タイ・カンボジアD 

2007年09月29日(土) 23時26分
a world heritage

最初に行った世界遺産がアユタヤ遺跡
アユタヤ記念公園ってところにいろいろな遺跡が点在してる

14世紀から18世紀くらいにかけて発展した
アユタヤ王朝の遺跡らしくて、建物はほとんど赤茶色の煉瓦でできていて

とか。そんなもん全く関係無しに
「世界遺産だろ!?ヤバイに決まってる!!とりあえず行こう!!」
って感じで出発

初め遺跡の中に入ったら。なんか「ほえー」ってなった
遠くからみてヤバイヤバイって言ってたんだけど
中に入って。この中で昔の人が儀式とかしてたんだなぁ・・・
って思うと
だんだんと「ほえー」ってなってきて城壁座って2人で煙草吸ってた

んで。かれこれ3箇所くらいで30分ずづ「ほえー」ってしてたら。
慣れてきた・・・っていうか飽きた

そっから遺跡はほぼテーマパークとなって
どこに上れば良い眺めか!とか遺跡でオモロイポーズして写真とろう!とか。完全に遊び場になった
どっかのツアーのガイドさんにも怒られた笑
んで疲れたら煙草吸いながら「ほえー」ってしてた

あと象にも乗った!!V6の森田ゴウも乗ったらしくデカデカと写真が飾られてた笑
象に乗って観る遺跡もまたよかったなぁー

なんだか後半は遊んでるだけだった気もするけど
世界遺産はやっぱすげぇ

タイ・カンボジアC 

2007年09月29日(土) 23時25分
loose life

タイ・カンボジアで圧倒的に感じた日本との違いは
やっぱり時間と仕事にルーズ!!

カンボジア行きのバスが途中で止まった時なんか
ガイドのニーチャンが
「今日はここで野宿かもなー」
とか言い出すし
国境の係官がメシ食いながら入国審査してたりする
あと、時計してる人や時計のある店ががほとんどない

初めのうちはジョッサン(友達)と「マジかよー」「オーダー遅いなー」とか言ってたけど、そのうち慣れて

「1時間半待ちかぁー、じゃぁそこでお茶でもするかー」
「おい、このメニュー。サンキューが・・・」
「THINK YOUになってんな(笑」
「あとサンドウィッチがSUNWICHになってるぜ」
「D忘れてるー!!!」
とか
「じゃぁ俺本読むわー」
「じゃぁ俺寝ようかなー」
って、いつの間にか俺らもルーズライフになっていった
というか快適になっていった笑

日本じゃ絶対ありえないし、そんな暇無いだろうし
やっぱり接客とかはある程度モラルがほしいけど

やっぱルーズライフも・・・いいかもしれない♪

タイ・カンボジアB 

2007年09月29日(土) 23時24分
moter bike accident in スコータイ

単車でコケるのはヤバい
そういろんな人が言ってたし、大怪我した人も知ってる
運動量保存の法則とか考えても明らかにヤバい

そんなことが頭にあって安全運転は心がけていたんだけど
暗がりの遺跡群の中、コンディションの悪い道ってのは計算外やった

スコータイの遺跡群はとりあえずメチャメチャ広くて
森の中に点在する小さな遺跡なんかあわせると500箇所くらいはあるらしい

じゃぁ単車借りるかぁ!ってことになって
自然溢れる森の中を快適にツーリングしてた
超楽しかった

んで、夕方になって。夕日が丁度良い感じに遺跡を照らし始めるとき
だいたい時速60キロくらいでてたと思うんだけど
森の中にふと夕日に照らされた遺跡が現れたとき
おー、やばいなぁコレはー
って完全によそ見してたら・・・
突然目の前のアスファルトに穴ぼこが!!

これはやばい!
って思ってブレーキを掛けてハンドルを切ったら
当然の如く後輪がスリップした

なるほど・・・これがドリフトの原理なのか!!

