豊と竹岡

August 04 [Thu], 2016, 15:19
キャッシングを大きく分けると系列企業の銀行が親会社になって取り扱っている商品と消費者金融が取り扱っているサービスに分けることができます。

銀行のキャッシングサービスは銀行系と総称され、特徴としては融資の合計が年収の3分の1を超えてはいけないという総量規制の対象外になりますし、配偶者が安定して稼ぎを得ているのなら、専業主婦でも借りられるという特徴があります。一方で、消費者金融は業者の数がとても多く、サービスが多種多様です。無利息期間のあるサービスもあるので、ちょっと借りてすぐに返したいという人にはピッタリだと思います。普通、クレジットカードというと、ショッピングの際の現金代わりに使われるイメージが強いですが、現金を借りることができるキャッシング枠がオプションでついているものもあります。利用した場合、返済はほとんどの金融機関で一括払いとなっているはずです。


クレジットカードのキャッシング枠はあくまで付帯サービスなので、活用している人は少ないかもしれませんが、キャッシング機能だけのカードもあることをご存知ですか。



キャッシング機能だけをもったものは、一般的にローンカードと呼ばれます。



なお、クレジットカードにキャッシングのオプションが付いていないというケースもありますが、キャッシング枠をつけるのか、限度額はいくらか、といったことはクレジット会社が審査するため、申請してみると良いでしょう。
繰り上げ返済を返済日前にすれば、金利は一日単位で計算されるので、減った日数分だけ金利も減らせることができます。

その際、返済額が規定を上回れば、元金も早く減らせるので、その後、生ずる金利も少なく済ませられます。もしも余剰資金ができればこれを使って、金利を最小限に抑えましょう。最小の手間でキャッシングをしたい場合、写真がついた本人確認書類を揃えて自動契約機で申し込みをすると簡便で、ごく短い時間で審査結果がわかるので、予期しない出費には向いた手段です。

キャッシングも借金ですので信用状況の調査、勤務先への在籍確認による審査が必ず行われるので、期限までにきちんと返済すること、収入が安定していることなど借りたいプランに必要な条件を満たすことが必要です。

キャッシングを利用するならひとつの金融機関に絞れば手間も少なく、簡単に返済できると言われています。とはいえ、もう1社くらいなら借入先を増やすほうが都合が良いこともあるので、時には見直しが必要です。2社目より1社目のほうが金利が高いときや融資限度額を考えると会社によって大きな違いがあり(800万円という会社もあります)、1社だけに絞ると逆に損するケースがあります。



限度額なら1社目のほうで引き上げ可能だったりしますが、金利の違いがあれば2社目を考慮したほうが良いでしょう。
カードローンやキャッシングの金利のデータを集めてみると、審査基準の甘さ(厳しさ)とそれなりの相関性があるみたいな気がします。つまり「即日」や「何分で審査」と言っているところは高めで、審査に一週間くらいの時間を要するという金融機関のほうが、金利が低い(総返済額が少ない)といった長所があるのです。
高利率でもスピード重視、手間ヒマかけて低金利重視。どちらをとるのも利用者次第ですが、上手に使い分ければだいぶトクすることができると思います。

金融機関によっては借りることのできる限度額が違っていて、小口や即日の融資についてだけでなく、300〜500万円といった大きめの融資も受けることが可能です。



申し込みから融資までに時間がかからず、すぐにお金を手にすることができるので、とても実用的です。



カードを使って借りることが普通でしょう。インターネットを使ってキャッシングの明細を確認すれば、親などから隠れて借り入れを行うことができるのです。
一般的に、キャッシングを申し込むことは問題あることではありませんが、家族にバレないようにしたいという人もよくいます。
キャッシング会社からキャッシングの明細が送られて隠し切れないということがないようにインターネットの明細を使うのが良いです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:悠希
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hnvunoyrdrug5h/index1_0.rdf