揺れるもんだとは思わんかった。


隣に座ってた飛行機初体験のポロリ君が冷や汗をかいて「怖いよー」といっていたのが印象的だった。



でも、あんなに早く北海道まで着くんだから、やっぱすごいわ。



あと、どんなけ揺れても、動揺を全く見せない飛行機慣れしたようなほかの客が、千歳に近づいてきたとたん、窓の外をいっせいに見だしたのは面白かった。




レンタカーについてはあんまりいい思い出がないね。



何の気を利かせてくれたのか知らんけど、レンタカー屋の人がちょっと大きめの車ホンダ「スパイク」を用意してくれていて、「お〜車内広いな〜」とかいいながら最初のうちは楽しんでいた。




が、




車高が高いのが災いする。





札幌でコインパーキングにとめようと思って入ろうとするんだけど、ことごとく「高さがね〜」といって拒否されてしまう。




それで車の流れをつまらせて、後ろの車から猛然とクラクションを鳴らされる。




そんな感じですっかり気がめいってしまった。




札幌のドライバーは気が荒いわ。



あと、4車線もある一通の道路は初めて見たわ。






フェリーも飛行機と同じくものすごい揺れた。




あんなもんなんだろうけど、あのふわふわする感じはなんとも言えん。




ただ、乗船14時間中11時間を睡眠に使ってしまったため、あんま船旅の何たるかを感じれなかったのが残念だね。




酔わないためには寝るのが1番のような気がした。




さして面白い話はないけど、こんなもんだな。

北海道の思い出@

May 28 [Mon], 2007, 12:57
帰ってまいりましたよ。


北海道から。


今日の1,2限はでれんかったけれども、まあいいでしょう。



さてまず、試合だけど、





1回戦敗退




しかも、




コールド





リーグ戦の時と何のかわりもなく、20点を超える失点。




ああ、わが青春は、大敗とともに終了のベルを鳴らしたね。




トーナメント的に、「1回戦は厳しい戦いだけど、そこを勝てばインカレ出場もあるんじゃないか?」



って感じだったから、淡い期待が胸の中で騒いでいたんだけど、




ふたを開けてみたらなんのこっちゃない大敗。




まあこんなもんだったんだね、俺らは。





1年生ピッチャーに将来に向けて可能性が見えたのと、1,2年生のバッターにホームランが出たのが数少ない収穫だろう。




新チームにはぜひがんばってもらって、来年は地元開催のインカレに行ってほしいね!







と、いうわけで、今回の北海道遠征は、ほとんどが観光旅行になってしまった!!!




次の日記からは、そこらへんを書いていこうとおもう。

出発

May 24 [Thu], 2007, 22:30
ついに明日朝最後の大会に出発する。


今日授業が5限まであったせいで、練習に参加できず、もしかしたら昨日の練習が選手として最後の練習になるかもしれないと思うと、ちょっと寂しい。


グランドから上がってく階段の付近でおもいっきりこけてしまい、他人笑いとってしまったのが切ない。



明日と来週の月曜の授業に出れんのが痛いけど、おもいっきり北海道を楽しんで来たい。



札幌で札幌らーめんを食べるのが楽しみだわ。

けんじワールドの謎

May 05 [Sat], 2007, 21:03
さて、今日、岩手から帰ってきて、春のリーグ戦も終了した!


まあ、雨のせいで今日の試合は流れたんだけどね・・・。


昨日、福島大学に



0−35



というあまりに衝撃の大きいスコアで敗退し、盛岡大学との試合の分も合わせると、一日で50失点以上したと言う非常に心の折れる状態の中、



今日の八戸工業大学戦くらいは勝てるだろうと思ってた矢先の雨




もう岩手には完全に負けに行ったようなもんだ。




バッターのスイングした後のバットがひじに当たったり、




試合終了後、あまりにも劣勢な東北大学に辛い判定をし続けた審判団に対して文句を大声で言っていたら




隣で審判の人たちが普通に飯を食っていて、超気まずい感じになったりと、




あんまりいいことがない試合だったな。




バントばっかしてたせいで、



打撃の方も2打数1安打という数字しか残ってないし・・・。




カタリストも本領を発揮できずといったところ。




今月の後半にあるインカレ予選が心配でならんわ。







で、暇になった今日、どこへ行っていたかというと、




けんじワールド




この「けんじ」は、検察官の意味ではなく、マリナーズの城島の名前とも関係なく、




そう、



羽賀研二の「けんじ」なんです!





はい、うそ。




銀河鉄道の夜で有名な宮沢賢治のけんじです。




あのひと、岩手の人なんだよ。




で、その宮沢賢治の名前を使った巨大な施設は、どんなところかというと、





プール&温泉







けんじ何にも関係なし。





プールはすごい混みようだったみたいだけど、2400円もするし、男4人で行っても意味ないから温泉だけに行っといた。





たぶんカップルとかで行ったらプールも超面白いだろうかし、小岩井農場からそんな離れとらんから、




岩手に観光する際には行ってみてはいかがか?




