半月板損傷の治療はどうしたらいいのか 

February 13 [Wed], 2013, 16:49
半月板損傷の治療には手術治療と保存的治療の二つの方法があります。

手術治療には、部分切除術と縫合術の二つの方法があり、部分切除術は痛んだ部分を切り取り、半月板の形を整える方法、縫合術は断裂部を縫い合わる方法です。

保存的治療を選ぶのは、膝周辺の筋肉を鍛えることで半月板損傷をカバー出来ることが多いからです。

大腿骨と脛骨を安定させるのを半月板にだけ頼るのではなく、膝回りの筋肉でカバーすることによって、半月板損傷を起こすまえより膝の動かし方がスムーズになる場合もあります。

痛みは炎症が収まってくると軽減されます。

炎症を再発させないように、ストレッチやスクワットで膝のまわりの筋肉を強化するのは有効な対処法です。

膝に無理なひねりを加えない、膝に負担をかけるのはひねりだけではなく体重という場合もあります。

体重を落とすことで膝の痛みが軽減される場合がとても多いのです。

膝に痛みがある人でダイエットが必要な人は、運動を始めるまえに適正な体重までまず体を絞る、簡単ではないかも知れませんが、余計な負荷は膝に影響があるのは当然です。

半月板損傷をしてしまったら、まずシンプルに体重を落とすということから始めましょう。
P R
カテゴリアーカイブ