って実感する暇もなく
脳裏に人生の1シーンが浮かび・・・なんてこともなく
前に向いていた視線が急に地面に落ちて
体がぶっ飛んだ、2回転くらいした

まず真っ先に単車の具合を見て
とりあえず走れることを確認し
どこか治療してくれるところを探して走り出すと
体のそこらじゅうが痛いってわかった
幸いうまく受身をとれたのか頭は打ってなかったし
両手両足の筋が少しずつ痛いくらいで
擦り傷はかなり痛かったけど、運転はできた

最寄のゲストハウスで、明らかに人を苦しめるために作られたような消毒液とガーゼをもらって治療し
レンタルバイク屋に誤って200バーツ払って
なんとかホテルまで帰ることができた

だけど、その後がもう最悪で
風呂なんて痛くて入れないし
残りの3日間、ほぼ安静にしてたし
マリオットホテルのプールにも入れなかったし・・・

かなりブルーな後半戦を送ることになった

とりあえず、皆にアドバイスしたいことは
「単車でコケるのはヤバい」この一言

タイ・カンボジアA 

2007年09月29日(土) 23時23分
カオサンロード

バンコクの下町で、安宿が立ち並び、毎日露天が出され、クラブやバーで賑わう活気ある通り。それがカオサンロード
そこでいろんな熱いヤツらを観た

小さなバーで力いっぱいrock on rollを演奏する、ヴォーカルが小太りでロンゲのROCKなバンド
一人で真っ赤なエレキギターを持ってボロボロの服でイカした演奏をするFUNKYなじいさん
2人でアコースティックギターをを持ちポップスを歌うHOTな若者
全身金ピカでピクリとも動かない、まるで人形みたいなCOOLなパフォーマー

そして
クラブで、数種類しかしらないステップとノリでHOUSEを踊るシュールな某日本人旅行者

・・・・まだまだ勝てる気がしねぇ(笑)

タイ・カンボジア@ 

2007年09月29日(土) 23時22分
road to アンコールワット

バンコクから国境を越え、アンコールワット付近のシェリムアップまで要した時間は。バスでなんと合計16時間!!

もちろん道なんて舗装されてないボッコボコな道で、座ってるだけで疲れる
外灯なんて無いし。ただ赤茶色い道がまっすぐ伸びてる道
牛とか普通に歩いてるし
脇道には普通にガンジャ自生してるし
テレビで見るような物乞いする子供たちもいた

休憩でこじんまりとしたレストランに入ったとき
その子供たちがやってきて、旅行者を囲んでガンガンに絡んでくる・・・もちろん俺も
バンコクで絡んでくるおっさんなら無視できるんだけど
その時はすっげー悩まされた、というか苦しかった

TVとかで何度か見た光景だったし。
この子たちの為にも、お金をあげちゃダメっていうのはわかっていたし。
仕事が無いのはなんとなくわかるし
お金を得るにはこの方法がベターなんだろうとは思うけど
できれば物乞いなんてしてほしくないし・・・

目の前のこの
「オニーサン、日本人? コレ買ってー」
と拙い日本語で話しかけてくるこの子供に100バーツ(400円)あげれば、この子は多分すっげー喜ぶだろうけど
ずっとこんなことを大人になるまで続けてしまうだろう
周りの子も、言い方が悪いけど図に乗るし

多分それはなんとなくダメなような気がしたから
全部、ごめんねって言って無視した・・・
あとでちょっぴり泣いた

あの時どうすればいいのか正直わからなかった
今もわからないし、正解があるかどうかもわからない

そんな悔しい思いをした road to アンコールワット

タイ・カンボジア旅行 

2007年09月29日(土) 23時20分
9泊10日でタイ・カンボジアへ行ってきました
立命の友達と2人で遺跡巡りしてきました

アンコールワット・アユタヤ・スコータイの3つの世界遺産を訪れ
パタヤの離島の微妙な海岸で泳ぎ
俺はデジカメを無くし、友達は財布を落とし
スコータイの遺跡で単車で60キロ出してこけて・・・
いろんな人に騙されて
いろんな人に親切にしてもらって

かなり濃ゆくて楽しい旅行でした
ちょこちょこ旅行記を書きますが、デジカメ無くしたので写真は無しです笑
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ペコ
読者になる
広い世界を見たい
それだけっ!!
2007年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
アイコン画像ペコ
» タイ・カンボジアD (2007年10月09日)
アイコン画像スカ
» タイ・カンボジアD (2007年10月06日)