ただ、年中やっとるようじゃ採算が取れんのか知らんけど、GWとか夏休みとかしかやってないから注意しよう!!!




参照 http://www.kenjiworld.jp/





なんかけんじワールドの話ばっかになっちゃったけど、昨日、小岩井農場も行った。



一本桜はまだつぼみのようで、見れんかったけど、ソフトクリーム食べれたし、まあ面白かった。




ただ、2年連続で行ってるから、さすがに新鮮味はなかった。





最後に記念の写真を載せときます



やっぱりそれは明日にします。

カタリスト

May 02 [Wed], 2007, 23:59
僕らの部室にカタリストがやってきた!!!


あの「飛距離は値段に比例します」(byベイブ)


のカタリストです。



日本語にすると「触媒」だそうです。



さて、明日は岩手に出発!



車の中で聞くCDも借りてきたし、準備は万端!!!



打てるでしょうか?

Wii

April 30 [Mon], 2007, 15:11
ついにあの話題のWiiをやってしまった。


昨日、仙台大にあっさりボコられ、5回コールドで敗北したあと、後輩の家へ行って、みんなでWii大会をした。



まじでね〜



超面白いよ。



一人でやるもんじゃないし、人がいっぱいいないと面白くないけど、



人がいっぱいいるのなら、あんな楽しいもんはないね。




Wiiやらずに麻雀やったりボーリングにいったりしてた人々はもったいなすぎるでしょ!!!



時代の先端を走る任天堂



さすがだわ。

リーグ戦一日目

April 28 [Sat], 2007, 22:31
充実した一日だった。


まず、起きれた。


もう、寝坊しておいていかれた俺じゃない!


きっちり6時におきて6時15分には家を出た。



しっかりユニホームを着て。




そして華麗な運転を披露し、途中バスと激突して同乗してた3人とともにあの世へ行くか、と言う危機に見舞われながらも何とか会場に着く。





さて、第一試合。


もし打てなかったら本気で次からデフォでいいくらいの気持ちでのぞんだ。



ストライクは全部振ろうと思った。



そして、4打数2安打



よかった打てて。



でもタイブレイカーの大事な場面でピーゴロをうってしまったのは本当に痛かった。



そのせいもあってかチームは競り負けてしまった。



ここぞと言う場面で打てるようになりたい。





2試合目は宮城教育大学戦。2打席だけの出場。



で、2打数1安打



一打席目打てんかったのはくやしいね。



チームは快勝!



ピッチャーもすごいよくて、次につながる試合だった。




さて、明日は強豪仙台大学との対戦。



どうなることやら。




追伸、緑テックが折れて以降、全然バッティングがよくない。



違うバットでも打てるのか心配でならん。

緊張

April 27 [Fri], 2007, 22:14
明日からついに、大学生活最後のリーグ戦が始まってしまう。


意外と淡々と過ぎていくんだろうな、と思ってたんだけど、春ごろからわりかしちゃんと練習に行ってた(俺の中では)せいか、緊張してしまう。


これはどういうドキドキなんだろう。


試験前のあのいやな感じとも違うこの感じ。



三年前、高校生活最後の試合に臨むときもこんな感じだったんだろうか?



いや、あのときほど緊張しているはずはない。




今になってもっとちゃんと練習しとけばよかったなと思ってしまう。



そしたらもっと緊張していたんだろうケド、そっちのがすっきりしてたんだろう。



真剣味が中途半端だったから、緊張の具合もこんな中途半端になってしまうんだ。





去年寝坊しておいて行かれた春のリーグ戦。



ほんの少しでもいいから、チームに貢献できる活躍がしたい。



去年は年間打率が2割くらいだった。



一年の夏のインカレから出場し、主力だ主力だと思っていたら、微妙な感じのまま最後の学年になってしまった。



結局主力と呼べる活躍をすることもなく、ここまで来た。



せめて最後くらいは、自分の存在感を示して去りたい。



明日の第一試合日大工学部戦の第一打席が勝負だ。
P R
2007年06月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像一個下のキーパーN
» 夜は短し歩けよ乙女 (2011年05月21日)
アイコン画像F
» 夜は短し歩けよ乙女 (2011年03月30日)
アイコン画像satoshi
» 夜は短し歩けよ乙女 (2011年03月24日)
アイコン画像F
» 医龍22巻 (2010年02月08日)
アイコン画像satoshi
» 医龍22巻 (2010年02月08日)
アイコン画像しまっ子
» 愛を深めるのに、ふれあうのは大事なこと (2010年01月12日)
アイコン画像F
» 寅年だけに (2010年01月03日)
アイコン画像しまっ子
» 寅年だけに (2010年01月02日)
アイコン画像
» 寅年だけに (2010年01月02日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:F
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1987年
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:愛知県
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
読者になる
http://yaplog.jp/hodoukyou/index1_0.rdf