平石がはやみん

March 21 [Mon], 2016, 3:28
ダイエット中の方は運動をしてダイエットを行うのは多分、普通のことだと思いますが、時間を決めて行っているでしょうか?なるだけ毎日朝なら朝にして、夜なら夜にと決まった時間に運動した方が痩せやすくなる体を作ることが出来ると思います。ダイエットにはよく有酸素運動が効果的だと聞きますが、有酸素と無酸素の境目というか、見分けられません。良く聞くのは、息は上がるけれど、汗はあまりかかない程度というのが、見分け方のようです。でも、汗をかく状況は季節によっても変わりますよね。もっとちゃんとした境界線などがあると痩せやすいと思います。どうしても食事と食事の間にお菓子を食べてしまって、どうしようと思っている方はお菓子の代わりにスムージーを飲んでみてはいかがでしょう。スムージーの作り方は自分の好きな食材をミキサーなどで混ぜ合わせて作ることもできますし、スムージー専用の商品を購入するのもいいでしょう。おやつや食事の代わりとしてスムージーを飲むことで、効果的に痩せることができるんです。ただ飲み込むだけではなくスムージーを噛むと、これ以上なくいいですよ。痩せることの出来る食事のイメージとしては脂肪分や糖分などが控えめなものが浮かぶでしょうが、私の個人的な経験をふまえると、塩分をできるだけ抑えた食事が効果的だったと思います。特に下半身のお肉が気になって仕方ない方は、まず減塩をしてみることを個人的におすすめします。本格的腹式呼吸を身につければ、基礎代謝が上がる可能性があるとのことです。しょうが湯を飲む、ストレッチをする、半身浴でリラックスしたり、偏に、代謝を上げるということひとつとっても根気がいると思っていた時だったので、まずは呼吸法を習得して、いつでも気軽に代謝を上げたいと期待します。ダイエットに、効果的なのは有酸素の運動と筋トレ、(ヨガもいいですね)です。遅筋は有酸素運動をするときに主に使われる筋肉ですが、筋トレで使われているのは速筋が鍛えられます。あなたも聞いたことあるかもしれませんが、遅筋は筋が肥大しにくいため、見た目にマッチョになりにくい筋肉です。この遅筋と速筋を同時に鍛えると、憧れのスタイルに近づけます。ダイエットが続かないという方は、体重を減らすことに成功した方の体験談を聞いてみましょう。インターネットなどで見かける記事などは信頼がおけないと思うので、実現できるならば身近な方のエピソードを直接聞いてみることをお勧めします。成功体験を知ることで意志を固めることができます。若い頃は基礎代謝がすごくしっかりしているので、少し食べ過ぎてしまい体重が増えたとしても時間の経過と共に元通りになることが多いと思います。でも、歳をとるにつれて基礎代謝力が減少し、エネルギーの消費量も落ちるので、何もしなかったとしたら脂肪がつきがちになります。ダイエットを成功に導くためにはウォーキングなどの有酸素運動をしなければいけません。有酸素エクセサイズにより体内の不要な脂肪が燃え始めるので、気になる部分のサイズを小さくする事ができます。実際、タフな筋肉トレーニングをやっている人もいますが、こういったのは辛くて長続きしない場合も少なくないでしょう。私がダイエットにチャレンジした時、自宅で可能なダイエット法として腕立て、腹筋、スクワットをして、筋肉を増やすことでからだの基礎代謝が上がりやすくした後に、少し早くウォーキングを30分以上しました。私の場合、これを毎日、毎日実行することで、2か月の間に5キロのダイエットに成功しましたが、実行し続けることはとても大変でした。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アヤノ
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hnsot1urf1ittr/index1_0.rdf