初めての事であったので、少々緊張を覚えましたが、マイホー

June 03 [Fri], 2016, 8:05

引っ越しをされる前に相場の実情を知る事は、とても重要です。







だいたい予想がつく値段をあらかじめ知っておけば、吹っ掛けられる場合も対処できます。







ただ、年度末の雑多な時期につきましては、値段が高騰する場合も多々ありますので、早めの見積りをお勧めします。







都内から埼玉へ引っ越しをした時、予定がタイトだったため、荷造りに一苦労でした。







引っ越す日は決まっていたのに、荷造りの終わりが見えません。







終わるのが間に合わなかったらどうしようかと不安でたまりませんでした。







結果、友人に三千円で、助けてもらいました。







引っ越しを終えたら、初めにインターネット回線を開設しないとなりません。







これまでお世話になっていた会社を使用することができればいいのですが、引っ越し先いかんによっては今使っている会社が使用できないことがあるので、引っ越す前に調べておくことが肝要です。







インターネット回線会社に確認してみると知らせてくれる場合もあります。







できる事であれば、引越し当日は晴れていてほしいものです。







もし、雨天だったら、大変だと思うのです。







そのままだと、すべて濡れてしまいます。







テーブルも椅子も、冷蔵庫も何もかもです。







天気が良かったら、そのまま運搬できるのに、雨の場合には、シートが必要になります。







それは、かなりの労力が必要になるでしょうし、家具や家電がベタベタになるのも嫌です。







マイホームに転居した際には、お隣さんに挨拶しに行きました。







ちょっとしたお菓子を買って、のしが無いままに渡しました。







初めての事であったので、少々緊張を覚えましたが、マイホームというとこの先定住するところなので、お隣さんたちとは、友好的に気持ちのよい生活していきたいと思って挨拶に参ったのです。







「引越しソバ」っていう習慣とは新しい土地に越して来た時にご近所への引越しの挨拶としてお渡しするものです。







私も一回もらったことがございます。







細長いソバとかけて、細く長いご縁を今後ともどうぞよろしくお願いします。







というようなメッセージが込められたものだそうです。







あらかじめ引越し業者の指示があると思いますが、引越しの前日には、前もって冷蔵庫の電源を抜いておいたほうがベターです。







なぜかというと、冷凍庫についた霜を溶かして、そうして溜まってきた水を取り除くことが可能になるためです。







前もってここまでやっておくことで、移動させているあいだに、他の荷物などをぬらしてしまうのを防ぐというメリットがあります。







大変な大掃除、それは引越しの時です。







すべてを運び出してから、もちろん、綺麗にそうじをしますが、ちょっとずつでも、あらかじめ始めていくのが後々自分が楽になります。







ポイントは荷物をまとめるより先に、家の掃除を始めることだと思います。







すると、ラストに軽く掃除すれば仕上がります。







住む家を変えると、電話番号が変更になることが例外ではありません。







同一市区町村内の転居の場合でも、収容局が異なるところになると、従来の電話番号が使用できなくなるでしょう。







電話番号が変わったというアナウンスを流してもらえますが、新住所と共に新しい電話番号も必要なところにはお知らせしておいた方がいいです。







引越しは自分のだけで行う場合と業者に、頼む場合があります。







自分だけだと、たいした荷物にならないため、自力でできます。







引越し業者に依頼した時に驚いたことは、荷物を積むのに使う時間が非常に、短時間であるということでした。







下準備だけでなく、二人で作業すると全然違いました。







引越しのサカイは、今、引越し業界の頂点です、引越しのサカイ、それは、その名からもおわかりでしょう、大阪府堺市に本社があります。







「勉強しまっせ引越しのサカイ、ほんまかいなそうかいな」というフレーズでおなじみのCMも、関西弁がよく表れていますね。







引越し料金は他の大手引越し業者より勉強してくれ、作業が丁重なので、多くのリピーターを獲得中です。







前日に引越しのキャンセルをすることになり、引越し業者に連絡したら、引越し代金の10%分はキャンセル料がかかりますといわれてしまいました。







以前別の引越し業者でキャンセルした際は、引越し前日であっても引越し代金を100%支払わなくてはいけなかったので、今回は想定よりも安く済んで、ほっとすることができました。







家を移る際、トラックを停止したり、一時的に荷物を通路に置いたりするため、あらかじめ隣近所の家に挨拶に行くのが常識です。







車の利用や通行の支障になりますので、前もって了解を得ておくと引越しが終わった後のトラブルも防げます。







引越し会社に依頼した場合は、そうした事も代行してくれます。







引っ越しの良し悪しは、流れをつかんでいるかどうかに左右します。







流れは、段取りとも表現されます。







この段取りが上手くいかないと、滅茶苦茶時間をロスしてしまうケースもあります。







ただ、このような状態は、理屈一辺倒で作業するよりも経験が重要なのかもしれません。







姉が今住んでいるアパートから生まれた家の我が家に戻ってくることになりました。







移動するため、私と母が、移動する前の日に引越のための作業の手伝いに行きました。







10年も住んでいた部屋だからこそ、不用品の数がめっそうもない事になっていました。







いらないものを売ってしまうと、軽トラの荷台半分くらいに量が減り、思ったよりも楽に引越できました。







引っ越しするというイベントそのものは実は嫌いではないのですが、国民健康保険など諸々の住所変更など、わざわざ市役所まで行っていろんな決まった手続きを行わなければいけないところが、めんどくさいなあと感じます。







こういう引っ越しに伴う手続きのあれこれも、インターネットでsくっと自宅などで済ませることができたら凄く助かるのに、と思います。







引越しのため、荷造りをしている時に案外困るのがグラスの包み方です。







グラスを梱包する方法はまずは足の箇所に、梱包材を巻くことが大切です。







梱包材と言うものは、必ずしも専用のものである必要はありません。







身近にある新聞紙やタオルなどで問題ありません。







その後、全体をぎゅっと梱包すれば、グラスが破損することなく運ぶことができます。







引越し業者で有名なところは、いろいろとございます。







誰でも一度は耳にした事のあるメジャーな運送会社として日本通運なんかはとくに有名だと思います。







そんな日本通運は、日通とも呼ばれていますね。







日通というのは引越しだけでなく、古美術品輸送でもものすごくメジャーで、業界シェアでダントツです。







なんとなく引越し荷物に関しても丁寧に扱ってもらえそうな気がしてきますね。







引越しにつきものなのが粗大ゴミの整理です。







引越しの際に捨てるのは大変なものですから、早いうちに大きな粗大ゴミは捨てていくのがよいと思います。







荷物をまとめ始めるのとほぼ同時に粗大ゴミを処分してしまえば、楽になります。







処分する日を前もってチェックしておくことも大切です。







引越しをする時に業者に依頼をせず自分たちだけで行う場合があるでしょう。







特に、近場の引越しの場合だとトラックなどを借りずに荷物を運ぶことはできるとは、思いますが、台車を準備しておいた方がよいです。







室内を移動させる時にはあまり想像できにくいかもしれませんが、わずかな家財道具であっても案外重いように感じてしまうものなのです。








http://www.itisapotra.com/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hnml4sp
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hnml4sp/index1_0.rdf