『3DダンジョンRPGコンストラクションセット』 

2006年02月04日(土) 16時51分
『3DダンジョンRPGコンストラクションセット』

『3DダンジョンRPGコンストラクションセット』は、ワイヤーフレーム3DダンジョンタイプのRPGを簡単に作成するゲーム作成ソフトだ!!

ゲームの実行およびシナリオ作成用プログラムと、5本のシナリオデータがセットになっている。
自分でさまざまなシナリオを作成することにより、このソフトひとつで半永久的に楽しむことができる!

ひとつのフロアにつき20×20マス、最大地下15階のダンジョンを作成できる。登場モンスター、登場アイテムともに最大120種まで設定可能。さらに、戦闘、神聖呪文、魔法呪文、盗賊の4技能のついひとつ以上を持った最大15のクラスを設定できる。呪文は30数種の効果中から選択可能。強さを変えたりすれば、80種の魔法を作ることが可能だ!!つまり、3DダンジョンRPGの王様『ウィザードリィ」と同じか、それ以上の規模のゲームをデザインすることができる、十分なキャパシティーを持っているツールなのだ!

このほか、呪文を設定することで使用可能なオートマッピング機能が用意されていたり、マウスとキーボードの両方で操作できるなど、今時のユーザー向け機能も事欠かない。

作者:ヒーロー
:http://homepage3.nifty.com/hi-ro-2/
:フリーソフト

Rmake 

2006年02月01日(水) 16時20分
『Rmake』

優れたユーザーインターフェースで豊富な機能と高い自由度を持つRPG作成ツールを目指して開発されたオープンソースのツールが『Rmake』だ!!

基本的に2Dのフィールド型RPGを作るためのもで、ポリゴンを使った3DRPGのようなゲームを作ることは単体ではできない。

しかし、自由度の高いプラグイン機能を利用することで、マップの一部にポリゴンモデルを表示したり、戦闘だけ3Dで表現することができる!!

開発元のWebサイトで公開されているプラグイン開発ツール『RDK』を使えば、プラグインの自作も可能。

画像処理も強力で、キャラクターをひとマス(32)単体ではなく、16ドットや8ドットなど、かなり細かく移動させられる。640×480ドットのフルスクリーンプレーできるほか、アルファチャンネル付き画像も扱える。マスク画像を使えば、キャラクターが背景に溶け込むように、キレイに表示させることもできる!!

豊富なエディターを用意している点も特徴のひとつ。
マップを作成するマップエディターや、キャラクターの動きを編集するアニメーションエディターなど、全部で4つのエディターを使いながら作業を行う!!なかでも特徴的なのは、戦闘シーンエディター。戦闘時の画面レイアウトやモンスターの位置を自由に変更できる斬新な機能だ。

作者:アージェント
:http://www.rmake.net/akasata/index.php
:フリーソフト

『Card Wirth』 

2006年01月20日(金) 22時34分
『Card Wirth』 

カードゲームの要素を取り入れたテーブルトーク風RPGが作成できるツール。各キャラにランダムに配られる5枚のカードによって、戦闘時の行動が制限されてしまったり、おなじみの“能力値”パラメーターが存在しないなお、一風変わったゲームシステムが特徴的(><)/

キャラやモンスター、アイテムなどのゲームに登場するすべてがカードの形で表示される。戦闘画面や移動先、行動内容もカードで表示され、クリックすることでゲームが進む。

ゲームの作成は、『CardWirthEditor』を使って行う。新規にカードを作成して内容を編集していけばオーケー。カードの配置も、カードリストからマウスでドラッグ&ドロップして任意の場所に置くだけ。マルチウィンドーやツリービューによる表示などもわかりやすい。

条件分岐やアイテム取得など、用意されたさまざまなパーツを組み合わせることでイベントを作成していく。複雑なイベントを多様したりストーリーも手軽に作成できる。

また、同じキャラクターで複数のシナリオをプレーできる点も『CardWirth』の魅力。シナリオ追加型のシステムを採用しており、ほかのユーザーが作成したシナリオを自作のキャラクターでプレーできる!!

さらに、シナリオをクリアすればキャラに“クーポン”という称号を与えることができるのもポイントだ。この“クーポン”を活用して、特定のシナリオをクリアするとクーポンがゲットできるようにしておけが、クーポンをゲットできたキャラクターのみがプレーできる続編シナリオを用意することもできる!!

作者:groupAsk
:http://www.ask.sakura.ne.jp/
:フリーソフト

SRC 

2006年01月09日(月) 9時10分
『SRC-Simulation RPG Construction』

『SRC』は、シュミレーションRPG作成ツールだ。
2Dで表示されたマップ上で敵味方ユニットが表示され、ターン制でお互いが戦う。
勝利条件を満たせば、ステージクリアだ。ロボットやファンタジー世界を舞台にしたシュミレーションRPGを制作できる!!

シナリオ作成は、メモ帳などのテキストエディタで行う。もちろん、プレーヤーやユニット、特殊能力、アイテムなどは指定フォーマットにしたがって順番に記述していくだけで簡単にできる!!
 また、シナリオファイルに関しては“イベントラベル”というシステムが導入されており、“こういう条件になったときは、このコマンドを実行する”といった対応付けを行うだけでシナリオを作成できるのだ!!

戦闘の舞台となるマップに関しては、付属のマップエディターを使い、マウスを使った操作でグラフィカルに操作することが可能だ!コピー&ペーストや、やり直し、塗りつぶしなどの機能も充実しているので、マップ作成も楽チン。

作成した作品は、自分のWebサイトで公開できるほか、『SRC』のオフィシャルホームページにある“シナリオダウンロードコーナー”に投稿することもできる。ユーザー数が多いので、きっと多くの人に遊んでもらえるハズ!!

作者:kei Sakamoto
:http://www.src.jpn.org/
:フリーソフト

J-RPG Creator 

2006年01月08日(日) 12時38分
『J-RPG Creator』 
 オードソックスな2DフィールドタイプのRPGが作成できるRPG作成ツール。


マウス主体で操作できる、シンプルなインターフェースが魅力だ。マップやキャラクター、イベントなどシナリオ素材の制作がラクい行える。

各種設定項目は“敵モード”、“道具・武器モード”のように内容ごとにモードのように分かれている。
モードの変更も、モード切替ボタンひとつで可能。
マップ、プレイヤーキャラクター、モンスターからアイテム、魔法にいたるまでさまざまなモードがあり、それぞれのモードで細かい設定まで行うことが可能。

大量のサンプルが収録されていることもポイントだ。
65種類の敵グラフィック、500種類以上のマップ用グラフィック、20曲ものBGMなどなど、RPGを作成していくうえで必要なデータがしっかりと揃っている。

作者:J-JSoft
http://hp.vector.co.jp/authors/VA020046/creator.htm
:フリーソフト
2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hochrot
読者になる
Yapme!一覧
読者になる